高校生でも声優オーディションを受けられる?声優になるおすすめのルート

アフレコする高校生声優になる方法と言えば、オーディションがすぐに思いつきますよね。
高校生でも受けられる声優オーディションもあるので、高校生のうちに声優デビューしたいと思っている人もいるのでは?

この記事では、高校生が受けられる声優オーディションや、声優になるために高校生のうちからできることについて紹介していきます。

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

高校生で声優になる方法

まず、高校生で声優デビューをする方法を2つ紹介します。

一般公募の声優オーディションに合格する

まず、一般公募の声優オーディションに合格して、声優の仕事を取る方法です。

年齢制限のないオーディションや、15歳以上から受けられるオーディションも多いため、高校生でも受けることができますが、声優の勉強をしたりオーディションに慣れていたりする人がライバルになる可能性もあります。

声優の勉強をしたことがなくても、子役として活動していたなど、演技経験者が声優オーディションに応募するのも珍しくありません。

声優事務所に所属する

プロの声優の定義は難しいですが、「声優事務所への所属が決まった=声優デビュー」とされることも多いです。
ほとんどの事務所では、所属するためにオーディションを受ける必要があります。

声優事務所のオーディションも、事務所付属の養成所の学生や専門学生など、声優の勉強をしてきた人がライバルになります。

声優学科

どうやって声優の勉強をする?

アフレコの練習をする学生
これまで紹介してきた2つの方法を見ると、高校生から声優オーディションを受けることもできるけど、合格するには実力が必要ということが分かりますね。

実力をつけるには、きちんと声優の勉強をしなければなりません。
ここからは、声優の勉強をする方法について紹介しましょう。

声優養成所に通う

先ほども少し話に出てきましたが、声優事務所には、付属の養成所があることも多いです。
声優養成所では演技や声の出し方など、声優になるためのレッスンを受けられます。

声優養成所の中には高校生でも通えるところもありますが、入所するためにオーディションを受けなければいけないところも多いです。

高校生でもオーディションを受けられる代表的な声優養成所は、次の2つです。

プロダクション・エース演技研究所

プロダクション・エース演技研究所は、プロダクション・エース付属の声優養成所です。
レッスンは週に2回で、夜の部もあるので高校と両立させることもできます。

14歳以上であれば応募ができ、一次審査が書類選考、二次審査が実技審査と面接という流れです。

日本ナレーション演技研究所

日本ナレーション演技研究所は、週1回のレッスンで声優に必要なスキルを身につけます。
中学3年生から応募でき、入所するためには筆記試験・セリフの実技審査・面接が必要です。

声優専門の学校に通う

声優養成所に入るにもオーディションがあるなら、初心者はどこで声優の勉強をすればいいの?と思った人もいると思います。

初心者が声優の勉強をするなら、声優専門の学校に通うのがおすすめです。

声優専門の学校ならオーディションや実技審査がないのが一般的なので、今まで声優の勉強をしたことがない人でも大丈夫です。

声優の専門学校に通うのは高校を卒業した後になるので、「高校卒業まで待てない」という人もいるかもしれません。

しかし、しっかり声優の勉強をしないままオーディションを受けると、不合格が続いて、自信がなくなってしまうかもしれません。

焦って高校生のうちからオーディションを受けようとするのではなく、しっかり声優の勉強をしてから、自信を持ってオーディションに挑戦することをおすすめします。

声優学科

高校生から声優を目指すオススメのルート

高校生の進路のイメージ
では最後に、いま高校生の人に伝えたい、声優を目指すのにオススメのルートを紹介します。

高校生のうちにやること

高校生のうちは、将来どんな声優になりたいかを考えるようにしましょう。
どんな作品に出たいのか、どんな演技をしたいのかを整理して、ゴールを決めておきます。

また将来活躍できる声優になるには、演技力以外も磨いておくといいでしょう。
たとえば英語が得意だったり、歴史に詳しかったり、他の人には負けない強みを持っておくと、将来声優としての仕事の幅が広がるかもしれません。

オーディションサイトを見て、どんな募集があるのか、審査には何が必要なのかチェックするのもタメになりますよ。

勉強は専門の学校で

高校を卒業した後は、声優専門の学校で勉強するのがオススメです。
もう説明した通り、声優養成所に入るにはオーディションがあることが多いのに対して、声優専門の学校にはそういったオーディションがほとんどないからです。

また声優専門の学校なら、将来どんな事務所にも入れる可能性があります。

声優養成所では、同じ会社の事務所に入るのが一般的ですが、声優専門の学校ならどこの事務所を目指すかは自由です。

自分のやりたいことができる事務所や強みを活かせる事務所を、専門の学校の先生に相談することもできます。
「気になる声優事務所がいくつかある」という人にもオススメですよ。

声優専門の学校を卒業した後、オーディションに挑戦!

声優専門の学校で勉強していくうちに、どの声優事務所を目指すべきなのかだんだん分かってきます。

お目当ての事務所が決まったら、付属の養成所に入るオーディションを受けましょう。
または、直接事務所に入るためのオーディションを受けられる可能性もあります。

どちらにしても、専門の学校を卒業する頃にはしっかりと実力がついているはずなので、自信を持ってオーディションを受けられるでしょう。

声優学科

まとめ

声優オーディションを受けるなら、しっかり実力をつけて自信を持ってからにするのがオススメです。

それでも、やっぱり高校生のうちから声優オーディションに挑戦したい!という人は、アミューズメントメディア総合学院のオープンキャンパスで、プロに実力を見てもらうこともできます。

イベントは日によって違うので、気になった人はオープンキャンパスのページをチェック!

高校生のうちからできることをどんどんやって、声優になる夢をぜひ叶えてくださいね。

声優オーディション情報の探し方!おすすめのサイトも紹介

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/