ゲームディレクターになるには?方法を徹底解説

  • by

    ゲームディレクターは、ゲーム制作の開発現場におけるリーダーの為、なりたいと思っている方は多いのではないでしょうか。
    ゲーム開発の要たる存在のゲームディレクターは、確かに魅力的な職業ではありますが、なる為にはどうしたら良いのでしょうか。
    ここでは、ゲームディレクターになる為に参考にしていただきたい様々な情報を解説していきます。

    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科は、ゲームプランナーなど企画がしたい人におすすめの学科です。
    • 就職率は95%で、卒業生はカプコン、スクウェア・エニックス、バンダイナムコゲームスなど、大手ゲームメーカーで活躍しています。
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科は、ゲームプランナーなど企画がしたい人におすすめの学科です。
    • 就職率は95%で、卒業生はカプコン、スクウェア・エニックス、バンダイナムコゲームスなど、大手ゲームメーカーで活躍しています。

    ゲームディレクターになる道のりとは

    まずは専門学校へ

    ゲームディレクターになる為の一般的な始めの一歩は、ゲームについて勉強できる専門学校へ入学する事です。

    専門学校に通うことで、ゲーム開発に関する知識やスキルを身につけていくことができます。
    そして専門学校で一通りのノウハウを身につけて卒業した後は、ゲームプランナーとして開発現場で働きながら、実践的なスキルや経験を積んでいく必要があります。

    アミューズメントメディア総合学院のゲームプランナー学科がオススメ

    これからゲームディレクターを目指すのであれば、アミューズメントメディア総合学院のゲームプランナー学科がオススメです。

    アミューズメントメディア総合学院のゲームプランナー学科では、在学中から実際の雨品開発に携わることができ、誰でも最前線で活躍できるプロを目指すことができます。
    未経験の人やスキルに自信が無い人は、アミューズメントメディア総合学院・ゲームプランナー学科への入学を選択肢に入れておくと良いでしょう。

    ゲームプランナーになる

    ゲームプロデューサーになるには、ゲームプランナーとして働きながら知識やスキルを積んでいくのが一番の近道です。
    ゲームプランナーとして現場で実践的なスキルを身につけていけば、ゲームプランナー→ゲームディレクター→ゲームプロデューサーという風にキャリアアップしていくことができます。

    ゲームプランナーになるには

    ゲームプランナーに求められること

    ゲームプランナーは多くの人と関わり合いながら、ゲームの完成を目指す仕事です。

    つまりチームワークがなければ先に進むことができません。
    そのためゲーム開発に関する幅広い知識はもちろん、仲間と円滑に意思疎通ができるようなコミュニケーション能力も必要となります。

    また、ゲーム開発の決定権限を持つ人たちに理解されるよう、説得力ある説明をすることもゲームプランナーに欠かせない能力です。
    いくら面白いゲームができたからと言って、その面白さを主観的・感情的にプレゼンしては上手く伝わりません。

    そのとき面白さとは別に重視されるのはゲームの収益性であるため、収益と予算、そしてそれらの根拠を論理的に提示する力が求められます。

    ゲームプランナーの仕事内容とは

    転職もあり

    ゲームディレクターには、開発経験が求められる為、未経験の方が就任するケースはとても稀です。ですが、ゲームディレクター自体の経験がなくても、開発経験を積んでいれば、転職の際にキャリアアップできる可能性があります。
    実際に、ゲーム業界は入れ替わりや立ち代わりがやや多い傾向がある為、当初働いていた会社にてゲームディレクターになるチャンスに恵まれなかったとしても、転職でそのチャンスを掴んだ事のある方は多いです。

    その為、自分で経験を積んだと確信が持てたら、転職を選択肢の1つに入れてみるのもいいかもしれませんね。

    ゲームディレクターとは

    ゲームディレクターとはゲームディレクターとは、ゲーム製作における企画や開発、販売促進などの工程のうち、開発現場のリーダーたる存在です。
    つまり、開発に関わるプランナーやプログラマー、CGクリエイターなどの全スタッフを取りまとめる役職です。

    ゲームプロデューサーとの違い

    ゲームディレクターは、ゲームプロデューサーと頻繁に間違われる事が多いです。
    その違いは、ゲームディレクターはあくまで開発現場のリーダーなのですが、ゲームプロデューサーは、販売促進も含めたゲーム製作全体の総監督と呼ぶべき立場です。
    その為、地位的にはディレクターよりもプロデューサーの方が上になり、前者を経験してから後者の役職に就く、という流れになります。

    ゲームプロデューサーになるための情報はこちら

    ゲームディレクターの仕事内容

    仕事内容ゲームディレクターは、開発現場に携わる全スタッフを取りまとめて指揮する事が主な仕事内容になり、開発に直接携わる事はあまりありません。
    具体的には、開発における各工程の予定管理、ゲームソフトの品質の確認や改善、トラブルが起きた時には率先して解決したりします。
    また、ゲームの企画段階から関わる事も多い為、場合によっては発想力に基づいたアイデア出しなどをする機会もよくあります。

    ゲームディレクターはどんな仕事をするのか

    ゲームディレクターに必要なスキル

    必要なスキル

    ゲーム開発における全般的な知識

    ゲームディレクターは開発現場のリーダーである為、各工程における部分的な知識だけでなく、全般的かつ豊富な知識を有していなければなりません。
    プログラミングやシナリオ作成、サウンドやCGなどの基本的な知識を身に付けていないと、適切な指示が出せませんし、適切な予定管理が出来ないからです。

    リーダーシップ

    開発に関わる全スタッフを束ねて目標に向かっていかなければならない為、ゲームディレクターはリーダーシップを備えていないと、役割を果たす事は難しいでしょう。
    開発における各工程に目を光らせ、スタッフが働きやすい環境を用意し、全員が目標に向かって邁進するように束ねるのは、困難が伴うかもしれません。
    また、時にはスタッフに対して厳しく接しなければならない時もあるでしょう。
    ですが、品質の高いゲームを作るには、どうしても長い期間が必要です。
    その為、その長い期間をどうしたら乗り切れるのかを常に思案し、リーダーシップを発揮する事で、品質の高いゲームが作れる見込みがグンと上がるのです。

    世の中に対してセンシティブかどうか

    世の中のトレンドや趣味嗜好は、日々変化していきます。
    その為、前は同じ趣旨のゲームが売れたのに現在は売れない、という事はよく起きるのです
    そういった状況を打開するには、ユーザーのニーズにセンシティブかどうか、もっと言えば世の中に対してセンシティブかどうかが、大事になるのです。
    ゲームディレクターになりたいと思っている方は、世の中の動きに対して常に目を光らせておきましょう。

    求められる能力は専門学校で身につけることが出来る

    ゲームディレクターの専門学校では卒業後、開発現場ですぐに活躍できるような人材の育成を行なっています。
    充実したカリキュラムの下、プロの講師から直接的に指導してもらうことができるため、日々の学校の授業を通じてゲームディレクターに必要なスキルを培っていくことができます。

    専門学校でゲームディレクターになるために学べること

    専門学校で学べることとしてはゲーム開発における全般的な知識、コミュニケーション能力、社会人としてのマナーなどです。
    いずれもゲームプロデューサーとして活動するために欠かせないものなので、スキルに自信のないのであれば専門学校に入学する価値は大いにあると言えます。

    ゲームディレクターに求められるスキル

    ゲームディレクターの給料・年収

    給料についてゲームディレクターの一般的な年収は、20代で300万〜400万、30代で400万〜500万くらいとされています。
    ですが、実力や実績次第でそれ以上の額を稼ぐ事ができるとされている為、売れるゲームを世にどれだけ送り出したのかが、収入アップの秘訣の1つになります。
    ですが、あくまでゲームディレクターはゲームプロデューサーになる為の過程、という認識をしている人が多い為、そこまで収入にこだわっている人はあまりいないようです。
    実際、ゲームプロデューサーの方が年収は高いので、確かにゲームゲームディレクターとして給料を上げる事よりも、キャリアアップした方が良いかもしれませんね。

    ゲームディレクターの年収はいくら?年収を上げるための方法

    ゲームディレクターの魅力とは

    ゲームディレクターの魅力とはゲームディレクターは、クリエイティブかつ面白いゲームを作る為に、スタッフを束ねて邁進していく事に魅力を感じている人が多いようです。
    そうした魅力を感じられるのは、『ゲーム作りが好き』という思いを根底に持っているからこそです。
    既存の枠に囚われず、そして世の中がどういうゲームを求めているのかを常に思案し、先陣を切ってゲームを作り、結果が出た時にこそ、大きなやりがいを感じているみたいです。
    そうなるまでには、苦しい事も乗り越えなければなりませんが、『ゲーム作りが好き』という思いを持ち続けていれば、必ずとは言えませんが、いつしか乗り越えて魅力ややりがいを感じられるのではないでしょうか。

    ゲームディレクターのやりがい、魅力

    まとめ

    これまで、ゲームディレクターになる、と考えている方が参考にしていただきたい情報を見ていきました。
    ゲームディレクターになる為には、

    • 専門学校に入学して
    • ゲーム会社へ就職し
    • ゲームプランナーとして開発経験を積んでキャリアアップ

    をする必要があります。

    これからゲームプロデューサーを目指す人は、まずはゲームプランナーとして働きながら、ゲームディレクターへの昇進を目指していきましょう。

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/game-director