01. ご挨拶

理事長挨拶

吉田 尚剛 吉田 尚剛 アミューズメントメディア総合学院 理事長 われわれの最大の目的は卒業後の確かな進路です。 私たちは「制作現場こそ、最高の教育現場である。」という創立以来の教育理念を基に、「産学共同・現場実践教育」の実現のために教育環境を整えて参りました。本学院が掲げる「産学“共”同」は単なる企業に協力するだけの
「産学“協”同」ではありません。本学院では学内に制作部門を設け、本学院自らが作品制作できる体制を構築し、学生と学院そして企業が“共”に作品づくりを行っています。在校生はこれらの作品制作に参加することで実践的に学び、スキルアップし、就職・デビューに直結するチャンスを得ることができるのです。
また、アミューズメントメディア総合学院では在校生だけではなく、14,000名以上もの卒業生たちをより強力に支援するための「OB・OGネットワーク」を発足しました。皆さんが卒業してプロになった後も、第一線で活躍し続けるためにサポートできるのが、他校にはない、当学院ならではの強みです。
アミューズメントメディア総合学院は、これから夢の実現を目指す在校生と既に現場で活躍している卒業生を応援しつづけます。 私たちは、夢を、夢で終わらせません。

学院長挨拶

永森 裕二 永森 裕二 アミューズメントメディア総合学院 学院長 他校では真似のできない「産学共同・現場実践教育」 めまぐるしく変化するメディア環境のなかで、過去のノウハウを学ぶと同時に、一歩先を感じ取る感覚が求められる時代です。
クリエイターを目指す方々にとって、制作現場の生きた声に学ぶことは、技術と感性の両面で何にもまさる貴重な体験です。
アミューズメントメディア総合学院は、AMGグループの人材育成部門として、プロの制作現場に恵まれた環境を持つことで、より質の高い教育を実現して参りました。 加えて業界で活躍するプロデューサーやクリエイターで構成する学院スタッフ、業界との強いネットワーク。その総合的な環境が、最前線で活躍するクリエイターを数多く輩出してきた理由です。
また、当学院では卒業してプロになった皆さんを支援する「OB・OGネットワーク」を発足。これまで以上に、皆さんを強固にサポートできる体制が整いました。
変わって行くものと不変なものを見極め、人の心に届くクリエイターに成長していってほしい・・・アミューズメントメディア総合学院で学ぶ時間が、あなたの「夢」を実現する充実した第1歩となることを私たちは確信しています。

02. 教育理念

産学共同・現場実践教育

AMGの産学共同・現場実践教育により、学院と卒業生、在校生が “共” に作品を制作します。
「産学共同」の取り組みを通して、第一線で活躍する卒業生と共に、
作品を世に送り出しています。
その制作現場に、多数の在校生が参加。卒業生が、在校生を育てる環境を実現。
AMGと卒業生が共に「産学共同・現場実践教育」を推進しています。

AMG「在校生と卒業生にチャンスを提供。実践的に指導を行い、共に作品を作り上げます。」卒業生「 学院の作品制作に参加。共にプロのクリエイター活動を行います。」在校生「プロの制作現場を経験し、実践的に学ぶことでスキルUPするとともに、就職・デビューにつなげます。」

03. 学院概要・AMGグループ

学院名称 アミューズメントメディア総合学院
所在地 【本館】 〒150-0011 東京都渋谷区東 2-29-8
【新館】 〒150-0011 東京都渋谷区東 2-27-9
【2号館】 〒150-0011 東京都渋谷区東 2-14-14
【3号館】 〒150-0011 東京都渋谷区東 3-22-13
電話番号 0120-41-4600
理事長 吉田 尙剛
学院長 永森 裕二
事業目的
  • ●コンピューターソフトウェア、アニメーション、マンガ等の制作者の教育・育成
  • ●芸能家、音楽家、俳優、演芸家等芸能タレントの教育、育成及びそれらのマネージメント
  • ●各種カルチャー講座、レッスン教室等の運営及び各種教養講座の開催
  • ●教養、教育などの講座及び催事の運営
  • ●出版物、ゲームソフト及び映像ソフトの制作・販売
  • ●上記各号に付帯する一切の業務
姉妹校 大阪アミューズメントメディア専門学校
〒532-0011 大阪市淀川区西中島 3-12-19
電話番号: 0120-41-4648
グループ会社・関連企業 AMG エンタテインメント、AMG MUSIC、AMG STUDIO、AMGホール、
アットエンタテインメント(株)、アメイジング D.C、(株)プロダクション・エース、
AMGゲームス、AMG出版

産学共同・現場実践教育を実現するAMGグループ

産学共同・現場実践教育を実現するAMGグループ イメージ図

04. 歴史

  • 1994
    ●アミューズメントメディア総合学院はエンタテインメント業界の第一線で活躍できるクリエイター・タレントを輩出すべく“産学共同・現場実践教育”の教育理念を掲げ開校。
    ●“コンピューターゲーム科” “声優タレント科”の2学科に第1期生232名が入学。
  • 1995
    ●コンピュータゲーム・クリエイター科、ゲームグラフィック・CG アニメーション科、声優タレント科に第2期生が入学。在校生数が450名となる。
    ●社会人、大学生など幅広い層が学べるように夜間専科として“声優タレント専科” “コミック専科” “ノベルス専科”を新設。
  • 1996
    ●3月第1期生が卒業を迎え、業界へ羽ばたく。
    ●4月第3期生入学。当時としは最先端であったマルチメディアクリエイター科を開講。“コミック科” ( 現マンガ学科)を本科として開講。
  • 1997
    ●“ノベルス・ライター科”(現・ノベルス学科)開講
    ●産学共同:TVアニメ「吸血姫美夕」を製作。TV東京にて2クール(半年間)放映。学院がコンテンツの製作を本格化させる記念すべき第1作目となる。声優タレント学科在校生が声優として出演し話題となる。
    ●産学共同:セガのセガサターン用ゲームソフト「キューブバトラー」製作、発売
  • 1998
    ●大阪校開校第1期生205名を迎える。東京校・大阪校あわせて本科在校生数が1,000名を超える。
    ●ゲームクリエイター科をゲームプログラマーコース、ゲーム企画シナリオライターコース、ゲームグラフィッカーコースの3コースに細分化。より専門特化した教育を開始。
    ●東京校にて”アニメーター科(現 アニメーション学科)”開講
    ●産学共同:本格的フル3Dアニメーション「Malice@Doll」を製作開始。声優タレン ト学科の在校生が主演を務める。
  • 1999
    ●新館竣工。プロ仕様の音響スタジオを備えた声優タレント学科専用校舎が完成。
    ○AMGグループ:洋画買付、配給、DVD発売・販売を手掛けるグループ企業「アット エンタテインメント株式会社」を設立。声優タレント学科在校生・卒業生が出演する外画作品を毎年多数発売。
    ●産学共同:初代プレイステーション用ゲームソフト「ヴァンボーグ」製作、発売。
  • 2000
    ●大阪校第1期生卒業。以降、毎年関西からも多くのクリエイター、声優を輩出。
    ○AMGグループ:邦画製作、外画買付、配給、DVD発売・販売を手掛ける「株式会社フルメディア(現 AMGエンタテインメント)」を設立。現在の邦画製作の原点となる。
    ○AMGグループ:AMG スタジオが音響製作開始。声優タレント学科の「産学共同・現場実践教育」の体制が整う。在校生が出演するインターンシップが充実。
  • 2001
    ●産学共同:バンダイの携帯型ゲーム機ワンダースワン用ゲームソフト「幻想魔伝 最遊記」発売。
    ●産学共同:劇場アニメーション映画「ダイオキシンの夏」完成・公開
    ●産学共同:ベストセラー小説の映画化である「白い犬とワルツを」(主演・仲代達也)の製作に参加。
  • 2002
    ●東京校・大阪校の本科在校生数が 1,200 名を超える。
    ○AMGグループ:「AMGミュージック」スタート。ポッカレモンのTVCMの楽曲なども手掛け、続々とCDをリリース。
    ●産学共同:ゲームを原作とする「カナリア」の OVA を製作
  • 2003
    ●創立10周年を迎える。
    ○AMGグループ:実話を基にした感動作、映画「裸足の1,500マイル」配給。
    ●産学共同:劇場アニメーション映画「もも子、かえるの歌が聞こえるよ。」完成・公開。声優タレント学科在校生多数出演。大島ミチル氏によるサウンドトラックは AMGミュージックレーベルから発売。
  • 2004
    ●東京校にキャラクターデザイン学科を新設。現在の8学科体制が確立。
    ●東京校、大阪校の本科在校生数が1,300名となる
    ●産学共同:劇場アニメーション映画「ハードル」公開。ゆずが主題歌を担当。声優タレント学科在校生多数出演。
  • 2005
    ●産学共同:劇場アニメーション映画「ガラスのうさぎ」公開。アニメーション学科在校生がアニメーターとして制作に参加。声優タレント学科在校生多数出演。サウンドトラックは AMGミュージックレーベルから発売。
  • 2006
    ●産学共同:「AMG エンタテインメント」設立。名実ともに「教育」と「製作」の両輪を擁することとなる。AMG自らがコンテンツを製作、発信し、在校生がその制作現場に参加できる「産 学共同・現場実践教育」を実現する体制の礎が完成
    ●産学共同:記念すべき動物シリーズの第1弾「イヌゴエ」がこの年にテレビ放送、劇場映画公開。
    ●産学共同:AMG 出版工房が本格稼動を開始。「イヌゴエ」のテレビ版のシナリオで在校生がデビュー。
  • 2007
    ●大阪校キャラクターデザイン学科開講。
    ●産学共同:劇場アニメーション映画「大ちゃん、大好き」公開。声優タレント学科在校生、多数出演。
  • 2008
    ○AMGグループ:株式会社角川グループホールディングス(角川 GHD)と業務提携。同社と学院の出資で、声優プロダクション「株式会社プロダクション・エース」設立。
    ●産学共同:AMG 出版工房が手掛け、学院監修となるムック本「女の子キャラが思いどおりに描ける本」発売。以降、多数のムック本を手掛けることになる。
    ●産学共同:動物シリーズ第 2 弾「ネコナデ」がテレビ放送、劇場映画公開。
  • 2009
    ●東京校16期生、大阪校12期生を迎え、本科在校生数が1,500名を超える
    ●東京校で8学科の代表学生による、情報発信組織” 学生発信委員会” が活動を開始
    ○AMGグループ:2号館に「AMG ホール」を開設。様々なライブイベント、演劇公演、コンテンツ発表などエンタテインメントの発信の場となる常設の多目的ホール。
    ●産学共同:角川GHD提携アニメ第 1 作目として、ノベルス学科卒業生 雨木シュウスケ氏原作の「鋼殻のレギオス」をTVアニメ化。卒業生が声優として出演、AMGミュージックが音楽プ ロデュースを担当。
    ●産学共同:動物シリーズ第3弾「幼獣マメシバ」テレビ放送、劇場映画公開。
  • 2010
    ●学生数増加に伴い、東京校3号館の使用を開始。東京校は現在の本館、新館、2号館、3号館の4校舎体制となる。
    ●産学共同:動物シリーズ第4弾「ねこタクシー」テレビ放送、劇場映画公開。カンニング竹山氏主演で製作しスマッシュヒット。ノベライズ、シナリオ、キャラクターグッズ制作、コミック配信、出演、音楽制作など産学共同プロジェクトを展開。全学科におよぶ「産学共同・現場実践教育」を実現。
  • 2011
    ●産学共同:動物シリーズの5作目となる「犬飼さんちの犬」テレビ放送、劇場映画公開。同作品は、在学生の企画原案から生まれた産学共同作品。ノベライズ、シナリオ、キャラクターグッズデザイン、出演、音楽制作などを手掛ける。
    ●産学共同:ソーシャルネットワークゲーム「プリンセスプロダクション」リリース在校生がキャラクターデザイナー、開発スタッフ、声優として制作に参加。
  • 2012
    ●産学共同:動物シリーズ6作目「くろねこルーシー」テレビ放送、劇場映画公開。主演はドランクドラゴン塚地武雅氏。TV出演、ノベライズ、児童書、キャラクターグッズデザイン、コミカライズ、アプリ開発と多岐に亘る産学共同で、在校生・卒業生の活躍の場が益々拡充。
    ●産学共同:北原里英(AKB48/SKE48)主演映画「ジョーカーゲーム」公開。ノベルス学科卒業生が執筆した原作小説が大ヒット。声優タレント学科の在校生多数出演。小説内のイラストはキャラクターデザイン学科の在校生が担当。
    ●産学共同:ソーシャルネットワークゲーム「ガジェットガール」リリース。卒業生の人気キャラクターデザイナーを世界観設定に起用してリリース。
  • 2013
    ●創立20周年を迎える。OB・OG 名鑑発刊、OB・OGネットワーク発足など卒業生、在校生、AMG の互恵関係が強化される記念すべき年となる。
    ●東京校・大阪校の本科在校生数が1,700名を超え、専科生・AMGミュージックレッスン生まで合わせた在校生数は3,250名に達する。
    ●産学共同:角川GHD提携アニメ「生徒会の一存 Lv.2」放送。
    ●産学共同:在校生の夏期共同制作作品「メカロジック」をアークシステムワークス(株)と共同で商品化プロジェクト開始。
    ●産学共同:劇場アニメーション「ハル」とのコラボレーション企画「WIT Radio」配信。
  • 2014
    ●角川国際動漫教育 台湾で開校。KADOKAWA Contents Academy 株式会社と教育プログラムの構築面で業務提携。
    ○AMGグループ:コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム、アプリケーションの開発を担う「AMG ゲームス」設立。
    ○AMGグループ:大阪校に「AMG ホール」を開設。様々なライブイベント、演劇公演、コンテンツ発表などエンタテインメントの発信の場となる常設の多目的ホール。
    ●産学共同:AKB48の入山杏奈主演、人気ゲームが原作の映画「青鬼」公開。在校生が出演。主題歌の制作をAMGミュージックが手掛ける。
    ●産学共同:鈴木京香主演の映画「救いたい」公開。同作が、東京国際映画祭 2014 に正式招待される快挙。小説版の執筆を卒業生が手掛ける。
    ●産学共同:北村一輝主演の動物シリーズ「猫侍」テレビ放送、劇場映画公開。在校生が出演、歌唱、ノベライズを手掛ける。主題歌の制作をAMGミュージックが担当。
    ●産学共同:AMG出版から「婚活刑事 花田米子の絶叫」などオリジナル小説を多数刊行。卒業生が小説本文、卒業生がイラストを手掛ける。
    ●産学共同:アークシステムワークス(株)と進めていた商品化プロジェクトからニンテンドー 3DS ソフト「といてすすんで!なぞときキャッスル」(旧名メカロジック)が発売。
    ●産学共同:佐藤二朗主演の動物シリーズ「幼獣マメシバ 望郷篇」テレビ放送、劇場映画公開。在校生が出演、ノベライズを手掛ける。
    ●産学共同:土屋太鳳主演の映画「人狼ゲーム ビーストサイド」公開。原作小説のカバーイラストと挿絵を卒業生が担当。
    ●産学共同:AMG ゲームスから PS Vita 対応ゲーム「インフィニタ・ストラーダ」発売。在校生・卒業生がゲーム開発、声優として出演。
  • 2015
    ○AMGグループ:アミューズメントメディア総合学院独自の書籍レーベル「AMG ブックス」立ち上げ。
    ●学生数増加に伴い、東京校3号館がより規模の大きい建物へ移転。
    ●産学共同:学院が製作協力し、卒業生が手掛けるTVアニメ「ローリング☆ガールズ」が放送。在校生が声優として出演。
    ●産学共同:卒業生のライトノベル「アブソリュート・デュオ」(MF文庫J)を、卒業生がアニメ化。学院がアニメ製作に参加し、在校生が声優として出演。ゲーム版をAMGゲームスからリリース、在校生が開発に参加。
    ●産学共同:AMG ゲームスからアプリ版「人狼ゲーム(通常版・乙女版)」発売。在校生・卒業生がアプリを開発、声優として出演。
    ●産学共同:中川大志主演の映画「青鬼 ver.2.0」公開。在校生が出演。主題歌の制作を AMGミュージックが担当。
    ●産学共同:北村一輝主演の動物シリーズ「猫侍 SEASON2」テレビ放送、劇場映画公開。在校生が出演、イラスト、ノベライズを手掛ける。主題歌の制作をAMGミュージックが担当。
    ●産学共同:AMGブックスの第1弾となる小説「猫侍 久太郎、江戸に帰る」、第2弾となる「猫侍 玉之丞、争奪戦」発売。在校生が執筆を手掛ける。
    ●産学共同:オリジナル小説「婚活刑事」シリーズが、日本テレビ系列でドラマ化。
    ●産学共同:「ドラゴンクエスト XI」などビッグタイトルに採用された Unreal Engine 4を使用したゲーム開発プロジェクト「アンリアルチャレンジ」から3作品をリリース。
    ●産学共同:高月彩良主演の映画「人狼ゲーム クレイジーフォックス」公開。原作のカバーイラストと挿絵を卒業生が手掛ける。在校生がメインキャストとして出演。
    ●産学共同:山本舞香主演の映画「桜ノ雨」(2016年3月公開予定)が東京国際映画祭2015に正式招待。2年連続招待の快挙。
  • 2016
    ●大阪校が学校法人として独立し、大阪アミューズメントメディア専門学校となる。
    ●産学共同:Unreal Engine 4を使用したゲーム開発プロジェクト「アンリアルチャレンジ」が、教育機関向け「DEV GRANTS(デヴグランツ)」で日本初の受賞を果たし、助成金を獲得。
    ●産学共同:在校生が開発した“アンリアルチャレンジ「風船と少年とイソギンチャク 空へ昇る」”が第9回福岡ゲームコンテスト優秀賞・TSUKUMO賞をW受賞。
    ●産学共同:AMGゲームスからスマホ対応アプリ「玉之丞といっしょ」「玉之丞のおでかけ」リリース。在校生、卒業生が開発。
    ●産学共同:小島梨里杏主演「人狼ゲーム プリズンブレイク」劇場映画公開。在校生がメインキャストとして出演。主題歌をAMGミュージックが制作。
    ●産学共同:森川智之出演「帝王森山とボイトレ男子」ラジオ放送、ニコ生配信。在校生、卒業生が出演。卒業生がキャラクターデザインを担当。構成・主題歌・キャラクターソングをAMGミュージックが制作。
    ●産学共同:春名風花主演の3DCGアニメ「みつばちマーヤの大冒険」劇場映画公開。在校生が多数出演。日本語版の主題歌をAMGミュージックが制作。
    ●産学共同:田中直樹(ココリコ)主演「猫侍 玉之丞 江戸へ行く」テレビ放送。在校生が多数出演。在校生がノベライズを担当。主題歌をAMGミュージックが制作。
    ●産学共同:山谷花純主演「シンデレラ・ゲーム」劇場映画公開。在校生がメインキャストとして出演。主題歌をAMGミュージックが制作。
    ●産学共同:AMG出版から「物念世界」「佐藤二朗なう」など小説をはじめとする書籍を多数刊行。在校生、卒業生が執筆・イラストを手掛ける。
    ●産学共同:実業之日本社から小説「戦飯」「はだかのパン屋さん」など多数刊行。在校生、卒業生が執筆・イラストを手掛けた。
    ●産学共同:竹書房から小説「人狼ゲームLOVERS」刊行、卒業生がカバーイラスト・挿絵を担当。コミカライズ「人狼ゲーム ビーストサイド」1・2巻刊行、卒業生が雑誌「キスカ」で連載。
    ●産学共同:廣済堂出版から「マンガキャラの着こなし図鑑 女子編」刊行。在校生、卒業生が多数のイラストを担当。