⇒9/24更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

VFXデザイナー/エフェクトデザイナー

VFXデザイナー/エフェクトデザイナーとは

VFXデザイナーは正式名称をVisual Effectsデザイナーといいます。

何かのアクションがあった時、プレイヤーに注意喚起を与えると共に、画面を派手に、美しく演出していく事が役割です。

このようなデザイナー職は専門性が高いため、学習を効率よく進めていくのに専門的な知識を学校などで身につけてから目指すのが一般的です。

しかし、いざVFXデザイナーについて興味を持っても、どんな仕事をしているのか知ることができないと、どのように努力すればなれるのかが分からないという方も多いですよね。

そこでここでは、VFXデザイナー/エフェクトデザイナーの仕事について、いろいろな視点から解説していきます。

VFXデザイナー/エフェクトデザイナーの仕事

VFXデザイナー/エフェクトデザイナーは、専門知識を使ってユーザーが視覚的に楽しめるようにゲーム画面のデザインを考えてゲームに組み込む仕事です。

主な勤務先としてはゲーム制作会社や映像制作関連の会社などがあります。
働きながらある程度スキルと経験を身につけたあとは、組織に属さずフリーランス(業務受託)という形で勤務するデザイナーもいます。

VFXデザイナーの仕事内容は、主にゲームや映像ごとに合うエフェクトを作成することです。

エフェクトには必殺技や魔法などさまざまなものがあり、VFXデザイナーはさまざまな視覚的な効果を考案、作成します。


いずれも制作していく上であとからエフェクトをつけていくことが多く、VFXデザイナーの仕事内容はボリュームがあります。

また、デザイナー職ではありますが、エンジニアやゲームプランナーなどの他のクリエイターの方と関わりながら仕事を進めることも多いです。

ゲーム制作に必要な専門知識をしっかり身につけて目指すようにしましょう。

VFXデザイナー/エフェクトデザイナーに求められる能力とは

VFXデザイナー/エフェクトデザイナーに求められているのは、デザインをするために必要なツールを使える能力と、簡単なプログラミングの知識、コミュニケーション能力です。

VFXデザイナー/エフェクトデザイナーはゲームの画面を主に作成していくため、まずはデザインツールを使いこなせなくてはなりません。

VFXデザイナーは現場において、映像ソフトであるAfter EffectsやMayaといった3Dソフトを取り扱えることと、Unityなどのゲームエンジンのスキル、ゲームや映像をより面白く迫力や立体感があるモノにするための演出効果を考えるための発想力を求められます。

現在、多くのゲームや映像などの作品がありますが、ゲームで必要なのはMayaや3dsMAXといった3Dソフト、映像などの作品ではAfter Effectsという具合にエフェクトをつける媒体によってソフトを使い分けられています。

そのため、どちらにも対応できるように、映像ソフトAfter Effects をはじめPhotoshopなどの2Dソフト、MAYA、3dsMAXといった3Dソフトを取り扱えることが求められます。

最近では、Unityをはじめとしたゲームエンジンで、さらに効率よくエフェクトを作成できることから、ゲームエンジンの扱いに長けていることが長所にもなり得ます。

さらに、ゲームや映像をより面白くするための演出効果を考えられる発想力は、魔法などユーザーや視聴者に視覚的な刺激を与える方法を考え、ゲームや映像の演出を理解し作成することにつながります。

そのため、VFXデザイナーはユーザーがどのようなエフェクトで喜んでくれるのかを考え、魅力的なエフェクトを作成していくことが重要です。

専門的な知識やスキルは、学校などで身につけることができます。

VFXデザイナー/エフェクトデザイナーのやりがい

現役のVFXデザイナーが仕事をしていてやりがいがあると感じるときは、自分が関わったゲームのエフェクトでユーザーが楽しんでくれることです。


VFXデザイナーはより良い作品に仕上げていくために、嗜好を凝らしてエフェクトを考え、制作していきます。


そのため、ゲームをより面白くさせるエフェクトを制作でき、さらにそのゲームをプレイしたユーザーから大きな反響が返ってくると、特に喜びを感じることができます。


ゲームの魅力をより高めるために視覚的な効果を制作していくVFXデザイナーは、他には替えが効かないとてもやりがいのある仕事といえますね。


VFXデザイナー/エフェクトデザイナーのやりがいを感じるために必要な専門的な知識に関しては、専門学校などで学ぶのがおすすめです。

VFXデザイナー/エフェクトデザイナーになるには?

「エフェクトデザイナー」は、ゲーム会社のデザイナー求人の中でも需要が高く、多くのゲーム会社で求められています。グラフィックソフトや映像表現のスキルが必須です。

VFXデザイナー/エフェクトデザイナーになるために必要な資格はありません。

しかし、VFXデザイナー/エフェクトデザイナーとして必要なデザインするためのスキルやコミニュケーションスキルなどは身につけておきたいところです。

そのため、未経験から就職を目指すのではなく、ゲームの専門的な知識を学べる学校に通い、必要なスキルを身につけてからゲームの制作会社に就職する流れが一般的です。

また、VFXデザイナー/エフェクトデザイナーは、プレイヤー目線でわかりにくい部分にも気づいて、エフェクトを作らなくてはいけません。

たくさんのゲームをプレイすることで、どんなゲームが面白い、わかりやすいと思うのかも知っておくのが大切です。

専門の学校に通うなどして、ゲームの知識は幅広く知るようにしましょう。

ゲーム専門の学校に通うメリット

VFXデザイナー/エフェクトデザイナーを目指している場合、ゲーム専門の学校に通うメリットは多いです。

ゲームのエフェクトのデザインを作るスキルや、映像編集ツール等、専門性の高いツールを扱うスキルを効率的に身につけることができるからです。

VFXデザイナー/エフェクトデザイナーとして活躍したいと思っているなら、ぜひゲーム専門の学校への進学を考えてみてくださいね。

ゲーム関係の仕事

この職業を目指す方へ
おすすめの学科はこちら!

ゲーム・アニメ3DCG学科

ゲーム・アニメ3DCG学科

アニメ・ゲーム業界では、今や専門スキルが必要な3DCGの技術は世界的に必要不可欠になってきています。しかし、飛躍する業界ですがクリエイターは未だ少人数です。
ゲーム・アニメ3DCG学科では、そんなアニメ・ゲーム業界で活躍するために、学校内でのカリキュラムも強化。
業界の最前線で活躍する講師だからできる実践的カリキュラムで、最新の専門的な知識と技術を学び、個性と創造力を磨いてプロフェッショナルな3DCGクリエイターを育てます。

ゲーム・アニメ3DCG学科の詳細を見る

ゲーム・アニメ3DCG学科のカリキュラムを見る

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる