ゲームプロデューサーの仕事の内容について

  • by
    ゲームプロデューサーの男性

    ゲーム業界に就職しようと考える場合、プログラマーやデザイナーなど様々な仕事の中から選ぶことになります。そしてゲーム関係の仕事には、ゲームプロデューサーを目指している方もいるのではないでしょうか。
    ゲームプロデューサーとは、ゲーム制作全体を取りまとめる管理職のような立場で仕事を進めるのが特徴です。しかし、具体的な仕事内容や、どのような方法でゲームプロデューサーへ就職するのか分かりにくい部分もあります。

    そこで今回は、ゲームプロデューサーに興味がある方へ向けて、仕事内容や特徴、ゲームプロデューサーになるための流れについてお伝えしていきます。

    ゲームプロデューサーになるためには、専門学校がポイントですよ。

    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科は、ゲームプランナーなど企画がしたい人におすすめの学科です。
    • 就職率は95%で、卒業生はカプコン、スクウェア・エニックス、バンダイナムコゲームスなど、大手ゲームメーカーで活躍しています。
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科は、ゲームプランナーなど企画がしたい人におすすめの学科です。
    • 就職率は95%で、卒業生はカプコン、スクウェア・エニックス、バンダイナムコゲームスなど、大手ゲームメーカーで活躍しています。

    ゲームプロデューサーってどんな仕事?

    ゲームプロデューサーゲームプロデューサーとは、ゲーム制作の責任者です。

    つまりプロジェクトの統括責任者として役割が求められるので、100人以上のスタッフを束ねることが多いです。

    具体的な仕事内容は、あらかじめ決められた予算と人員の中で、企画書に定められたゲームを完成させるために最適なスケジュールの作成や指示を考え、行動に移していきます。

    そのため各部署の特徴や状況、スタッフの能力を把握していなければいけません。また、ゲームプロデューサーは、ゲームメーカーや制作会社などあらゆる場所で必要とされる仕事です。

    ゲーム開発に直接関わることは少ない

    ゲームプロデューサーの特徴の1つですが、ゲーム開発に直接かかわる機会は少ない点に注目です。

    ゲーム開発とはプログラムやCGデザイン、音楽制作などゲームソフトに直接関係する仕事のことを指します。そして、主にゲームプログラマーやデザイナー、作曲、シナリオ制作などの担当者が開発をすすめていきます。

    ゲームプロデューサーもゲーム開発の現場に赴きますが、開発作業自体に直接かかわることは少なく、あくまでスタッフへの指示やスケジュール管理や確認が主な仕事です。

    ゲームプロデューサーの平均年収

    お金ゲームプロデューサーの平均年収は、20代と30代で比較的差がある傾向です。また、キャリアを積み、30代以降になると年収アップも期待できるでしょう。

    具体的には20代前半で約350万円前後、20代後半で約380万円、30代前半になると約500万円前後で30代後半に約600万円前後と大きく変わります。

    また、ゲームメーカーと開発会社によっても年収に違いあります。たとえばゲームメーカーは大手企業が多いため、ボーナスの金額も高い傾向です。開発会社の場合は、それぞれに事情も異なり評価基準や各種手当で差があります。

    参考:https://jobtalk.jp/salary_matome/jobs/128

    ゲームプロデューサーになるための流れ

    笑うゲームプロデューサー続いてはゲームプロデューサーになるための流れを、3つの方法からお伝えしていきます。

    また、今回お伝えする3つの方法とは、以下のようにそれぞれ違った方向性でです。

    • 専門学校に通う
    • ゲームプランナーに就職する
    • ゲームディレクターに就職する

    それぞれゲームプロデューサーになるための方法と、どのように関係しているのか一見すると分かりにくいかと思います。それでは、なぜ3種類の方法でゲームプロデューサーになることも可能なのか、分かりやすく解説します。

    ①企画専攻のある専門学校に通う

    1つ目は、ゲームの企画専攻がある専門学校に通う方法です。専門学校の中には、ゲーム制作や仕事に関する科目を用意しているだけでなく、ゲームプロデューサーに関連する科目もあります。

    専門学校に通いながら、人員管理やスケジュール管理などについて学び、更にゲーム制作の実習を通してチームで作り上げる機会も得られるのがメリットです。

    また、未経験や資格を保有していなくとも入学できるので、異業種からゲーム業界の仕事に携わりたい方にもおすすめでしょう。ただしゲームプロデューサーに関係する企画関係の科目もある専門学校か確認するのが大切です。

    ②ゲームプランナーとしてキャリアを積む

    2つ目はゲームプランナーの仕事に就き、キャリアを積みながら将来的にゲームプロデューサーの仕事へ切り替える方法です。

    ゲームプランナーとは、ゲームのジャンルや内容など企画を決める仕事です。また、ゲームの企画を行うだけでなく、市場調査やゲームプロデューサーやディレクターと何度も打ち合わせしながらゲームの方向性やスケジュールを作りあげます。

    未経験の場合は、ゲームプランナーの仕事を経てゲームプロデューサーも携わることが多い傾向です。更にゲームプランナーを経験することで、ゲームの企画からマーケティング力、現場で開発されているゲームのテストプレイなど、一連の流れを把握できます。

    ③ゲームディレクターとしてキャリアを積む

    3つ目はゲームディレクターとしてキャリアを積むことです。そもそもゲームプロデューサーは、ゲーム制作の中で全体を統括する管理職です。

    基本的にゲーム開発の現場や、企画から開発の流れを把握していたり経験していたりしなければ指示や管理などに対応できません。

    ですので、未経験からゲーム業界に入る場合は、ゲームプランナーからゲームディレクターを経て、最終的にゲームプロデューサーの仕事へ上がっていきます。つまり、ゲームプロデューサーになるには、ゲームプランナーやゲームディレクターの経験が必要ともいえるでしょう。

    ゲームディレクターは、ゲーム開発の現場責任者でゲームプロデューサーへ情報を伝えたり、プロデューサーからの指示を現場に伝えたりする役割もあります。

    まとめ

    ゲームプロデューサーの仕事は、ゲーム制作の中でも全体を取りまとめる役割のため、未経験からでは難しい内容です。そこで、ゲームの専門学校に通いチームで制作することや企画作成など、スタッフ管理や現場調整などの基礎を学ぶのがおすすめ。

    ゲームの専門学校の入学する場合は、企画専攻のある学校から選びましょう。開発技術系ではなく、企画・管理系のスキルが求められるからです。

    まずはゲームの専門学校を探してみてはいかがでしょうか。

    ゲームプロデューサーになる為の方法とは?

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/game-director