ゲームプロデューサーになるには?

  • by

    ゲーム好きの方であれば、ゲームプロデューサーという役職についてご存知な方は、多いのではないでしょうか。
    ゲーム作りの責任者である事から、なりたいと考えている方が多く、なる為に日々精進している方がいます。
    ここでは、ゲームプロデューサーになる為に必要なありとあらゆる情報を見ていきます。

    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科は、ゲームプランナーなど企画がしたい人におすすめの学科です。
    • 就職率は95%で、卒業生はカプコン、スクウェア・エニックス、バンダイナムコゲームスなど、大手ゲームメーカーで活躍しています。
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科は、ゲームプランナーなど企画がしたい人におすすめの学科です。
    • 就職率は95%で、卒業生はカプコン、スクウェア・エニックス、バンダイナムコゲームスなど、大手ゲームメーカーで活躍しています。

    ゲームプロデューサーになる為のルート


    ゲームプロデューサーになるにあたり、必要な資格はありません
    ですが、ゲームプロデューサーは、ゲーム製作における全ての流れを統制する責任者である為、新卒の方がいきなりなる事はほぼないでしょう。
    一般的なルートとしては、まずはプランナーのように開発職に就き、経験を積む事から始めなければなりません。
    その後に、開発現場の責任者たるゲームディレクターで更なる経験を積んだ後に、ゲームプロデューサーになるのが、一般的なルートになります。
    開発職やゲームディレクターを経る事で、開発現場における流れを理解できる為、それらがスケジュールの組み立てや調整、各工程の統制の助けとなります。
    ですので、ゲームプロデューサーになると決めている方は、段階的に目指していきましょう。

    専門学校へ行く

    上記の通り、ゲームプロデューサーになる為には、段階的にステップアップしなければなりません。
    始めの一歩となるゲームの開発職に携わるには、ゲーム作りについて学べる専門学校に入り、専門的な知識やスキルを身につけておく必要があります。
    そして専門学校卒業後は、最初にゲームプランナーとして働きながら、ゲームディレクターゲームプロデューサーと徐々にキャリアアップしていくのが一般的な流れです。

    アミューズメントメディア総合学院の強み

    アミューズメントメディア総合学院のゲームプランナー学科では、プランナーとしてだけではなく、ディレクターやプロデューサーになる事も見据えたカリキュラムを組んでいます。
    プランナーに必要とされる企画力やマーケティング能力、シナリオの構成力などを養える講義以外にも、プログラミングや2D・3DCGの基礎と言った、他の『開発現場』の知識についても深く学ぶ事ができる講義を開設しています。
    後程詳しくご紹介しますが、プロデューサーになる上で、ゲーム開発の基礎知識は欠かせません。
    その為、ゲームプロデューサーになりたいと考えている方は、アミューズメントメディア総合学院への入学を検討してみてはいかがでしょうか。

    ゲームプランナーになる

    ゲーム会社に入るにあたり、まずはゲームプランナーになってディレクターを目指すことを書いてください。
    ゲームプロデューサーは未経験の人がいきなりなれる仕事ではありません。
    そのため、まずは開発スタッフとして働きながら、ある程度のノウハウを身につけていく必要があります。

    中でも一般的なのは、ゲームプランナーとしてゲーム制作会社に入社し、経験やスキルを積みながらゲームディレクターへのキャリアアップを目指すという方法です。
    ゲームプランナーの仕事を積んでいくことにより、開発現場での経験やゲーム開発のノウハウを身につけることができます。

    ゲームプランナーの経験が必要な理由

    ゲームプロデューサーは、ゲーム企画、開発、発売にいたるまでの一連の流れを取り仕切る仕事です。
    また、スケジュールや予算の管理、人材確保、品質チェックを行うのもゲームプロデューサーの重要な役目になります。
    こうした仕事内容から、ゲームプランナーとして開発現場で豊富な経験を積んだ人がゲームプロデューサーになるのが一般的です。

    ゲームプランナーになるには

    ゲームディレクターになる

    ゲームディレクターとは、ゲームの開発現場において、チーム全体を束ねる総監督の役割を務める人のことです。
    仕事では、ゲーム制作に関する幅広い知識や発想力はもちろん、スタッフ達をまとめ上げるリーダーシップが求められます。

    ゲームディレクターとして働きながら知識やスキルを積んでいくことで、今度はゲームプロデューサーへの道が見えてきます。

    ゲームディレクターとしての経験が必要な理由

    ゲームディレクターは、ゲーム開発現場においてチーム全体を指揮する重要な仕事です。

    一方、ゲームプロデューサーはゲームの予算やスタッフの配置、スケジュール管理など、そのプロジェクト全体を統括する仕事になります。
    仕事内容や求められる能力は異なりますが、共通部分も幾つかあるため、ゲームプロデューサーになるためにはゲームディレクターとして経験やスキルを積んでおくことが望ましいです。

    ゲームディレクターになるには

    そもそもゲームプロデューサーとは

    ゲームプロデューサーとはゲームプロデューサーとは、ゲームの企画と開発、そして発売するまでの一連の流れを、つまりは製作全体の総責任者を指します。
    よくゲームディレクターと混同される事が多いのですが、ディレクターは開発現場における責任者の事です。
    つまり、ゲームプロデューサーが予算や人員の確保など、ゲーム作りの体制を整える事が仕事に対し、ディレクターは、その体制の中でゲームの開発や完成までの道筋を統制する責任者、という事になります。
    ですので、基本的にゲームディレクターは、プロモーションなどに関わる事はありません。

    ゲームプロデューサーの仕事内容

    仕事内容ゲームプロデューサーの仕事は、ゲームソフト作りに必要な人員や予算の確保から始まり、スケジュールの組み立てや調整、クオリティーの確認やプロモーションなど、製作過程におけるそれぞれの工程を統制します。
    つまり、プロジェクト全体を統制するという事なので、ゲーム開発に直接関わる事は少ないです。
    また責任者という立場上、プロジェクトの起案から携わる事が多い為、アイデアを出さなければならない事が、往々にしてあります。
    その為、ユーザーにとって需要の高いゲームはどういうものなのかなど、世の中の流行や世情にアンテナを張り巡らす必要があります。

    このような仕事内容から、未経験でいきなりゲームプロデューサーになるのは難しく、多くの場合はゲームプランナーとしてスキルを積みながら段階的にステップアップしていく必要があります。

    ゲームプランナーとして働き続けていくことで、いざゲームプロデューサーになった時はゲームプランナー時代からの経験を大いに活かすことができます。

    ゲームプランナーの仕事内容について
    ゲームプロデューサーの仕事の内容について

    ゲームプロデューサーに求められる能力

    求められる能力

    ゲーム開発の基礎知識と現場経験

    先程述べたように、ゲームプロデューサーになるには、開発職とディレクターを経なければなりません。
    ですが、開発職なら養ってきた専門知識を思う存分に活かせますが、開発現場の責任者たるディレクターは、全体を見渡さなければなりません。
    例えば、もしもプログラミングの知識が皆無だった場合、プログラミングの事が分からない故に、スケジュールの組み立てやプログラマーの指揮を取る事が難しくなります。
    ですので、ゲーム開発の基礎知識を持つ事はとても重要で、それがゲームディレクターになった時に活きてくるのです。

    そして、それはゲームプロデューサーにも同じ事が言え、ディレクターとして開発現場を経験していないと、企画やプロモーションも含めたプロジェクト全体を統制する事は難しいです。

