声優になる方法とは?

指差す男性声優

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。
アニメなどを見ていると、気になるのがキャラクターの声を担当している声優さんですよね。
それぞれのキャラクターに合わせて、カッコいい声やカワイイ声、ユニークな声やドスの利いた声など、様々な声色を使い分ける様はまさに圧巻です。
そういった数々の声優さんに憧れて、声優という職業を夢見ている人も多いのではないでしょうか。
声優というのはあくまで簡単になれるものではありませんが、決して手の届かない世界ではありません。
ここでご紹介する声優になるための方法を実践して、あなたもプロの声優への第一歩を踏み出しましょう。

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

声優になるための方法

声優になる方法声優になるための方法というのは、実は一つに絞られているわけではありません。

専門学校や養成所に入ったり、声優事務所のオーディションを受けたり、あるいは映画やアニメ作品の声優募集のオーデションを受けたりなど、声優への道は意外にもあらゆるところから開かれているのです。

実際に、現在様々な分野で活躍している有名な声優さんの中にも、専門学校や養成所からデビューした人もいれば、いきなり事務所のオーデションを受けて所属声優になった人もいます。

詳しいデビュー方法については後述しますが、声優デビューに欠かせないのは「声優になりたい」という強い気持ちです。その気持ちさえあれば、あとは自分の実力や性格などを考えて最も適した方法を取るのが良いでしょう。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科なら、「現役のプロ」から学べます。

プロダクション直接所属、養成所の合格を合わせて98.6%の高い数字を誇っており、着実なステップアップで声優デビューが目指せます。

無料で資料請求ができるので、ぜひチェックしてみてください。

声優学科

声優デビュー方法の一覧

専門学校・養成所に通う

「声優になりたいけど、まだ知識もスキルも全くない……」という方は、ぜひ声優の専門学校や養成所に通ってみることをおすすめします。
声優の専門学校では基礎から学ぶことができるほか、現場を経験することのできる実習や在学中のデビューチャンスなどもあります。
講師にもプロの声優の方々が揃っていて、実戦的な指導が受けられる上に業界へのツテを作ることもできます。

声優の学校についての詳しい解説はこちら
声優の専門学校や養成所の費用について詳しく知りたい方はこちら

声優事務所のオーディション

声優事務所に入るためのオーデションです。声優事務所への所属は業界で一定の信用を得るための要素になります。
事務所ではオーディション情報が得られ、また事務所に所属していなければ受けられない仕事などもあるので、事務所所属は新人声優にとっては大きなメリットになるでしょう。

大半の人は、上に書いた専門学校や養成所で学んだのちにオーディションを受け、事務所所属の声優になります。

声優の事務所についてもっと詳しく
声優デビューを目指すについてもっと詳しく

声優事務所のオーデション合格を目指すなら、やはり声優専門の学校でオーディション対策を学んでおくのが大切です。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科なら、在学中に合格するための対策を学びながら、75社を超える声優事務所のオーディションを受けることが可能です。

実際に在学中のオーディションで所属が決まったのは、所属を目指した学生のうちの67.7%!
養成所の合格を合わせると、98.6%と非常に高い数字を誇っています。

無料で資料請求できますので、興味がわいた方はぜひチェックしてくださいね。

声優学科

声優ってどんな仕事

声優ってどんな仕事

仕事内容

声優の仕事はその名の通り、声によるお芝居をするというものになります。
主にはアニメや外国映画の吹き替えといった仕事が一般的に知られていますが、声優にはそのほかにも様々な仕事があります。
ゲームのキャラクターボイスやテレビ・ラジオCMのナレーション、ラジオパーソナリティー、また舞台活動や歌手活動などその仕事の幅は多岐に渡ります。

現場別の紹介(アニメ・外国映画・ナレーション等)

アニメ

声優のホームグラウンドとも言えるのが、アニメの現場です。声優というとまず思い浮かべるのが、アニメのキャラクターの声ではないでしょうか。
アニメ作品というのはキャラクターの個性が強く、声優にも個性的な表現が要求されることが多くなります。
声優のキャスティングに関してはほとんどがオーディションによって決まります。
収録時間は30分アニメでだいたい4時間ほどで、ギャラは新人の場合で1万5千円からと定められているようです。

アニメ声優の仕事についてはこちら

海外映画の吹き替え

海外映画の吹き替えも、声優の仕事として有名ですね。
アメリカ映画を筆頭に、最近では韓国作品の仕事も増えているようです。そのほか、ドイツやフランス、イタリアなど様々な国の作品で会話のテンポや口の動きなどが異なり、アテレコにはかなり高度な技術が必要になります。
一本2時間程度の映画で、だいたい7〜10時間ほどの収録時間を要します。キャスティングはオーディションのほか、監督や音響担当、制作会社などによって指名されることも多いようです。

声優の吹き替えの仕事についてはこちら

ゲーム

ゲームキャラクターのセリフの仕事はここ数年で最も増えてきています。
イメージとしてはアニメや映画の仕事と似たものを思い描くかもしれませんが、意外にも異なる部分が多く混乱してしまう人もいるかもしれません。アニメや映画の場合、共演者同士複数人で録音スタジオに入って掛け合いをしながら録っていくということが多いですが、ゲームの場合にはひとりでスタジオに入ることがほとんどです。
また、ゲームのシナリオというのは決まった流れはあるにしても流動的ではなく、セリフの部分にはキャラクターの動きもありません。そのためスタジオではマイクの前でコツコツとセリフを録っていきます。ストーリーのパターンがいくつもありセリフの量も膨大なため、丸1日かかるかなりハードな収録になるようです。

ゲームの音声収録をする声優について

ナレーション

ドキュメンタリー番組や報道番組、バラエティ番組、ラジオ、CM、様々な施設のアナウンス、電話の録音音声など、ナレーションの仕事には多くの種類があります。こういった音声は普段の生活で非常に多く耳にするかと思いますが、そのほとんどが実は声優の仕事なのです。
ナレーションのギャラはアニメや映画などよりも高く、声優にとっては大事にしていきたい仕事でもあります。
セリフではないものの、指示によって声色や表現を変えていく必要があり、演技力に近いものが必要になってきます。

声優のナレーションについてはこちら

アナウンス

メディアなどで情報を口頭で分かりやすく伝えるのが、アナウンスの仕事です。声優にはアナウンスの仕事が来ることもあり、テレビやラジオのほか、商業施設の店内放送や交通機関の車内アナウンス、など活躍の場所は様々です。
演技のスキルではなく発声や発音の技術が問われる仕事ですが、声優専門学校で学んできた人であればそういった発声の基礎も身についているため、アナウンスの仕事も問題なくこなすことができます。

声優によるアナウンスの仕事についてはこちら

ラジオパーソナリティー

声優はラジオパーソナリティーの仕事が来ることもあります。ラジオパーソナリティーの仕事には完全に決まった台本があるわけではなく、ある程度のアドリブ力が問われるため人によってはとても難しい仕事になるかもしれません。
そのため、ラジオパーソナリティーの仕事もしてみたいという人は一定以上の話術や一般常識などを身につけておく必要があるでしょう。

声優によるラジオパーソナリティーの仕事について

舞台

声優は声のみの仕事だけではなく、舞台に出演するような場合もあります。
舞台の場合には、声だけでの芝居とは違った全身表現による演技力が必要です。
しかし舞台での芝居に必要な高度な表現力は、声のみの芝居にも必ず活きてきます。
声優の専門学校やスクールでもほとんどの場合、舞台がカリキュラムの要として置かれています。

声優と舞台活動の関係についてはこちら

歌手

近年、声優にもある程度のタレント性が必要とされています。
有名なアニメのキャラクターの声を担当すると、キャラクターソングを歌ったり、CDを発売したりという場合もあるのです。
「アイドル声優」と言われる声優達も出てきて、歌番組などでも声優が見られるようになりました。
声優の仕事のメインはもちろん声の仕事ですが、マルチな声優を目指して歌のレッスンに力を入れるのもアリかもしれませんね。

声優の歌手活動についての詳細はこちら

資料請求案内イベント案内

勤務状況

声優は決まった仕事があるわけではなく、そのため毎月の給料も決まっていません。
フリーの声優の場合には自分で仕事を取ってこなければいけませんし、事務所に所属していても専属のマネージャーがつくのはある程度経験と実績を積んでから。事務所によっては、新人のうちは自分からどんどんオーディションを受けて、仕事を取りにいく必要があります。
仕事がどんどん入ってくるような有名声優は芸能人並みの多忙なスケジュールで動いていますが、対照的に新人声優には、なかなか仕事が入らずアルバイトで生計を立てざるを得ない人もたくさんいます。

声優の1日のスケジュールはこちら

収入(ギャラ)

基本的に声優のギャラにはランクがあり、30分アニメ1本で15,000円から45,000円と決まっています。
このランクには日本俳優連合で各個人に付けられているランクが反映されていて、ランクが高いほどギャラも高くなります。
新人声優は一番低い15,000円からさらにマネジメント料が引かれ、手取り額は約10,000円程度です。
しかしながらベテラン声優になると逆に45,000円までの枠には収まらず、年収がゆうに1000万円を超えることもあります。

声優の収入(ギャラ)についての詳細はこちら

やりがい

声優という仕事は続けていくのが難しい分、とてもやりがいの大きい仕事でもあります。
まずこれは芝居をするすべての職業に言えますが、様々な役に入って様々な人格を演じるというのは、難しいながらとても面白いものです。台本を読み、設定を把握し、自分が演じる人間(存在)の性格や心情を推し量った上でそれになりきると、まるで自分がその人になったかのように感じることができます。

声優のやりがいについて詳しくはこちら

ここまで、声優の仕事の内容や勤務の状況、収入について解説してきました。

声優の仕事には様々な種類があり、声優の仕事だけで生活していくためには「声優になれるだけの実力」が必須です。

プロダクション直接所属や養成所の合格率98.6%を誇るアミューズメントメディア総合学院の声優学科なら、人気声優になるために必要な知識や技術を1から学ぶことができます。

まずは、どんなが学校なのか無料の資料請求を使ってチェックしてみてください。

声優学科

声優になるための練習方法

声優の練習をしている女性

発声練習

まず最初に正しい発声方法を身につけることは、声優の基本です。発声の際の変な癖がついてしまったり、無理な声の出し方をして喉を痛めてしまったりすることのないよう、しっかり行いましょう。
発声練習の際には腹式呼吸がとても重要で、これを習得することでより質の良い発声ができるようになります。

正しい発声法や練習方法について知りたい方はこちら

音読

文字を読んで声に出すのが声優の仕事です。声優の中には、ぱっと目に入った文章を音読してしまうのが癖になっているような人もいます。
とにかく声に出して読むことで滑舌を鍛えることができますし、より表現性の高い文章であれば、自分なりの表現を追い求めることもできるかもしれません。

滑舌をよくするための音読練習の詳細はこちら

セリフの練習

自分の好きなアニメなどのセリフをピックアップし、実際に声に出して練習してみましょう。
本物に近づけることで、プロの話すテンポや息継ぎのタイミングなどがわかってきます。人の真似をしても意味がないと思ってしまうかもしれませんが、色々な人の声の表現を体感することで自分の表現の幅を広げることもできるのです。

ボイスサンプルのためのセリフの練習方法はこちら

演技の練習

映画や演劇の俳優と違ってマイクの前で体を使ったお芝居ができない声優には、セリフにおいて特に高い演技力が求められます。
セリフに最大限の感情が乗せられるよう、演技の練習は特に欠かせません。

演技力を向上させるための練習法についてはこちら

アフレコの練習

声優を目指す人は多少なりともアニメが好きな人だと思います。好きなアニメであればDVDなどを持っていて、なおかつセリフを丸暗記している部分もあるのではないでしょうか。
実際にDVDを再生し、消音にするなどして自分でセリフを話してみるとアフレコの練習ができます。
この練習は声優志望にとってはとても楽しい練習で、自分なりのテンポやタイミングの良い点、悪い点も見えてくるのでおすすめです。

自宅でアフレコの練習をする方法はこちら

ここで紹介したように、声優になるためには様々な練習をする必要があります。

しかし、発声練習やアフレコの練習などは、全て自分で声を確認しながらの練習になるため、スキルアップには限界があります。

そこでおすすめしたいのが、アミューズメントメディア総合学院の声優学科で、声優になるための練習方法をプロの講師から学ぶことです。

実際に、2019年のプロダクションへの直接所属と養成所への合格率は、合わせて98.6%という高い数値を誇っています!

オンラインでの説明会も行っていますので、気になった方はまずは無料の資料請求から検討してみてくださいね。

声優学科

声優志望なら実践したい習慣

声優志望なら実践したい習慣

腹式呼吸

声優の発声において、正しい呼吸というのはとても重要な要素です。長いセリフや大声でのセリフなどがある場合には特に必要なスキルとなります。
しっかりと鼻から多くの空気を吸い込んで正しく吐き出す呼吸技術を習得し、普段から心がけましょう。

腹式呼吸で発声する方法やメリットについてはこちら

滑舌を意識する

声優になるためには、はっきり明瞭な滑舌は欠かせません。その人の元々の滑舌というのはもちろんなかなか変えることが難しいですが、日常会話においても常に意識することで、滑舌は改善します。
また、滑舌が良くても早口であったりイントネーションに問題があったりすると聞き取りづらい話し方になってしまいます。そのため滑舌だけに関わらず、自分の話し方を客観的に見直してみることが重要ですね。

滑舌練習について詳しく知りたい方はこちら

読書

声優は台本に文字として書かれているセリフを生きた表現にしなければいけません。そのため、セリフに込めるべき感情やテンションを自分で導き出す想像力が必要になります。
アニメなどを見ているとプロの声優が1つの正解を教えてくれるため、勉強にはなりますが想像力を鍛えることができません。
普段から読書をし、登場人物の感情を想像することで、声優に必要な想像力を養うことができるでしょう。

活発なコミュニケーション

セリフとは会話であることがほとんどです。発言者の感情はもちろんですが、相手との掛け合いによっても話し方は大きく変わってきます。
リアルな人間の話し方を知り、感情を知ることで自分の演技の幅が大きく広がるかもしれません。
多くの人と活発にコミュニケーションをとり、多くの人を知ることによって声優としての深みを出していきましょう。

声優になりたい方におすすめの習慣について詳しく解説してきました。

腹式呼吸や滑舌などは、日常生活のなかで意識的に実践できることなので、ぜひやってみてください。

しかし、自分で練習しても正しい方法であるのか判断がつかない部分もあり、プロからアドバイスをもらうことが重要です。

そこでおすすめしたいのが、アミューズメントメディア総合学院の声優学科です。
プロの講師からアドバイスをもらいながら練習をするので、確実にスキルアップができます。

無料での資料請求はもちろん、オンラインでの説明会もあるので、ぜひ検討してみてくださいね!

声優学科

声優養成所について

声優養成所について

声優養成所とはどんな所?

声優の養成所には、声優事務所が設置している養成所や声優になるための専門教育が受けられる専門学校などがあります。
発声の練習や演技の授業など、声優になるための基礎知識から高度な技術まで段階的に学ぶことができるため、未経験の人でも声優の世界の入り口に立てるようになります。
同じ志を持った仲間ができ、声優の世界のプロである大人の方々もたくさんいるため、声優になるための環境としてはこの上ない場所となっています。

選び方

各養成所・専門学校ともに、基礎を押さえた上で独自の声優教育の強みを持っています。自分がどのような声優になりたいのか、自分に足りないものは何かなどを考え、適切なカリキュラムを展開している養成所を選ぶようにしましょう。
また、プロの声優の多くはどこかの養成所を出ています。自分の好きな声優の出身養成所を調べてみて、候補として検討してみるのも良いかもしれませんね。

声優の養成所の選び方をもっと詳しく

オーディション対策

養成所に入所するためのオーディションではほとんどの場合、面接が行われます。
オーディションを受ける人は養成所の人にとっては初対面であり、まだ実績のない人でもあるため、人となりや考えを知るための面接は合否に関わるとても重要な要素となります。
面接では自己PRや質疑応答があり、「どうして声優になりたいのか?」「どうしてこの養成所を選んだのか?」などといったことはよく聞かれるためあらかじめ自分の考えを定めておきましょう。
またこれは面接の基本でもあるかもしれませんが、できるだけネガティブな発言は避けるようにするのが望ましいです。

声優オーディションに合格する方法について

声優養成所に合格するためにはどんな対策が必要なのか解説しましたが、「思っていたよりも難しそう…」と思った方もいるのではないでしょうか。

そんな不安を持った方におすすめなのが、アミューズメントメディア総合学院の声優学科です。

在学中でも声優養成所も含めてエントリー制限なく在自由に受験することが可能で、オーディション対策もしっかりできるうえ、プロダクションの直接所属、養成所の合格率も98.6%と高い数字を誇っています。

少しでも気になった方は、無料での資料請求やオンラインでの説明会も含めてぜひチェックしてみてくださいね。

声優学科

声優に求められる声とは?

声優に求められる声とは?声の良い人でないと声優にはなれないと思われがちですが、よく考えてみると”良い声”に定義というものはありません。
高い声、低い声、可愛い声、男らしい声……声優には様々な声の人がいますが、皆さん決して声が良いという理由だけで声優になれたのではありません。
声優とは「声だけで演技をする人」です。必要なスキルを身につけることで、どのような声の人にも声優になるチャンスは巡ってくるのです。

声優の声質はこちら

声優学科

声優の適性(向いている人)について

声優の適性(向いている人)について声優の仕事は声のみのパフォーマンスなため、勘違いされてしまいやすいのですが、声優も俳優と同じく芝居をする人です。
そのため声優に向いている人の条件として、まず演技が好きかどうかというポイントが重要です。
良い発声や通る声、また歌が上手いなど声優として強みとなる特徴を持った人もたくさんいますが、現時点で声優になるための第一歩として、演技を好きになることから始めてみてもいいかもしれません。

声優に向いている人・適性についての詳細はこちら

声優学科

声優になりたいならアミューズメントメディア総合学院

女性の声優「自分がなぜ声優になりたいのか」ということを考えてみると、自ずと自分なりの声優としての方針が浮かんできます。
「アイドル声優になりたいから」という人は容姿にも気を掛けなければいけません。
自分の意志は自らを高めてくれる最も強い武器です。あなたが声優になりたい理由をいま一度よく考え、面接などでも話せるようにしておきましょう。

声優になりたい人の理由をご紹介

しかし、声優になりたいという思いだけでは、声優になることはできません。
声優になりたいという気持ちに加えて、実力をしっかりつけることが重要です。

そこでおすすめなのが、アミューズメントメディア総合学院の声優学科です。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科では、現役のプロから声優になるために必要な技術や知識を学ぶことができるだけでなく、75社を超えるプロダクションから自由にオーディションを受けることが可能で、自分にぴったりなプロダクションも探せます。

オンラインでも説明会を実施しているほか、無料の資料請求もできるので、ぜひチェックしてみてください!

声優学科

まとめ

「声優になりたい」という夢はとても素晴らしい夢です。声優は自分の声を通して、人に勇気や感動を与えることができます。
もちろん容易い道ではありませんが、だからといって簡単に諦めてしまっては非常にもったいないです。
然るべき場所で努力をして、プロの声優になる夢をぜひ叶えましょう。

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/