MENU

体験説明会
資料請求

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

「キンダー・フィルム・フェスティバル」に参加してきました!

2011年9月1日 | 声優学科

こんにちは、東京校声優タレント学科教務のユースケ・スゴタマリアです。

先日、日比谷公会堂、調布文化会館「たづくり」で行なわれた「キンダー・フィルム・フェスティバル」のライブシネマが無事終了いたしました!

「キンダー・フィルム・フェスティバル」とは、日本最大の子どもたちの世界映画祭です。世界中から集まったたくさんの映画を見たり、ワークショップに参加して、映画作りを体験できたりすることができる映画祭なんですね。実行委員長に声優、女優として大活躍の戸田恵子さん。そしてスペシャルゲストにタレントの中山秀征さんや声優の山寺宏一さん等が出演するとても豪華な映画祭です。

その映画祭に参加して、声優タレント専科の学生たちは外国映画「ランウェイ」、そしてCG作品「サンドマンと夢の砂」という作品で生のアフレコを行ないました。なんと、2作品とも90分以上の映画で、その全ての出演者に声を吹き込みます。500人近くのお客さんの前に立ち、演技をするわけですからみんな大・大・大緊張!

しかし本番前はそんな彼らでも、実際お客さんの前に立てば堂々と役になりきっているのですから素晴らしかったです。さすが日頃の訓練はダテじゃない!

2011/9/1

大盛況の中無事終えた彼らの表情はとても晴れやかでしたツ黴€。

2011/9/1

2011/9/1

アフレコ終了直後、なかには達成感で泣いてる人も(笑)

2011/9/1

皆さん本当にいい経験になりましたね。

クラス全員で成し遂げたイベントなので、これからもこの気持ちを忘れずにいてくださいね!

—————————————————————————————————————-

さて、話は変わりまして「実力判定オーディション」が9月23日(金・祝)に行なわれます。

こちらは声優タレント専科(夜間・日曜)11月入学をお考えの方のみを対象としたオーディションです。
このオーディションは今現在のあなたの実力をプロの声優が審査します。もちろん演技・オーディション未経験の方も参加OKです。(参加費無料)
審査員は、学院祭で専科生が出演するアフレコライヴの演出を担当されている81プロデュース所属の滝沢久美子さんです。

専科「基礎コース」「研究コース」「マスターコース」そして「声優アーティストコース」をご検討の方は、このオーディションで受講クラスが決まりますので、是非ご参加下さい。

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる