正しい発声方法って?練習方法について解説

正しい発声方法って?

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。
発声練習は、歌手など声を使った職業を志している人だけでなく、既に活躍している人にとっても、とても大事な基礎訓練と言えます。
ですが、間違えた発声練習を行っている場合、かえって喉を痛めてしまうケースがよくあるのをご存知でしょうか。
ここでは、正しい発声法をマスターするための発声練習について、詳細な情報をご紹介します。

 

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

 

発声方法が歌ううえで大切な理由

喉を痛めずに済む

先ほども述べたように、間違えた発声方法は喉を痛める原因となります。
そのため、正しい発声を常日頃から行う事が、とても大事になってくるのです。
そもそも正しい発声というのは、呼吸や姿勢などが複合的に関わっているので、喉などに力を入れずとも、自然に響きの良い声が出てきます。
ですので、正しい発声ができるようになれば、無理に喉だけを酷使する事がなくなるため、喉を痛めずに済むようになります。

長時間歌う事が可能になる

正しい発声方法を実践する事で、喉だけに負担が掛かる事がないため、個人差はありますが、長時間歌う事が可能になります。
また、プロの歌手は声帯や呼吸などを効率よく行使しながら発声している人が多く、そういった部分も、長時間歌える要因となっています。
発声に必要な部分を効率よく行使するのは困難かもしれませんが、これはある意味で発展的な技術の取得と言えます。
さすがに限界を超えたら歌えなくなりますが、正しい発声をする事で、限界に至りにくくなるので、ぜひ正しい発声法を習得してほしいです。

自分が出せる音域が広がる

自分が出せる音域が広がる
1つ注意してほしいのですが、正しい発声方法を実践しているからといって、出せる音域が広がるわけではありません。
ですが、間違った発声をしていると、そもそもとして音域を広げる練習が上手くいかず、喉を痛める原因になってしまいます。
そのため、正しい発声を行なったうえで音域を広げる練習をする事が、大事なポイントになります。
順序としては、正しい方法で発声が自然とできるようになってから、自分の音域をしっかり把握したうえでゆっくりと広げる練習をする、というのがベストになります。

声優学科

正しい発声方法をマスターする為のポイント

呼吸方法を意識する

正しい発声方法をマスターするには、呼吸方法を胸式ではなく腹式にする事が大事です。
胸式呼吸で発声する場合は、どうしても上半身を中心に力が入ってしまい、なおかつ吐ける息の量が少ないため、響きのある声が出しにくくなります。
反対に腹式呼吸で発声する場合は、吐ける息の量が多い上に余計な力が入りにくいため、自然に響きのある声が出せやすくなるのです。
そのため、腹式呼吸を常に意識する事が、正しい発声方法をマスターできる秘訣の1つになります。

喉と舌の力を抜く

喉と舌の力を抜く事も正しい発声方法をマスターする秘訣になりますので、発声する時には、それらを抜く事を意識しましょう。
喉に無理に力を入れると、いわゆる力任せの喉声が出てしまうため、思った以上に声は響きません。
また舌に力を入れてしまうと、声の通り道がきちんと作れないどころか、声を響かせる事を疎外してしまいます。
そのため、正しい発声をするうえでは喉と舌の力を抜く事も、大事なポイントになるのです。

口の開き方を意識する

口の開き方を意識する
もちろんですが、口の開き方が小さいと大きな声は出ません。
反対に口を開き過ぎて発声している状態は、口に力を入れているという事になります。
舌や喉と同様に、口に余計な力が入っていると、響きのある声を出せる確率が下がる要因になってしまうので。
そのため、小さ過ぎず、かと言って大きすぎない程度に口の開き方を意識する事も、マスターする秘訣になります。

声優学科

正しい発声方法の練習方法

腹式呼吸の練習

腹式呼吸は立ちながらでも練習できますが、実は立っている際はバランスを保つために、下半身などに微妙な力が加わっているのです。
そのため、腹式呼吸を練習する最初のうちは、お腹を意識するために仰向けで練習しましょう。
そもそも腹式呼吸とは、息を吸い込んだ際にお腹が膨らむ呼吸のことを言います。
練習をする際には、お腹が膨らむように息を吸い、吐くときにお腹がしぼむイメージを持ちましょう。
大事なポイントとしては、息を吸って吐く時にお腹以外の部分、特に胸や肩を動かさないようにすることです。

腹式呼吸の正しい発声について詳しくはこちら

リップロールの練習

リップロールとは、口を閉じた状態で息を吐き出しながらリップ(唇)を震わせる、発声練習の方法の1つです。
脱力した状態でないと唇は震えないため、まずはバランスの取れた姿勢を取ることが重要になります。
唇が震えるようになったら、次はできるだけ長く震えさせるようにしましょう。
長く震えるというのは、息を吐き出す量が一定になっていることを示しているからです。
それができるようになったら、次は上級者向けとして、高い音や低い音を出しながらリップロールをしましょう。
リップロールをしている状態だと、音程は声帯でコントロールしなければなりません。
この技術は一朝一夕で身に付くものではありませんが、マスターするようになれば、力を敢えて入れなくても、発声する時に、声帯を効率的に行使することができます。
リップロールは基本的な発声練習の1つに数えられてもいるので、ぜひマスターしてほしいです。

リップロールの練習方法について詳しくはこちら

喉を開かせる練習

喉をきちんと開いた状態での発声ができれば、それは余計な力が入っていないということになります。反対に、例えば高いキー音を出そうとすると、自然に喉に力が入ってしまうため、開いた状態とは言い難いです。
そのため、どの音程でも喉に力を入れずに喉を開かせて発声をする必要があります。
具体的な練習方法としては、まずはリラックスしながら喉仏の位置を確認しましょう。
次に、口の奥を開きながら口蓋垂を上げ、喉仏を極力動かさないようにしましょう。
喉が開けば喉仏は下がりますので、そのままの状態で「ウー」と発声してみましょう。
その次に、高音域に当たる「オー」や「マー」も発声してみましょう。
それでも喉仏が下がった状態であれば、きちんと喉を開いた発声ができたという事になります。

上級者向けとして、喉を開いた状態と喉を閉めた状態、それぞれの発声を比較してみましょう。
それぞれの使い分けをコントロールできるようになれば、声質を自由にコントロールさせることができる、という事になります。
また、喉を開かせることで喉に負担が掛かりにくくなるため、そういった意味でも、喉を開かせる練習はしておいても損はありません。

声優学科

まとめ

正しい発声方法をマスターするには、ただひたすらに練習あるのみです。
歌手や声優などを目指すうえで、この道は避けてとおれません。
腹式呼吸やリップロール、そして喉を開かせることができるようになれば、一段とレベルアップすることができます。
長く歌いたい、響きのある声を出したい、効率的に発声したいという方は、ぜひ練習の参考にしていただければと思います。

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/