⇒9/24更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

アートディレクター

アートディレクターとは

アートディレクターはゲーム内のビジュアル制作の指揮を行う職業です。
クライアントの具体的な要望に応えて制作を行うためにクリエイターに指示を出していきます。

デザインの指揮をとることが必要で専門性が高い仕事です。 そのため、ゲーム専門の学校等でデザイナーとしての腕を早期から磨いておくことで早いうちからキャリアアップして就ける可能性が高まります。

アートディレクターの仕事

アートディレクターとは、ゲーム制作に関わるグラフィックデザイン全体の指揮をとる責任者です。

指揮の他にも、ゲームの舞台設定や登場人物のイラストなどを考案することがアートディレクターの主要業務となっています。

クライアントから依頼内容や要望を詳しく聞き、ゲームディレクターやプロデューサー・プランナーとの打ち合わせでクライアントの要望に応えるためのアイデア・企画についての方針を決定していきます。

その後、企画に必要なデザイナーを選び出し、選ばれたメンバーに企画コンセプトを説明し、随時指示を出します。

ゲームの制作過程では、各デザイナーの作品をチェックし、コンセプトに沿うように調整に関する指示を出して、よりクオリティの高い作品を作り上げていきます。

クライアントの要望を聞くこと、場合によっては交渉もする上に、クリエイター達の統率などを行わなくてならないため、高いコミュニケーション能力が求められます。

また、コスト管理や納期・スケジュール調整などもあり、マネジメント能力・ビジネススキルも必要な仕事です。

ソーシャルゲームのアートディレクターの場合、イベントの企画からアートディレクターが担当する場合もあります。

ソーシャルゲームでは、アートディレクターが月次売上予測に応じて、ガチャやイベント、有料アイテム販売等の指示書の作成をします。

  ゲームの制作中は現状把握や進捗管理などゲームディレクターに近い業務を担当することが多いです。

作業を外部に依頼する場合は、外注管理も担当することが多く、制作物の確認や修正指示など、外部とのコミュニケーションをとることが大切です。

専門性が高い仕事内容が多く、アートディレクターはデザインはもちろんですが、他にも多彩なスキルが必要な職種と言えるでしょう。

アートディレクターに求められる能力とは

アートディレクターはデザイン制作が完成するまでに社内の多くのスタッフ・デザイナーなどをはじめとした多くの人と関わりながら仕事を進めていきます。

クライアントである広告主ともやり取りが生まれるため、コミュニケーション能力や営業力が求められます。

また、アートディレクターの手腕がゲームの出来を左右することも大いにあり、時にはゲームディレクターのようにリーダーシップを発揮することも必要になるのがポイントです。

基本的にアートディレクターは名前にアートと入っているものの、制作現場のディレクション業務が主な仕事のため、デザイン自体はデザイナーが行うことがほとんどです。

ただし、デザイナーに指示を出す立場として、デザインを判断できるセンスと知識を持っていることは必須です。
デザイナーが納得できるような指示の出し方をするようにしましょう。

これらの能力はゲームを専門に学べる学校に通うことで、効率よく短期間で身につけることができます。

アートディレクターのやりがい

アートディレクターはキャラクターデザイナーなどの制作経験を積み、その延長上にあるキャリアです。

その反面、アートディレクターとして求められるスキルはディレクション業務が多いため大半のクリエイターとは少々異なります。

しかし、自分が考えたゲームの世界観やキャラクターなどのアイディアが形になるという点では、とても魅力的な役職です。

また、自分が考案した施策が成功し、売上目標に達成することがやりがいやモチベーションにつながることでしょう。

より専門的なスキルを身につけることができれば、デザイナーからアートディレクターとしての道が拓けてきます。
いち早くゲーム業界のクリエイターとして働きたい場合は、専門の学校等で早期に学習を進めるのがおすすめです。

アートディレクターになるには?

アートディレクターはデザイナーに指示を出すこともあるため、基本的にデザインができることが必須条件です。
また、ディレクション業務であることから連携をとるためのコミュニケーション能力も必要となります。
アートディレクターになるのに特別な資格は必要がありませんが、各種クリエイター、デザイナーとしての実務経験を積んでからアートディレクターへステップアップするのが一般的です。

アートディレクターに求められることは多いため独学を選ぶよりも、現場に近い環境で実際に学ぶのがおすすめです。
ゲーム専門の学校等に通うことが良い選択肢になるでしょう。

ゲーム専門の学校に通うメリット

ゲーム専門の学校に通うことで、デザイナーとしてのスキルを基礎から現場で即戦力となれるレベルまで学ぶことができます。

アートディレクターはデザイン職というよりディレクション職ですが、デザインに関する知識があってこその役職なため、デザイナーとしての実力が必要です。

デザイナーを経て早い段階からディレクションに関わりたい場合は、デザインについて効率よく学ぶためにゲーム専門の学校への進学も選択肢として考えておくことをおすすめします。

ゲーム関係の仕事

この職業を目指す方へ
おすすめの学科はこちら!

ゲーム・アニメ3DCG学科

ゲーム・アニメ3DCG学科

アニメ・ゲーム業界では、今や専門スキルが必要な3DCGの技術は世界的に必要不可欠になってきています。しかし、飛躍する業界ですがクリエイターは未だ少人数です。
ゲーム・アニメ3DCG学科では、そんなアニメ・ゲーム業界で活躍するために、学校内でのカリキュラムも強化。
業界の最前線で活躍する講師だからできる実践的カリキュラムで、最新の専門的な知識と技術を学び、個性と創造力を磨いてプロフェッショナルな3DCGクリエイターを育てます。

ゲーム・アニメ3DCG学科の詳細を見る

ゲーム・アニメ3DCG学科のカリキュラムを見る

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる