MENU

体験説明会
資料請求

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

夏期共同制作2010 いよいよ仕様プレゼン!

2010年7月7日 | ゲームプランナー学科


必死なマツバヤシ

ども、ティーチャーKです。
2010年ゲーム開発実習・夏期共同制作
いよいよ、仕様プレゼンのスタートです。
今日は、2日目。
明日は残りの5チーム+再プレゼンのチーム
連日、9時間体制でのプレゼン・講師チェックが行われます。

さて、今日は、丁度、半分の頃プレゼンを行ったマツバヤシの報告です

==================================
皆様、初めまして!前々回のブログにてティーチャーKから
ご指名を頂いた
松の林こと企画ディレクター学科1年の「松林」です。

今回のブログは、7月6日から始まりました仕様プレゼンについてです。

仕様プレゼンというのは、
6月の夏期共同制作チーム結成から約1ヶ月、
チームのメンバーとどうすればゲームが面白くなるのか話し合い
ゲームの最初から最後までを全て仕様書という書類にまとめて、
先生方にどういったゲームを造るのかというのを伝える場です。

この仕様プレゼンなのですが、企画ディレクター学科は以前から
ティーチャーKに本番でしっかりできていなかった場合には
「10万ボルトが落ちるから」と言われ、必死にこの日に向かって
みんな頑張っていました。

ちなみに本番ではその他にもかえんほうしゃとれいとうビームと
ソーラービームが過去に出た事があるそうです(汗)

6階の企画の教室では月曜日からてんやわんやしていました。

仕様書がまだできておらず、パソコンとにらめっこしている人
仕様プレゼンで使う書類を急いで印刷している人
将棋を指している人(すでにこのブログに登場しているお二方)

そして仕様プレゼン本番!

予定通りの30分で終わるチーム、
時間は押したけど何とか乗り越えたチーム
10万ボルトが落ちて再プレゼンを行うチーム

ちなみに私は、仕様プレゼンを行う際に書類を配るのですが、
その時、緊張で手が少し震えていました。
しかし、いざ始まってみると企画書の説明をしているうちに手の震えも止まり、
先生方の質問等も何とか乗り越えることができ、
再プレゼンにならずにすみました。
その際、先生方のご指摘を受け色々な改善点に気付かされました。
プレゼンに参加して下さった先生方ありがとうございます!

連続でチェックを行う講師陣

今年も様々なチームがありますがみんな夏期共同制作に向けて
ようやく本格的にスタートを切ります。

面白いゲームがたくさんできるので
是非、皆さん学院祭の時に遊びに来てください!

==========================
すでに、出来た時の話ですか!?
これから60日の開発ですよ!
がんばるっきゃないですね!

明日の方、明日は大阪校の先生も見に来ますよ!
ファイト!

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

AMG冬フェス2019

12/14(土)・22(日)

AMG冬フェス2019

12/14(土)・22(日)