MENU

体験説明会
資料請求
早期出願

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

【大阪校】 メディアミックス企画 ~ラジオCM制作~

2011年2月10日 | 小説・シナリオ学科

こんにちは、乙女に目覚めたラムです。
少し暖かくなったかと思ったのに、まだまだ寒いですね。

さて、2月3日の木曜日。
そんな寒さもぶっ飛ぶぐらい熱く燃え上がりましたっ!(笑)
ノベルス学科の授業で「60秒ラジオCM制作」というのがありまして、
それぞれが執筆したシナリオを……なななんと――っ、

声優タレント学科の皆さんに声を当てていただいて、
録音したのですっ!!! *.+☆

cimg2893.JPG

まず初めに顔合わせの挨拶をするのですが、さすが声優タレント学科さん、
息ぴったりの元気良い声に驚きました。

cimg2828.JPG

そこから1チームずつ収録が始まり、同時にミーティングも行います。
私たちはディレクターとして声を当ててくれる方々に指示を出すのですが、
これがまた難しいっ。
文章を書くのが主ですから、生の現場で意見を言うのに
慣れていなくて戸惑いました。
やっぱり気持ちを伝えるのは大変ですね。

cimg2833.JPG

収録前ミーティングの初めに演じてもらい、
「このキャラのこの台詞は、怒った感じで言っているのですか?」
「ここはストレートに読んだ方が良いですか?」
などなど、声を担当してくださる方々の質問に受け答え。
そして、本番までに余った時間はおしゃべりでリラックスしていました。

p1010966.JPG

いよいよ、収録の番が……。
みなさんはブースに入り、私はすぐ傍にある音響スペースに座ってディレクション。

ガラス越しで見ていたのですが、マイクの前に立つ姿が凛々しくてステキですね♪
緊張感の中にも演じる楽しさが伝わってきました。
というか、本番で改めて、自分の作品を収録している羞恥心を実感。
あれは思わずニヤけてしまいます。

cimg2859.JPG

p1010952.JPG

皆さんの素晴らしいの熱演で大満足の作品に♪
感謝感謝で頭が上がりませんでした。(笑)

やっぱり現場でしか感じられないことがたくさんありますね。
ディレクターという役割の大きさを思い知りましたし、
声優タレント学科のみなさんが、台本をお渡ししてから今日まで一生懸命練習し、
全力で演じてくださっているのが身に染みて伝わってきました。

これを機に、声優タレント学科の皆さんと、もっと仲良くなりたいですっ。
お忙しい中、ご協力くださった皆さん、本当にありがとうございました。
素晴らしい経験になりました♪

cimg2928.JPG

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる