MENU

体験説明会
資料請求

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

お祭り!

2010年11月8日 | 小説・シナリオ学科

「踊ってくれますか」

「喜んで」

微苦笑しながら差し出された千尋の手に、湊は笑みをこぼしながら自分の手を重ねる。今は文化祭が終わって、後夜祭の真っ最中だ。キャンプファイヤーを囲んで行われる男女混合のダンスタイム。ある一定ごとに踊るペアを変えていく。女子よりも男子の方が多いから、男同士で踊ることもよくある。

「楽しいことが過ぎるのって、あっという間だな」

「そうだな」

踊りながら千尋に話しかけた。軽快な音楽が流れ、キャンプファイヤーの炎が高く燃え上がる様子は、湊たちのように湿っぽい空気など微塵もない。けれどパチパチという木が燃える音を聞くと、キャンプファイヤーも楽しい時間が終わることを惜しんでいるのではないかと思う。本日をもって、お祭りは終了。準備をするのは大変だったけれど、その分楽しい思い出が増えた。

「こんな風に、ずっと二人でいられたらいいな」

「ああ」

千尋から言われた言葉に頷く湊。音楽が終わって静かになったグランドで、キャンプファイヤーを見上げながら千尋の手をぎゅっと握った。

――――――――――――――――――――

こんにちは、キリンです。前回ネタが切れたので、今回は文化祭ネタで学院祭とかぶらせてみました。

さて、学院祭が終了してから一週間が経過。思えば当日、台風上陸!?と言われる天候の中、多くの方が足を運んでくれました。学院祭当日、私は準備を手伝った休憩室に待機。その場所だけ見るなら、あの悪天候がうそのように盛況だったように思います。お菓子の補充や足りない椅子を増やすなど、少しバタバタしていましたが、過ぎてしまえばそれも楽しい思い出として残りました。何より、今年は去年果たせなかった、全学科に足を運ぶことができたのでよかったと思います。学生発信委員会の方と“突撃すぎるインタビュー”を行う傍ら、スタンプも集めました。インタビューに答えてくださった在校生の方々、ありがとうございました!

学院祭が終わり、また授業が再開されます。今月は行事がないなぁなんて思いましたが、編集者の方に見てもらう『編集部批評会』のためのプロットや、来月行われる『プロットミーティング』のためのプロットなどやらなければいけないことが盛りだくさんでした。

気合いを入れなおして、また頑張りたいと思います。

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる