⇒9/24更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

ゲームグラフィッカー

ゲームグラフィッカーとは

ゲームのタイトル画面、プレイ画面、インターフェイスなど、ゲーム画面で見える2DCGや3DCGすべてのビジュアルを制作する職種です。
ゲームのビジュアルには、ドット絵、イラスト、CGなど様々な種類があり、幅広いスキルが求められます。

視覚的な部分をデザインするため、専門性とセンスが問われる職種でもあります。
これらの知識は、ゲームを専門的に学ぶ学校などで身につけることができます。

ゲームグラフィッカーの仕事

CGは今やゲームや映画だけではなく、普段何気なく見ているテレビ番組やCM、雑誌や映画等、日常の様々なところで当たり前のように使われています。

CGを扱う職種の中でもグラフィッカーは、ゲームの視覚的な楽しみをユーザーに提供する役職です。

グラッフィッカーはゲームの画像や映像、特殊効果に至るまで、多くのグラフィックに関わる部分の制作をしていきます。

グラフィッカーには二種類あり、2D/3Dグラフィッカーに分けられます。

2Dグラフィッカーの場合、その仕事内容は、イラストの制作、イラストレーターから届いた原画への彩色、加筆修正といったものになります。

それに対して3Dグラフィッカーの仕事内容は、専門的なソフトを使い、登場するキャラクターのモデルや背景のモデル、動きのあるものにはモーションやエフェクトを加えるなどの業務を行います。

制作現場では、専門分野ごとにグラフィッカーがいる場合もありますが、複数の分野を1人のグラフィッカーが担当することも少なくありません。

また、制作以外の部分でも、関わる案件についての打ち合わせに参加することもあります。

実際にクライアントや指示を出したディレクターが、どんなものを求めているかをしっかり把握し、完成した時にズレがないように制作をする必要があるからです。

グラフィッカーはプログラマー同様、黙々と作業している時間も多いですが、ゲーム制作の現場では連携も重要な要素です。

他のデザイナーやプログラマー、ディレクターや編集エディターなど、他の役職のクリエイターともしっかり連携をとりましょう。

専門性が高い仕事内容の他にもコミュニケーションの必要な作業だと言えるでしょう。

ゲームグラフィッカーに求められる能力とは

ゲームグラフィッカーにはCGに関する技術力はもちろん、様々なことに興味を持ち、積極的に取り組めることが望ましいです。

また、視覚的にユーザーを楽しませるという仕事なので、人を楽しませたいという心を持っていることも大切です。

ゲームグラフィッカーの仕事は、プロットやコンセプトアート、世界観、キャラクターデザインなどの設定をもとに、それらを適切な形に可視化し、ユーザーに伝える役割を担うということです。

そのため、ゲームグラフィッカーは単に個人の感性で表現をすればいいというわけではなく、企画や案を考えたプロデューサーやディレクターの意図を汲み取り、ユーザーに伝えるべき情報を適切にデザインする必要があります。

ゲーム制作はグループで行う作業であるため、単に自分に割り振られた作業を行うのでなく、同じクリエイターや他の部署の人々との連係ができることも大切です。

以上のようなゲームグラフィッカーに求められる能力はゲーム専門の学校に通うことで、基礎から効率よく身につけることができます。

ゲームグラフィッカーのやりがい

ゲームグラフィッカーは、そのゲームに適したグラフィックやキャラクターの造形、対象となるプレイヤーがどんなものを求めているかをきちんと見極めることが重要です。

しかしその分、視覚的にゲームの印象を大きく左右するグラフィックの部分を担当するので、やりがいを感じられる場面は多くなります。
「この仕事をしていてよかった」と感じる瞬間もたくさんあると言えます。

また、グラフィッカーとして仕事をする中で、「このグラフィックすごい」「キャラクターがかわいい」などのプレイヤーからの反応は、自信や励みになるでしょう。
ゲームグラフィッカーの仕事は見る人の心に直接感動を与えることが出来るのも、大きなポイントだと言えますね。

ゲームグラフィッカーは、コンピューターを駆使して、購買意欲を高める広告やカタログ、かわいいキャラクターやおぞましいモンスター生み出したり、見たこともない映像を作り出すことが出来ます。

ゲームのグラッフィクがイマイチだと、ゲームをプレイしてもらうどころか、なかなか手に取ってもらうことも難しくなってしまいます。

より専門的なスキルを身につけることができれば、ゲームプログラマーとしての道が拓けてくるので、いち早くゲーム業界のクリエイターとして働きたい場合は専門の学校等で早期に学習を進めるのがおすすめです。

ゲームグラフィッカーになるには?

デッサン、色彩感覚、構成力といった画力はもちろん、PhotoshopやIllustrator、Mayaといったグラフィックソフトのスキルも必須。
就職活動の際には、ほとんどの会社でポートフォリオの提出を求められます。 また、ゲームグラフィッカーと言っても2Dと3Dでは業務内容がまるで違います。

ゲームグラフィックデザイナーはとしてキャリアをスタートしたからといって、必ずしもずっと同じ役職でいる必要はなく、CGができれば他のデザイナーになる道もあります。

ひとつひとつの現場で技術を身に付け、より多くの業務がこなせるようになれば、様々に道は開けています。

ゲーム専門の学校に通うメリット

ゲーム専門の学校に通うことで、ゲームグラフィッカーとして必要な知識やスキルを基礎的な部分から現場で即戦力となれる水準まで学ぶことができます。

ゲーム業界でいち早く活躍したいと思っているのなら、ゲームを専門として学べる学校に通う方がスキルアップ、現場での活躍をするための学習には向いていると言えるでしょう。

完全に未経験でゲームの業界に入りたい場合には、ゲーム専門の学校への進学も選択肢として考えておくことをおすすめします。

ゲーム関係の仕事

この職業を目指す方へ
おすすめの学科はこちら!

ゲーム・アニメ3DCG学科

ゲーム・アニメ3DCG学科

アニメ・ゲーム業界では、今や専門スキルが必要な3DCGの技術は世界的に必要不可欠になってきています。しかし、飛躍する業界ですがクリエイターは未だ少人数です。
ゲーム・アニメ3DCG学科では、そんなアニメ・ゲーム業界で活躍するために、学校内でのカリキュラムも強化。
業界の最前線で活躍する講師だからできる実践的カリキュラムで、最新の専門的な知識と技術を学び、個性と創造力を磨いてプロフェッショナルな3DCGクリエイターを育てます。

ゲーム・アニメ3DCG学科の詳細を見る

ゲーム・アニメ3DCG学科のカリキュラムを見る

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる