ゲームクリエイターになるには?職種・仕事内容・学校・資格を徹底解説!

  • by
    ゲーム開発会社

    ゲームクリエイターといえば、ゲームを制作する仕事として知られています。

    ゲーム業界には人気の職業が多く、志望者が多い業界であるため、ゲームクリエイターになりたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

    特にゲームが好きな人にとっては、憧れの職業の一つですよね。

    今回はそんなゲームクリエイターになるために必要なスキルやゲーム業界の年収について、お話ししていきたいと思います。

    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科は、ゲームプランナーなど企画がしたい人におすすめの学科です。
    • 就職率は95%で、卒業生はカプコン、スクウェア・エニックス、バンダイナムコゲームスなど、大手ゲームメーカーで活躍しています。
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科は、ゲームプランナーなど企画がしたい人におすすめの学科です。
    • 就職率は95%で、卒業生はカプコン、スクウェア・エニックス、バンダイナムコゲームスなど、大手ゲームメーカーで活躍しています。

    目次

    ゲームクリエイターになるには?流れを確認

    ゲームクリエイターになるには
    ゲームクリエイターになるには、専門学校や大学で学ぶか、独学かどちらかの方法が一般的です。

    専門学校や大学などで知識を学んでから就職する

    ゲームクリエイターになるまでの一般的な流れとして、専門学校や大学などで学んでから就職するというものがあります。

    まず、専門学校や大学を卒業していることで、就職先の選択肢が広がります。

    ゲームクリエイターには学歴が必ずしも必要だというわけではありませんが、企業によっては「専門卒以上」や「大卒以上」という学歴の規定がある場合があるため、学校を卒業しておいて損はないでしょう。

    特にゲームディレクターやゲームプランナーなどの企画職に就きたい場合、大卒の方が就職に有利になることが多いです。

    また、他の職種でも大手企業では大卒を条件としているところも多くなっています。

    学歴以外の面でも、専門学校や大学で専門的なスキルを磨いておくことは重要です。

    特にゲームプログラマーやCGデザイナーなどの開発職に就きたい場合、専門的なスキルや知識が求められることが多いです。

    特に専門学校では、専門分野に特化した授業で一通りの知識を網羅することができるため、開発職を目指す方にはおすすめの進路だと言えます。

    独学でコンテストなどに応募して実力を認めてもらって就職する

    先述の通り、ゲームクリエイターは必ずしも学歴が求められる職業ではありません。

    そのため、独学でスキルを身につけ、ゲームクリエイターの職に就くという人もいます。

    分かりやすい方法として、ゲームメーカーなどが主催するコンテストに自分の作品を応募し、何らかの賞を受賞することで実力を認められ、ゲームクリエイターとして雇われるという例があります。

    そのほかにも、ゲームメーカーに自分の企画や作品を持ち込み、現場の人に見てもらって実力を見出されるというケースもあるようです。

    決して確実な道ではありませんが、スキルやセンスがあれば業界のプロのゲームクリエイターの目に留まり、就職につながる場合もあります。

    独学でゲームクリエイターになることは可能なのか?

    ゲームクリエイターとは

    ゲームクリエイターとは「ゲームクリエイター」というのは、実は特定の職業を指す名称ではなく、ゲーム制作に携わる専門職の総称として使われる言葉です。

    ゲームプロデューサーやゲームディレクター、ゲームプランナー、ゲームプログラマーなど、あらゆる職種の人たちがゲームクリエイターとして、ゲーム制作に携わっています。

    基本的にゲームクリエイターはゲーム関連の企業に所属して仕事をすることになりますが、企業に勤めずにフリーランスとして活動している人や、個人で趣味としてゲーム制作を行なっている人もゲームクリエイターと呼ばれます。

    近年、スマートフォンの普及などの要因からその市場を拡大しているゲーム業界。

    ゲーム制作を学ぶことのできる学校も増え、ゲームクリエイターは、職業志望者数のランキングでも上位に入るほど人気の職業となっています。

    ゲームクリエイターの仕事とは

    ゲームクリエイターの職種と仕事内容

    ゲームクリエイターの職種と仕事内容先述したように、ゲームクリエイターというのはあくまでゲーム開発に関わる職種の総称です。

    そのため、ゲームクリエイターになるというよりは、プログラマーやCGデザイナーなどの具体的な職種を目指す必要があります。

    職種によって、例えば入学する専門学校や大学、学科やコースが異なりますし、必須とされるスキルも大きく異なるからです。

    そのため、まずはどういう職種に就きたいのかを決める必要があります。

    では、ゲームクリエイターと呼ばれる職種と仕事内容を紹介します。

    ゲームプログラマー

    ゲームの企画書を元に、C#などの開発言語を使ってゲームプログラムを組む仕事です。

    プレイヤーのボタン操作でキャラクターが動いたり、音が鳴ったりするのは、ゲームプログラミングのおかげなのです。

    ゲームプランナー(ゲームデザイナー)

    ゲームの企画をする仕事です。
    トレンドを調査し、ゲームのテーマや大まかなシステムを提案します。

    時にはゲームプログラマーに指示をしたり、シナリオを書いたり、幅広い業務を担当します。

    ゲームディレクター

    ゲームの開発現場のリーダーです。
    ゲームプログラマーやCGデザイナーの進行管理をして、開発現場を取りまとめます。

    ゲームディレクターが開発作業をすることはあまりありませんが、作業の指示をするため一通りの職種の作業内容を理解する必要があります。

    ゲームプロデューサー

    ゲームの企画、開発、販売すべてを統括する総責任者です。

    必要な予算や人員の確保、スケジュールの調整、プロモーションなど、ゲーム制作の最初から最後まで関わる重要な仕事です。

    CGデザイナー(グラフィックデザイナー・グラフィッカー・3DCGデザイナー)

    2Dまたは3D制作ソフトを使い、キャラクターやアイテム、ボタン、背景などを制作します。

    3DCG制作ではキャラクターを立体化する、質感を加えるといった作業をします。

    ゲームシナリオライター

    ゲームのストーリーやキャラクターのセリフを考える仕事です。

    ゲームプランナーがシナリオを考える場合もありますが、基本的には専任のゲームシナリオライターが担当します。

    サウンドクリエイター

    ゲームのテーマ曲やBGM、効果音を制作する仕事です。

    ゲーム音楽に注目するプレイヤーも多く、ゲームの人気を左右する重要な要素の1つとなっています。

    ゲームクリエイターの就職先は2つ

    ゲームクリエイターの就職先は、基本的にゲームメーカーもしくはゲーム開発会社の2つになります。

    一見同じように見えますが、仕事の内容は異なるので、それぞれを詳しく見ていきます。

    ゲームメーカーでの仕事

    ゲームクリエイターの主な就職先の一つが、ゲームメーカーです。
    ゲームメーカーとは、ゲームの企画から開発、販売までを行う会社のことです。

    有名な企業としては、『ファイナルファンタジー』シリーズや『ドラゴンクエスト』シリーズで知られる「スクウェア・エニックス」や、『モンスターハンター』が大ヒットを果たした「カプコン」などがこれにあたります。

    ゲームメーカーの仕事の特徴として、クリエイターそれぞれに仕事が細かく分担されていることが多いということが挙げられます。

    例えば3DCGモデルに動作をつける「モーション」の担当になった場合、基本的にモーションの仕事以外の業務を行うことはありません。

    先に挙げたような大手企業であれば、例えば背景の中の風に揺れる草の動きだけの担当がいたりもします。

    ゲーム開発会社での仕事

    ゲームクリエイターの主な就職先として、ゲーム開発会社も挙げられます。

    ゲーム開発会社とは、ゲームメーカーが企画したゲームの開発のみを行う会社のことです。

    ゲームメーカーと、一つのプロジェクトの中で役割分担をするのが一般的で、例えば企画やプロデュースはゲームメーカーの担当、キャラクターを3DCGモデルデータにして動作をつけるのはゲーム開発会社の担当、などという形で分担されます。

    ゲーム開発会社にもさまざまな形態があり、メーカーから依頼を受けて開発を行う一般的な会社もあれば、自社でゲームの企画から開発まで行う会社や、自社IPを持たずに開発だけに専念する会社も存在します。

    開発会社に依頼されるのは、キャラクターを3DCGモデルデータに起こす「モデリング」や、3DCGモデルに動作をつける「モーション」など、3DCGに関連するスキルが必要な工程であることが多いです。

    ゲームクリエイターの就職事情とは
    ゲームクリエイターに転職するには?

    ゲームクリエイターになるには学校で学ぶのがおすすめの理由

    ゲームクリエイターになる為には学校で学ぶのがおすすめの理由ゲームクリエイターになるには、専門学校や大学、つまり学校へ通うのがオススメです。
    以下にて、学校へ通うことがなぜオススメなのかを具体的に見ていきます。

    専門技術を無駄なく学べる

    特に専門学校では、実践的かつ専門性が高い講義が多数開設されているので、専門技術および知識を満遍なく、そして無駄なく学べるメリットがあります。

    これらは、ゲームクリエイターになるための下地を作るだけでなく、制作実習講義を通した開発経験も加味されることで、より大きな強みになります。

    ゲーム業界は競争率が高い為、ライバルと差をつけるのが重要

    ゲーム業界は、昨今の人気も相まって競争率が高いため、ライバルと差を付けるのが重要な要素になります。

    そして、ライバルと差を付ける要素の1つが、学校へ通うことです。

    卒業することで一定の知識は持っていると認められやすくなりますし、恐らく就職活動をする際には、自分の作品の提出を求められることが幾度もあります。

    学校は、業界でも通用するような人材の養成を目的として環境を整えているため、提出する作品のクオリティを自分次第で高めることができます。

    つまり、ライバルと差を付けるための要素が学校にはあるため、もちろん自らの努力は必要不可欠ですが、それらが相まって差別化のポイントとなります。

    学校卒業からの就職までの道が整っている

    学校の就職実績次第にはなりますが、実績があるところであれば、多数の企業との繋がりがあります。

    そのため、それ相応のスキルはもちろん不可欠ですが、就職までの道のりが整っていることも、学校に通うことがオススメの理由の1つになります。

    サポート体制が充分な学校であれば、あとは努力のみで選択肢が広がりますので、怠らないようにしましょう。

    ゲームクリエイターの学校の選び方。大学と専門学校の違いは?

    ゲームクリエイターの勉強ができる学校は数多くあるため、どれが自分に合っているか迷ってしまいますよね。
    そこで、ゲームクリエイターの学校の選び方を簡単に紹介します。

    大学

    大学ではゲームを専門にした学部・学科はあまり多くありません。
    メディアに関する学部や学科で勉強し、その知識をゲームの分野に応用するイメージです。

    大手のゲーム制作会社を目指すなら、有名大学に入学すると就職に有利になる可能性も。

    ただし、大手ゲーム制作会社への実績があるゲーム専門学校も多いです。

    また、ゲームプログラマーといった技術職より、ゲームプランナーやゲームディレクターといった企画職での採用が多い傾向にあります。

    こんな人は大学がおすすめ

    • 学力に自信がある人
    • 大手ゲーム制作会社に就職したい人
    • ゲームプランナーなど企画職の職種に興味がある人

    など

    専門学校

    専門学校は、「ゲームプログラマー学科」など職種に特化した学科や専攻があります。

    大学に比べて年数は少ないですが、未経験者でも2年間でしっかりスキルを身に付けられるカリキュラムになっています。

    実習が中心で、実践的にゲーム制作を勉強できるのも魅力です。

    さまざまな職種を目指す学生と一緒に制作実習をすることで、就職した後に即戦力として活躍できるでしょう。

    こんな人は専門学校がおすすめ

    • ゲームを専門的に学びたい人
    • 短期間で効率良く勉強したい人
    • 即戦力として活躍したい人

    など

    ゲーム専門学校へ進学は失敗?就職におすすめの進路紹介

    ゲームクリエイターになる為に必要なスキル

    ゲームクリエイターになる為に必要なスキルゲームクリエイターになるため、つまりそれぞれの職種を目指すに当たって異なるスキルが求められます。

    他に求められるスキルはいくつもありますが、以下では職種ごとに必要とされる代表的なスキルをご紹介します。

    ゲームプログラマー志望に求められるスキル

    プログラミング技術

    ゲームプログラマーになるには、やはりプログラミングスキルが不可欠になります。
    スキルが高ければ高いほど、レベルの高い職場で働くこともできますし、年収も相応にアップします。

    プログラミングスキルを総合的に磨くには、習得するだけでなく、物理や数学の知識に明るく、なおかつ論理的思考を持つことが重要とされています。

    プログラムは、順序立てて組む必要があり、なおかつ人間や物体に動きを加えるには物理や数学の知識が必須だからです。

    ですので、ゲームプログラマーを目指している方は、プログラミング言語の習得だけでなく、上記のことも意識してみましょう。

    ゲームプログラマーになるには?知っておきたい就職方法

    ゲームプランナー志望に求められるスキル

    分析力と企画力

    ゲームプランナーになるには、市場やユーザー層の需要を分析する力と、面白いと思われるような魅力なゲームを企画する力が必要なスキルとなります。

    人気のジャンルやユーザー層のターゲッティングに必要な分析力は、企画したゲームが売れるかもしれない、という根拠を示す助けとなります。

    そして、企画力がないと他のゲームとの差別化ができないために、企画を通すことができず、プロジェクトを始動することもままなりません。

    分析力と企画力は、ゲームプランナーになる上で欠かせないスキルなので、身に付けるようにしましょう。

    ゲームプランナーになるには?知っておきたい就職方法

    ゲームディレクター志望に求められるスキル

    ゲームプランナーとしてのスキル

    ゲームディレクターはゲーム開発のチーム全体を取り仕切る仕事であり、未経験から簡単になれる仕事ではありません。

    通常、ゲームディレクターになるには、ゲームプランナーとして働きながらスキルや経験を積んでいく必要があります。

    実際に多くの企業では、ゲームプランナーとしての豊富な経験がある人をゲームディレクターとして雇っています。

    コミュニケーション能力

    ゲームディレクターは、ゲーム開発現場における責任者という役職上、ありとあらゆる人とコミュニケーションを取ることが日常茶飯事になります。

    そのため、コミュニケーション能力は必須となり、なおかつプログラミングなどのゲーム開発における基礎知識を持っておくと、よりコミュニケーションが円滑に行うための要素となります。

    ゲームディレクターはいきなるなれる役職ではないため、例えばプランナーから目指す場合には、コミュニケーション能力を磨きつつ、基礎知識の習得も忘れずに行いましょう。

    ゲームディレクターになるには?方法を徹底解説

    ゲームプロデューサー志望に求められるスキル

    ゲームディレクターとしてのスキル

    ゲームプロデューサーはゲーム制作の総責任者であり、ゲーム制作に携わる職種の中でも高度なスキルが要求される仕事です。

    未経験や経験の浅い人がいきなりゲームプロデューサーとして第一線で活躍するのは難しく、多くの場合はゲームプランナー、ゲームディレクターからのキャリアアップという形で就任しています。

    マネジメント能力

    ゲームプロデューサーは、プロジェクト全体を統括する総責任者という役職で、予算や人材の確保、そして発売までのスケジュール管理が主な仕事となります。

    それらの業務を滞りなく行うため、そして多くの人を統制しなければならないために、マネジメント能力が不可欠になります。

    マネジメント能力がないと予定通りに事が進まず、スケジュールが厳しくなります。

    ゲームプロデューサーもすぐになれる役職ではなく、基本的にゲームディレクターから昇進という形になります。

    そのため、ゲームプロデューサーになるには、まずはゲームディレクターを目指しつつ、その中でマネジメント能力を養うように努力しましょう。

    ゲームプロデューサーになるには?

    CGデザイナー志望に求められるスキル

    PhotoshopやIllustrator、3DCG制作ソフトの技術

    CGデザイナーを目指す方は、2Dであれば『Photoshop』や『Illustrator』、3Dであれば『Maya』や『3ds Max』などのハイエンドソフトを使いこなす技術が求められます。

    そして、これらの下地となるのが、作画の基礎とされるデッサン力です。

    デッサン力があってこそ、2Dであれ3Dであれ、制作ソフトを用いることで魅力的な絵を実現させることができます。

    しかしながら、それもまずは制作ソフトを使いこなせてこそです。

    CGデザイナーを目指している方は、デッサン力を磨きつつ、制作ソフトを使いこなすようにしましょう。

    3DCGデザイナーになるには?必要なスキルなどの詳細も解説

    ゲームシナリオライター志望に求められるスキル

    魅力的なシナリオを作るスキル

    ゲームシナリオライターになるには、魅力的なシナリオ(ストーリー)を作るスキルが求められます。

    魅力的なシナリオを作るには、文章力や構成力、発想力などが求められます。

    上述した能力を養うためには、ゲームに限らずあらゆる物語に触れる必要があります。

    ですので、ゲームシナリオライターになると決めている方は、魅力的なシナリオを作成するスキルを磨くためにも、古今東西あらゆる物語に触れましょう。

    ゲームシナリオライターになるには?ポイントまとめ

    サウンドクリエイター志望に求められるスキル

    PCで作曲するスキル

    サウンドクリエイターになるには、PCで作曲するスキルが求められます。

    魅力的なサウンドを制作するには、音楽に関する幅広い知識はもちろんですが、サウンドがゲームのテーマやシーンにマッチしていることが重要です。

    いずれにしても、サウンドの良し悪しはPCで作曲するスキルがあってこそです。

    サウンドクリエイターを目指している方は、PCで作曲するスキルを磨きつつ、幅広い知識の習得やテーマに合わせて作曲することを意識してみましょう。

    ゲームクリエイターの年収とは

    ゲームクリエイターの年収とはゲームクリエイターの平均年収は、およそ350万〜600万とされています。

    このデータは、あくまでプログラマーやプランナーなどの他のクリエイターの年収を包括したものです。

    職種や会社によって違うというのはもちろんですが、実績や実力によっても年収は変動します。

    基本的には年齢が上がっていくごとに、もしくはゲームディレクターやゲームプロデューサーなどの管理職であれば、年収が増加する傾向があります。

    ゲーム業界は実力主義の面が強いため、相応のスキルを持っていれば、転職によって年収が上がるということもよくあります。

    そのため、年収にもこだわりたいという方は、ゲームクリエイターとしてのスキルアップを念頭に置きましょう。

    ゲームクリエイターの年収について

    ゲームクリエイターに必要な資格

    ゲームクリエイターになるには、資格が必須というわけではありません。
    ただし、持っていると就職に有利になる資格はいくつかあります。

    情報処理技術者試験

    全13分野の試験の総称です。
    ITエンジニア向けの「基本情報技術者試験」と「応用情報技術者試験」がゲームプログラマーにおすすめ。

    Photoshop®︎クリエイター能力認定試験

    CGデザイナーにおすすめの資格です。
    ゲームCG制作にはPhotoshopが使われることが多く、Photoshopを操作できることが証明できると就職に有利になる可能性があります。

    CGクリエイター検定

    2DCGと3DCG制作の知識が問われる、CGデザイナー向けの資格です。
    CGデザイナーとしてのスキルの証明に役立ちます。

    ゲームクリエイターに必要な資格とは

    ゲームクリエイターの将来性

    国内のゲーム市場は2011年から拡大していて、2020年には2兆円を突破しました。

    ゲームは子供の娯楽というイメージから、日本を代表する文化というイメージへ変化しています。

    このようにゲーム市場は日本の重要な市場になっているため、ゲームクリエイターの需要は今後もますます高まっていくでしょう。

    また、ソーシャルゲームやVR、eスポーツの普及など、ゲーム業界の技術はどんどん進化しています。

    これからゲームクリエイターを目指す人は、学校でしっかり最新技術を学びましょう。
    さらに、就職した後も新しい技術についていけるよう、勉強し続けることが大切です。

    参考URL:gamebiz

    まとめ

    ゲームクリエイターはゲーム制作に携わる専門職の総称であり、ゲームメーカーやゲーム制作会社などに勤務して仕事をしています。

    ゲームクリエイターになるには、専門学校や大学で学んだのちに就職をするという流れが一般的ですが、中には独学でスキルを磨いたのちに就職するというケースもあるようです。

    目指す職種によってたどるルートも異なってきます。自分の意向と照らし合わせて、慎重に進路を選びましょう。

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/game-director