MENU

30 Years Anniversaryアミューズメントメディア総合学院

入学イベント
資料請求
WEBエントリー

体験説明会

小説・シナリオ学科体験説明会

来校型とオンラインの2種類から選んでご参加いただけます。
4/27(土)
開催

【来校型】特待生チャレンジ対策! 『ティアムーン帝国物語』作者・餅月先生来校! 五感を使った文章表現テクニックを学ぼう

開催日程:2024年4月27日(土)
開催時間:13:00~15:30(予定)
※受付開始/12:30
集合場所:東京校(3号館)
ゲスト:餅月望さん(2007年卒業)
備考:要予約、参加無料
※中学生、保護者の方もご一緒に参加頂けます。


希望する学科を選択してください





この説明会に申し込む




⇒ご予定が合わない方は平日開催の個別相談会へ


同じシーンを書いても、描写の方法や言葉選びで伝わり方は変わります。
「彼は白い建物の前に立っていた」という無味乾燥な文章に、五感的切り口の情報を足していって描写を膨らませていく方法など、すぐに使える技術を伝授します! 当日はアニメ化も果たした人気作家の餅月望先生が小説を書く上で欠かせない描写のテクニックをレクチャーします!

想像が膨らみやすく、分かりやすい文章を書くコツを学んで、添削指導で文章力アップを目指しましょう!

特待生チャレンジ制度の対策も解説します!

【餅月望さん プロフィール】
2007年にアミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科を卒業。ライトノベルをはじめ、キャラクター文芸や児童書など幅広い分野で活躍中。代表作『ティアムーン帝国物語』は累計発行部数200万部を突破し、2023年にはアニメ化を果たす。現在、AMG小説・シナリオ学科の講師を務める。

5/12(日)
開催

【来校型】警察小説の作家、嵐山駿さん来校! 読者を引き込むための文章テクニックを学ぼう!

開催日程:2024年5月12日(日)
開催時間:13:00~15:30(予定)
※受付開始/12:30
集合場所:東京校(本館)
ゲスト:嵐山駿さん
備考:要予約、参加無料
※中学生、保護者の方もご一緒に参加頂けます。


希望する学科を選択してください





この説明会に申し込む




⇒ご予定が合わない方は平日開催の個別相談会へ


文章力が乏しくて、相手に自分の考えが伝わらない。頭の中に浮かんでいる映像をどう書きだしたらいいのかわからない。
そんなお悩みを持つ方は必見です。

当日は、警察小説の新鋭作家として注目を集める、嵐山駿さんをゲストにお招きして、小説を書く上で大切な情報の見せ方や、表現方法のレトリックを伝授します。

たった1時間の体験授業で、文章を書くコツを掴めること間違いなし!
ぜひこの機会にご参加ください。

【嵐山駿さん プロフィール】
出版社勤務を経て、SPにスポットを当てた警察小説を出版。警察小説の新鋭作家として注目を集める。
代表作は『警視庁SP特捜』『刑事特捜DD』(角川文庫)など。

5/19(日)
開催

【来校型】人気講義No.1! プロットの書き方を学んでアイディアを形にしてみよう!

開催日程:2024年5月19日(日)
開催時間:13:00~15:30(予定)
※受付開始/12:30
集合場所:東京校(本館)
ゲスト:永川成基先生
備考:要予約、参加無料
※中学生、保護者の方もご一緒に参加頂けます。


希望する学科を選択してください





この説明会に申し込む




⇒ご予定が合わない方は平日開催の個別相談会へ


小説をはじめ、物語を完成させるためには事前の下準備が大切になってきます。そこで大事になってくるのがプロット(物語の設計図)です。
当日は小説・アニメ脚本・ゲームシナリオと各分野で活躍する永川成基先生が、物語の構造から読んでわかりやすいプロットの作り方や考え方まで詳しく解説! 実際にプロットづくりに挑戦して、先生からアドバイスしていただきます!

これから創作を始めてみたい人や、お話をうまくまとめられないとお悩みの人もこの機会にぜひ参加してみてください。

【永川成基先生 プロフィール】
アニメ「シキザクラ」シリーズ構成・脚本担当。代表作は『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』『スカーレッドライダーゼクス』脚本など。新海 誠 原作の小説『彼女と彼女の猫』の執筆も手掛ける。

5/26(日)
開催

【来校型】物語世界の舞台作りを体験! 地図作成から発想を広げる世界観の構築講座

開催日程:2024年5月26日(日)
開催時間:13:00~15:30(予定)
※受付開始/12:30
集合場所:東京校(本館)
備考:要予約、参加無料
※中学生、保護者の方もご一緒に参加頂けます。


希望する学科を選択してください





この説明会に申し込む




⇒ご予定が合わない方は平日開催の個別相談会へ


小説における舞台設定や世界観は、物語を魅力的で鮮明なものにするために欠かせない要素です。
しかし、どのようにして深みを持たせるのか、どのようなテクニックや発想法を使うべきなのか、その秘密を学びたいと思いませんか?

プロ作家が世界観の構築方法に焦点を当て、小説の舞台設定におけるリアリティを作り出す考え方を紹介します。
自身の小説作品をより魅力的にするためのアイデアやアプローチを見つけ出しましょう。