    マネジメント能力

    プロジェクトの規模にもよりますが、ゲームプロデューサーは非常に多数の人を統制しなければなりません。
    その為、マネジメント能力がないと、人がついてこない恐れがありますし、プロデューサーの指示で動いている人のストレスが溜まってしまい、自分の思い通りに予定が進まない事もあります。
    その為、全体の状況を見極めた上で、適切かつ円滑に人を動かすマネジメント能力が求められるのです。

    求められる能力は専門学校で身につけることが出来る

    ゲームプロデューサーの専門学校では業界で即戦力となるような人材の育成を行なっています。
    ゲーム開発に関する基礎的な学習はもちろん、実践的な学習も多数用意しているため、日々の学校の授業を通じてゲームプロデューサーとして持っておくべき能力を着実に養っていくことができます。

    専門学校でゲームプロデューサーになるために学べること

    専門学校で学べることとしては、ゲーム開発に関する知識、コミュニケーション能力、マナー、挨拶などです。
    いずれもゲームプロデューサーとして活動するために欠かせないものなので、スキルに自信がないのであれば専門学校に入学する価値は大いにあると言えます。
    さらに専門学校では一流企業との連携体制や就職するまでの学費の免除など、力強いバックアップ体制が取られているため、就職までの道のりも安心できます。

    ゲームプロデューサーに求められるスキルについて

    ゲームプロデューサーの適性とは?

    製作全体の責任者という立場の為、やはり相応の責任感を持っていないと、務める事は難しいでしょう。
    また、企画からプロモーション、そして発売までの流れを取り仕切る中で、ゲームプロデューサーは多数の人と関わらなければなりません。
    その為、責任感やコミュニケーション能力を持っている人は、ゲームプロデューサーに向いている適性があると言えます。

    ゲームプロデューサーの適性について

    ゲームプロデューサーの収入・給料

    給与ゲームプロデューサーの年収は、400万〜700万円とされています。
    段階を経てゲームプロデューサーになる為、初任給という概念はあまりないです。
    また、ゲームプロデューサーはゲーム作りの総責任者である為、給料はプログラマーやプランナーよりも高いようです。
    そして総責任者だからこそ、世に売れたヒット作を出す事ができれば、年収の増加や特別ボーナスが給付される可能性があります。
    つまり、実績を積み上げれば積み上げる程、給料が高くなる可能性が大いにあると考えて良いでしょう。

    ゲームプロデューサーの年収って?年収を上げるためには

    ゲームプロデューサーの将来性

    将来性ゲームプロデューサーは、ゲーム製作に必要不可欠な存在の為、ゲームそのものが衰退しない限り、職自体が失われる可能性は低いです。
    しかしながら、年数と共に世の中は移ろっていきます。
    その為、ゲームプロデューサーは、世情や流行に敏感にならなければなりません。
    人々がどういうゲームを求めているのかなど、世の移ろいに対して常にアンテナを張り巡らせましょう。
    それが、目覚ましい発展を遂げているゲーム業界を生き残る為の秘訣にもなります。

    女性のゲームプロデューサーについて

    女性のゲームプロデューサーについてゲーム業界は男社会、というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。
    確かに女性よりも男性の比率が高いですが、それはあくまで幼少の頃から男性の方がゲームに触れている機会が多い為に、必然的に男性が占めてしまうのです。
    ですが、ゲーム業界では、実力や技量さえあれば働く事ができます
    それは、ゲームプロデューサーにも同じ事が言えます。実際に、女性のゲームプロデューサーとして活躍している人はいます
    男性にしても女性にしても、ゲームプロデューサーになるには一筋縄ではいきませんので、努力が必要不可欠です。

    まとめ

    ゲームプロデューサーになる為に必要な情報を、これまで述べてきました。
    ゲームプロデューサーになるための一般的なルートとしては、専門学校で専門的なノウハウを身につけた後、ゲームプランナーとして働きながら経験やスキルを積んでいくことです。

    責任者という重い立場でありますが、そのぶん魅力ある役職なので、ぜひ参考にしていただきたいです。

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/game-director