⇒9/24更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

ゲームディレクター

ゲームディレクターとは

プランナーやプログラマー、グラフィッカーなど様々なゲーム開発スタッフの司令塔の役割を果たす、監督(ディレクター)。
ゲーム全体のバランス調整、全体のクオリティ管理など、ゲームの仕上がりに責任を持つ重要なポジションです。

専門性が高い仕事を担当するため、未経験からすぐにこなすことはできませんが、ゲーム専門の学校等で早いうちから知識を身につけることができれば目指すことができます。

ゲームディレクターの仕事

ゲームディレクターとは名前の通りゲーム制作における監督、責任者です。

ゲーム制作の様々な工程に関わり、指揮をとる責任者で、ゲームの面白さを最初から最後まで通して作り上げるのが仕事です。

その仕事内容は幅広く、制作前の企画からスタッフやスケジュールの管理、各作業の細かいアドバイスなどを行います。

ゲームディレクターは、そのゲームのシステムや大まかな方向性を決める企画書、仕様書などの作成をゲームプランナーやプロデューサーとともに行います。

企画書ができた時点で大体のゲームの全体像を作り上げ、社内の会議でプレゼンし、考案した企画を通すために動きます。

企画が通ったら、企画書をさらにブラッシュアップして仕様書の作成、制作メンバーの招集、具体的なスケジュールの決定に入っていきます。

仕様書などの作成が終わったら次は実際にゲーム制作の打ち合わせに入っていきます。

この段階でもゲームプロデューサーやゲームプランナー達と出来上がった企画をブラッシュアップしていきます。

また、実際にゲームの制作に入った場合は、仕様書では指示が出し切れなかった細かい部分などの指示や、細い調整等を現場のクリエイターたちと協力して行っていきます。

この段階で多くのクリエイターに指示を出すために様々な専門知識やスキルを持っている必要あるので、ゲームディレクターという仕事にはリーダーシップに加え、各クリエイターの業務内容の深い理解ができていることが重要です。

ゲームディレクターに求められる能力とは

ゲームディレクターは、ゲーム制作全体の知識が必要な専門性の高い職業です。

もし、ゲームディレクターにゲーム制作全体の知識が無いとすると、ゲーム制作の企画やスケジューリングを企画通りに行うことができなくなってしまうからです。

それに加えて、各クリエイターの作業に具体的なアドバイスをしなくてはならないため、より的確に指示ができるような知識を持っている方がゲームディレクターとして優秀と言えます。

また、知識だけではゲーム制作に携わるメンバーの統率はできません。

チーム内で率先して指揮をとり、ゲーム制作を円滑に行うためにはゲームディレクターのリーダーシップが欠かせません。

よって現場では日常的に制作メンバーとのコミュニケーションを密に行い、情報や指示の共有を怠らないようにすることが大切です。

ゲームディレクターのやりがい

ゲームディレクターはゲーム制作における責任者という立ち位置にあるため、ヒット作等を売り出すことができれば、そのやりがいは他のゲーム制作クリエイターよりも大きなものとなるでしょう。

ゲーム制作の幅広い分野で、よりスキルを身につけることができれば、自分が主導となり、ヒット作を作ることも夢ではありません。

いち早くゲーム業界に参入し、ゲーム制作を取り仕切って働きたい場合は専門の学校等で早期に学習を進めるのがおすすめです。

ゲームディレクターになるには?

ゲームディレクターになるためには、まず、ゲームプランナーや開発スタッフとして経験を積む必要があります。
それは、ゲーム制作のための専門知識が多く必要になるからです。
新卒でいきなりゲームディレクターとして採用されることはほぼありません。

ゲーム業界で働くようになったら、最初は様々なゲーム開発のプロジェクトにクリエイターとして関わり、キャリアアップを経て、ゲームディレクターに昇格するのが一般的です。
そのためには、最初はゲームプランナーをはじめとした開発スタッフを目指す必要があります。

まずゲーム制作会社などに入社し、プログラマー、デザイナーなどクリエイターとしての経験を積んで専門的なスキルや知識を身につける必要があります。

たくさんの制作工程に関わるゲームディレクターだからこそ、この経験は欠かせない要素になります。

ゲームディレクターになるのに特別な資格は必要がありませんが、その分学校等で早期に学習を始めた実力ある人の方が、キャリアアップへの道が開けやすいと言えるでしょう。

ゲーム専門の学校に通うメリット

ゲーム専門の学校に通うことで、ゲームに関する知識やスキルを基礎から現場で即戦力となれる水準まで学ぶことができます。

また、ゲームを専門的に学べる学校では、現場の実際の制作の流れを経験することができるため、ここで積極的に活動することによってゲームディレクターの現場での動きが掴めるでしょう。

他にもプロも使っている最新のソフトやコンピュータが使えることにより、制作現場により近い環境下で学習を進めることができます。

そのため、就職後に機器関係で困るリスクを減らすことができ、環境整備に関する知識もつけることができます。

これらのメリットを考えると、現在進路に迷っていてゲーム業界で働きたいと考えている人は、ゲーム専門の学校への進学も選択肢として考えておくことをおすすめします。

ゲーム関係の仕事

この職業を目指す方へ
おすすめの学科はこちら!

ゲームクリエイター学科

ゲームクリエイター学科

あなたの考えたアイデアがゲームに!
学校内でゲームの商品開発、さらには大手企業への就職を実現する実践教育を行います。理想のゲームを生み出すためにより専門的なスキルを学び、ゲームの細かいところまでを考える、ゲームの企画者となるための学科です。

ゲームクリエイター学科の詳細を見る

ゲームクリエイター学科のカリキュラムを見る

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる