ゲーム専門学校へ進学は失敗?就職におすすめの進路紹介

  • by
    パソコンで勉強する学生

    ゲームの専門学校について調べると、本当にたくさんの学校があることが分かります。
    多くの進路の中から、1つを選ぶのは難しいですよね。

    進路を選ぶときは就職についても一緒に考えると、よりスムーズに決めることができます。
    今回はゲーム業界へ就職したい人のための進路の選び方と、中でも専門学校がおすすめな理由についてご紹介します。

    ゲーム業界への就職方法

    ゲームをプレイしたり、つくったりするのが好きで、ゲーム業界をめざす人は多いと思います。
    まずは、自分がゲーム業界で何の仕事をしたいか考えてみましょう。

    ゲーム業界では、大きく「ゲームづくりをまとめる仕事」「ゲームをつくる仕事」の2つに分かれます。

    それぞれの仕事を具体的にご紹介するので、確認してみてください。

    ●ゲームづくりをまとめる仕事

    ゲームプランナー
    ゲームのコンセプトを考え、企画します。
    ゲームディレクター
    ゲームの開発で、スケジュール管理をしたり、つくる人たちに指示を出したりします。
    ゲームプロデューサー
    ゲームの予算、スケジュール、プロモーション方法など、ゲーム制作の全体を管理します。

    ●ゲームをつくる仕事

    ゲームシナリオライター
    ゲームのストーリーやキャラクターのセリフを考えます。
    ゲームプログラマー
    ゲームが動くよう、プログラミングをします。
    ゲームグラフィックデザイナー
    ゲーム内のキャラクターや背景などのグラフィックをつくります。
    3DCGデザイナー<・dt>

    イラストを立体化する、質感をつける、動きをつけるなどの作業をします。
    サウンドクリエイター
    ゲーム内のBGMや効果音などをつくります。

    ゲームに携われる仕事とは?職種を一覧にしてご紹介

    続いて、これらの仕事に就くための方法を次の図で確認しましょう。

    ゲーム系の職種ロードマップ

    ほとんどの仕事は専門学校・大学・高校を出てすぐ就くことができますが、ゲームディレクターとゲームプロデューサーは、他の職種からキャリアアップすることが多いです。

    またどの学校で勉強するかによって、なれる職種も変わってくるので、自分のなりたい職種をめざせる学校を選びましょう。

    職種が決まっていない人は

    ゲーム制作の仕事がしたいけど、どの職種にするか迷っているという人は、複数のゲーム学科がある学校がおすすめです。

    アミューズメントメディア総合学院には、「ゲームプログラマー学科」「ゲームクリエイター学科」「ゲーム・アニメ3DCG学科」があります。

    どの学科が自分に合っているか、3つのゲーム学科を比較したページで確認してみましょう。

    >>ゲーム学科総合

    専門学校

    専門学校では、ゲーム関係のすべての職種をめざすことができます。
    プログラミングを中心に勉強する学科ゲームの企画を中心に勉強する学科グラフィックを中心に勉強する学科など、勉強したい内容に合わせて学科が用意されているのが魅力です。

    またゲーム業界の仕事は、幅広い知識が求められます。
    そのため、たとえばプログラマーをめざす学科でも、プログラミングだけでなく企画についても学ぶなど、あると役に立つ知識についても勉強することができます。

    専門的に知識を学ぶだけでなく、プラスアルファでさらに学べるのが専門学校の良いところです。

    大学

    大学でも、ゲーム関係のすべての職種をめざせます。
    しかし大学を卒業している場合、「ゲームをつくる仕事」より「ゲームづくりをまとめる仕事」での採用が多いです。

    また、よほど大きな企業でなければ、学歴よりは経験が重視されます。
    たとえば採用のとき、大卒で社会人未経験の人と、専門卒で2年早く働いている人が同時に応募したら、専門卒の方を採るということもあり得るのです。

    ゲームづくりをまとめる仕事の方に興味がある、または超大手企業への就職を狙っているなら、大学に通うことをおすすめしますが、基本的には専門学校に通う方がメリットも大きいです。

    その他

    高校を卒業してすぐゲーム会社に就職する、または社会人からゲーム業界に転職するなど、未経験からゲーム業界に就職する方法もあります。

    ゲーム会社には、ゲームづくりの研修を受けさせてくれるところもあるので、そういったところで勉強するのも良いでしょう。

    ただし、経験者と一緒にゲームづくりをしたり、働きながら覚えることがたくさんあったり、ハードルは高めです。

    できれば、一度学校できちんと勉強してから就職することをおすすめします。
    特に社会人なら、短期間でひととおりの勉強ができる専門学校が良いでしょう。

    ゲームクリエイターに転職するには?

    ゲーム専門学校がおすすめな理由

    並んで勉強する学生
    これまで解説してきたことから、「ゲームを専門的に学べる学校に通うのが良いかも」と思った人もいると思います。

    ここからはさらに、ゲームを専門で学べる学校に通うメリットについて見ていきましょう。

    ゲームづくりに必要な知識をまとめて学べる

    大学では、学科名に「ゲーム」とついていることがあまりありません。

    プログラミングなどを学んでゲームづくりに活かすことはできますが、目的は「プログラミングができるようになること」で、「ゲームをつくれるようになること」ではないというのがほとんどです。

    一方、ゲーム専門の学校では学科名に「ゲーム」とついていることがほとんどです。
    目的もゲームをつくれるようになることで、ゲームづくりに必要な専門知識をまとめて学ぶことができます。

    チームでゲームをつくる経験ができる

    ゲーム専門学校では、チームで実習することを大切にしています。
    これは、就職した後もチームでゲームづくりをすることが多いからです。

    同じ学科の仲間や、別の学科の仲間とも協力してゲームをつくる経験は、就職してからも役に立ちます。
    就職の面接のときにもアピールできる経験となるでしょう。

    学科を越えたゲーム制作

    学科を越えたゲーム制作ができるのは、ゲームに関する学科が3つあるアミューズメント総合学院ならではです。
    さらに、声優学科との共同でキャラクターボイス入りのゲームを作ることもできます。

    チームでのゲーム制作の経験を活かし、業界で活躍する卒業生も多いです。

    >>ゲームプログラマー学科

    短期間で勉強できる

    ゲーム専門学校が大学と大きく違うところは、通う年数です。
    ゲーム専門で学べる学校は2年制のところが多く、長くても3年制と、大学と比べると短いです。

    「年数が少なくなることで就職に影響しないの?」と不安に思う人もいるかもしれませんが、通った年数よりも、スキルが重視されるのでそこまで心配いりません。

    むしろ短い期間で効率的に勉強でき、学費も抑えられるので、メリットの方が多いでしょう。

    またすでに説明した通り、ゲーム業界では経験も重視されます。
    専門学校でのチーム実習や、早く社会人として経験を積むことで、希望の会社に入ったりキャリアアップしたりといったチャンスも増えるでしょう。

    現役のプロから教えてもらえる

    ゲーム専門学校では、現役のプロが講師をしているところが多いです。
    現役のゲームプランナーや、ゲームプログラマーから教わることで、いま業界で必要なスキルについて学ぶことができます。

    専門学校は少人数制のところも多いですが、現役のプロが自分に合った勉強を教えてくれたり、進路の相談に乗ってくれたりするのはとても貴重な経験です。

    このようにプロとの距離が近いのも、専門的に教えてもらえる学校の良いところです。

    業界とのつながりが強い

    ゲーム専門学校は、業界とのつながりも強いです。

    上で説明した、現役のプロから教えてもらえるという点もそうですが、ほかにもインターンシップをやっていたり、企業の紹介をしてもらったりと、業界とのつながりができるのもメリットです。

    また産学共同といって、授業の中で企業と一緒にゲームを企画したりつくったりする機会もあります。

    この業界とのつながりは、この後ご紹介する就職にも有利になってくるのです。

    就職に有利になるポイント

    記事の初めに、「進路を選ぶときは就職のことも一緒に考える」と説明しましたが、ゲーム専門学校は、就職のことも考えて授業や制度がつくられているので、就職にとても有利です。

    では具体的にどのように有利になるのか、ポイントを見ていきましょう。

    即戦力になれる

    まず大事なポイントが、即戦力になれることです。
    専門学校ではゲームに関係する知識をひととおり勉強できるので、入社後すぐに即戦力として活躍する可能性があります。

    未経験で就職した場合、研修や独学が必要になりますし、大学から就職した場合でも、大学では学ばなかったゲームづくりの知識を働きながら覚えていかなければなりません。

    希望の職種がはっきりしている場合、どんな勉強が必要かを早めに知り、それを学生時代にまとめてマスターすれば、すぐにやりたい仕事に就ける可能性も上がるのです。

    他の職種のことも知れる

    ゲーム関係の仕事は、チームですることが多いとすでにご紹介しました。
    そのため、他のメンバーのことも考えて仕事ができる人を求める企業も多いです。

    たとえば、ゲームのアイディアを出して企画するゲームプランナーは、企画書や仕様書を書くのが主な仕事ですが、プログラミングの基礎も知っているとさらに有利です。

    なぜなら、ゲームプランナーがプログラミングのことを知っていれば、プログラマーにとっても分かりやすい仕様書を書くことができ、プログラマーも仕事がしやすくなるからです。

    ゲーム専門学校でいろいろな学科と一緒にゲームづくりの実習をすることで、他の職種の仕事を知り、どのようにすればメンバーが仕事をしやすくなるか考えられるようになるのです。

    業界とのつながりができる

    繰り返しになりますが、ゲーム専門学校は業界との強いつながりを持っています。
    個人で業界とコネクションをつくるのはなかなか難しいですが、ゲーム専門で学べる学校が持っているつながりを活用するとコネクションもつくりやすいです。

    インターンシップ先でそのまま就職したり、学校とつながりがある企業から求人が来たりと、業界とのつながりを上手く活用すると就職に有利になります。

    有名企業が学校へ来る!

    アミューズメントメディア総合学院では、制作発表会や学院祭といったプロへ作品を発表する場があります。
    評価が良ければ、就職につながる大きなチャンスになります。

    セガゲームスやレベルファイブなど有名企業とのつながりもあるので、どんな企業が学校に来るか、卒業生がどんな企業に就職しているかをぜひチェックしてみてください。

    >>ゲームプログラマー学科

    ゲーム業界に特化した就職サポートが受けられる

    ゲーム専門学校では、その業界に特化した就職サポートが受けられます。
    求人もゲーム関係の求人だけになるので、より多くの選択肢から自分に合う会社を選ぶことができるのです。

    大学のキャリアセンターでは、就職先はゲーム業界だけではないので、ゲーム業界に関係ない求人も多いです。

    また就職サポートも、一般的な企業向けの履歴書チェックや面接対策など、ゲーム業界に限ったものではありません。

    ゲーム業界の就職は少し特殊なので、専門学校のようにゲーム業界に特化した就職サポートを受けられた方が良いでしょう。

    ポートフォリオ(作品集)が充実する

    ゲーム業界の就職には、ポートフォリオが欠かせません。
    ポートフォリオとは、自分がつくったゲームをまとめた作品集のことで、どんなスキルがあるかをアピールするのに使えます。

    ゲーム専門学校の授業ではたくさんのゲームをつくるので、それをポートフォリオにして上手くスキルを伝えられれば、就職に有利になります。

    またポートフォリオのアドバイスをしてくれる専門学校も多いので、希望する会社に合わせてポートフォリオを工夫してみるのも良いでしょう。

    ゲームクリエーターになるには?知っておきたい就職方法

    専門学校が気になる人は

    「ゲーム専門の学校って、どんな感じなんだろう?」と思ったら、体験説明会に参加するのがおすすめです。

    アミューズメントメディア総合学院の体験説明会では、将来の進路のことを相談できる他、ゲームの制作体験もできます。

    まだ通うかどうかはっきりしていなくても大丈夫!
    まずはゲームの仕事がどんなものなのか、知ることから始めてみましょう。

    >>ゲームプログラマー学科体験説明会

    ゲーム専門学校の入学試験

    パソコンでの授業
    では、ゲーム専門学校へ通いたい人のために、ここからはさらに具体的に専門学校についてご紹介していきます。

    まず、ゲーム専門学校の入学試験についてです。
    専門学校はゼロから知識を学びたいという人を対象にしていることがほとんどなので、技術試験などは無いことが多いです。

    願書と、高校の成績や出席率が分かる調査書を見る、書類審査が多いでしょう。

    ただしAO入試では、書類審査のほかに面接もする学校も多いです。
    AO入試は、志望校が決まっていて、早く合格を決めたい人のための方法です。
    いろいろな特典があるので、志望校は早めに決めて、AO入試で入学するのが良いでしょう。

    ゲーム専門学校の授業内容

    続いて、授業内容についてです。
    ゲーム専門学校では、なりたい職種に合わせて学科が分かれていて、その職種に必要な知識をまとめて学ぶことができます。

    ここでは例として、アミューズメントメディア総合学院のゲーム3学科のカリキュラムを一部ご紹介します。

    ・ゲームプログラマー学科
    C言語やC++、Javaなどのゲーム開発でよく使われるプログラミング言語を習得し、AIプログラミング、3Dゲームプログラミング、ユーザーインターフェースといったさらに高度なプログラミングスキルもマスターします。
    ・ゲームクリエイター学科
    企画やスケジュール管理の方法、マーケティングなどを学び、ゲームディレクターやゲームプランナーを目指します。
    さらに、現場へ的確な指示ができるよう、プログラミングや作画、2DCG、3DCGの基本的なスキルも習得します。
    ・ゲーム・アニメ3DCG学科
    デッサンや作画、キャラクターデザインなど、イラストの基礎を学び、「Maya」を使った3DCG制作も行います。
    クオリティの高い3DCGを制作できるよう、モデリングやモーション、デジタル編集などを学びます。

    ゲーム関係の学科でも、目指す職種によってカリキュラムが全く違うことがよく分かりますね。

    また将来ほかの職種と仕事がしやすくなるよう、他の学科と共同制作をするなどして、さらに知識を広げます。

    ゲーム専門学校は実習がとても多く、高校のように座って授業を聞くというよりは、実際にゲームをつくることで技術を覚えていきます。

    ゲーム専門学校の選び方

    ゲーム専門学校は、まず自分がなりたい職種から選ぶと良いでしょう。
    できれば、ゲームに関係する学科がいくつかあり、学科合同の実習がある学校がおすすめです。

    学校がいくつかに絞れたら、今度は実績で選びましょう。
    卒業生はどんなところに就職しているのか、就職率はどうか、産学共同は充実しているかなど、就職しやすいゲーム専門学校かどうかをチェックします。

    最後は、学校の雰囲気が自分と合っているかもぜひ確認してみてください。
    オープンキャンパスで先生や学生の雰囲気を見て、どんな環境かを確認しておけば失敗することはないでしょう。

    オープンキャンパス情報

    次回のアミューズメントメディア総合学院のオープンキャンパスは、10/17(日)

    「【来校型】Nintendo SwitchやPS5のゲームで使われているアンリアルエンジンでゲームを作成しよう!」では、「アンリアルエンジン」を使って最新技術に触れてみましょう。未経験でも大丈夫!
    ・オンラインは、「「1時間でわかる!」ゲーム業界&ゲームプログラマー学科のすべて」。家にいながら、ゲームプログラマー学科の説明会に参加できます。

    >>ゲームプログラマー学科体験説明会

    まとめ

    ゲームの仕事に就きたいなら、業界とのつながりがあり、ゲームづくりを幅広く学べる専門学校やスクールに通うのがおすすめです。

    学校を選ぶときは、なりたい職種、実績、雰囲気で選ぶと失敗がないでしょう。

    アミューズメントメディア総合学院では、ゲームに関係する学科が3つあり、合同実習も行なっています。

    また大手企業で活躍したり、有名なゲーム作品づくりに携わったりしている先輩もたくさんいるので、どんな実績があるか気になったらホームページをご覧ください。

    オンラインや来校型のオープンキャンパスもやっているので、ぜひ学校の雰囲気もチェックしてみてくださいね。

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 ゲームプログラマー学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/game/