⇒9/24更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

ゲームデバッカー/ゲームテスター

ゲームデバッカー/ゲームテスターとは

ゲームデバッカー/ゲームテスターは、開発段階にあるゲームで発生するバグを探す職業です。 ゲームはプログラムによって動いているため、そこにミスがあるとバグが起きます。それを発売前の段階で探し出し、正常な動作になる様にプログラマーに報告して修正してもらうのが主な仕事です。

専門性がそこまで高くないこともあり、ゲームの専門学校等を介さずにゲーム業界に入る際によく選ばれる仕事でもあります。

ゲームデバッカー/ゲームテスターになるには?

ゲームデバッカー/ゲームテスターにはある程度のゲームへの慣れと根気強さが必要になります。 作業は長時間で、内容も単純であることが多いです。
プログラミングの知識はあればアドバンテージですが、なくても可能な作業も多いので、必須ではありません。

ゲームデバッカー/ゲームテスターの仕事

ゲームデバッカーは、名前の通り、開発中のゲーム内で発生するミスや不具合、いわゆる「バグ」を発見する仕事です。 ゲームプログラマーなどのように、専門的な知識を求められることはあまりありません。
しかし、その中でもデバック作業には仕様書に従って行うデバックと仕様書に従わずに自由にプレイする中で種類があります。
試験仕様書に従いデバック作業をする場合、ゲームをプレイしながら決められたコマンドを繰り返します。
同じ村人に何百回も話しかけたり、ひたすらアイテムの合成を繰り返したりと、ひたすら単純な作業を繰り返すことでゲームが予期せぬ挙動をしないかを確認します。
一方、試験仕様書がないデバック作業には、決まった指示がありません。 そのため、自由にゲームをしながらバグを探していかなくてはならず、長時間のゲームプレイが必要になります。
こちらは自由にゲームをプレイしてお金がもらえるという風に感じるかもしれませんが、長時間のゲームプレイを求められ、ゲームに慣れていないと体力や気力的にも厳しいです。
専門性が高い仕事内容は少ないものの、根気がいる作業だと言えるでしょう。

ゲームデバッカー/ゲームテスターに求められる能力とは

ゲームデバッカーに求められる能力は、長時間のゲームのプレイに慣れていること、ゲームの操作について問題がないこと、忍耐強さがあることなどが挙げられます。
デバックの発見がメインなため、プログラミングの知識は問われないことが多いですが、その分、開発に関わるプログラマー等に比べて報酬も少なめであることを考慮しましょう。
また、デバッカーの作業は長時間かつ単純作業がほとんどです。
ゲーム好きな方であっても、好きなジャンルのゲームの担当になるとは限らないため、ジャンルに関わらず、様々なゲームのデバックでも黙々とこなせる根気強さが求められます。

また、ゲームデバッカーは試験仕様書の結果やバグの詳細を記録し、レポートなどで記録を提出する必要があります。
どの操作をしたら何が起こったか、どの程度の頻度で発生したかといった、発生したバグの内容を的確に伝えることができるレベルのコミュニケーション力も必要となるでしょう。
これらの能力はゲーム専門の学校に通うことで、身につけることができます。

ゲームデバッカー/ゲームテスターのやりがい

ゲームデバッカーとしての仕事は基本的にアルバイトに任されることが多いのですが、入社したばかりの新人が研修として先輩プログラマーのデータをデバッグすることもあります。
ゲーム業界はVRやスマホアプリ、eスポーツなどをはじめとして、市場が拡大しています。
ゲーム開発が多様化・複雑化していく中で、不具合を発見するためのデバッカーはより多くの場面で必要になります。
クリエイターの中では創作活動というより校閲のような立ち位置ですが、プレイヤーが楽しくゲームをプレイするためにはデバックが必要不可欠です。
プレイヤーが楽しく快適にゲームができるのはデバッカーありきなので、そのことを意識していればやりがいを十分に感じることができます。
より専門的なスキルを身につけることができれば、ゲームプログラマーとしてキャリアアップすることが可能です。
いち早くゲーム業界のクリエイターとして働きたい場合は専門学校等で早期に学習を進めるのがおすすめです。

ゲームデバッカー/ゲームテスターになるには?

ゲームデバッカー/ゲームテスターになるのに、特別な資格などは必要がありません。
アルバイトでの募集が多く、特別なスキルや実績が必要になる訳ではないので、ゲーム業界に入るきっかけにもなります。
ゲームデバッカーの募集形態は大きく分けて2種類です。 1つはデバック専門の会社による求人で、こちらは長期的な求人が多い傾向があります。v もう1つはゲームメーカーが直接募集するもので、ゲームが完成に近づき次第、短期間で一気にデバック作業を任される場合が多いです。
ゲームデバッカー/ゲームテスターはなること自体は他のクリエイターになるのに比べれば難しくありませんが、ある程度のゲームへの慣れと根気強さが必要になります。
プログラミングの知識はあれば有利にはなりますが、なくても可能な作業も多いです。 現場でデバッグをしながら必要なプログラミングだけ学びたいという人には良い選択肢になるでしょう。

ゲーム専門の学校に通うメリット

ゲーム専門の学校に通うことで、ゲームプログラミングを基礎から現場で即戦力となれる水準まで学ぶことができます。
ゲームデバッカーを介してゲームプログラマーを目指す道のりもありますが、プログラミングが学べるかは会社の教育状況次第で確実性がありません。
より長くゲーム業界で働き続けたいと思っているのなら、ゲームを学べる学校に通う方がスキルアップには向いていると言えるでしょう。 進学も選択肢として考えておくことをおすすめします。

ゲーム関係の仕事

この職業を目指す方へ
おすすめの学科はこちら!

ゲームプログラマー学科

ゲームプログラマー学科

2年で未経験から即戦力になるカリキュラムです。
ゲーム、VR・ARコンテンツに特化した専門的なスキルを学べる業界最先端の教育学部で、学校にいながらプロと同じ環境で学習していくことが可能です!

ゲームプログラマー学科の詳細を見る

ゲームプログラマー学科のカリキュラムを見る

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる