ボイスサンプルの作り方は?流れや方法をご紹介

声優オーディションのボイスサンプルのイメージ

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。
声優のオーディションを受ける際に必要になるボイスサンプル。
皆さんはこのボイスサンプルの作り方をご存知ですか?

「有名声優のボイスサンプルは聞いた事があるけど、どうやって作っているんだろう?」
「ボイスサンプルの作り方は知っているけど、必要なマイクとか機材までは知らない…」
「そもそもボイスサンプルって自宅でも作れるの?」
という方も多いのではないでしょうか?

今回は、ボイスサンプルの作り方や自宅でボイスサンプルを録音する際に必要な機材について解説します。

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

ボイスサンプルを作る流れ

ボイスサンプルを作るイメージボイスサンプルの作り方は、原稿の用意・練習・録音の3段階に分かれます。

原稿の用意をする前に、自分がどんなキャラクターに向いているのか、どんな声を演じるのが得意なのか、自分の声の特性はどんなものかを知っておくと、原稿の用意から録音までスムーズに進みます。

原稿を用意する

まずは原稿を用意しましょう。
自分の魅力を最大限活かせる原稿を探します。

ナレーターを目指しているのであればナレーション用の原稿を、アニメ声優を目指しているのであればキャラクターの原稿を多めに用意してください。
原稿はネットで探すと様々な種類のものがありますので、自分に合った原稿を探しましょう。

原稿を探す時の注意点として、自己紹介を含め2分以内で終わるようにすると、聞いている側も飽きずに最後まで聞くことができます。

練習する

原稿が決まったら早速練習を始めましょう。
練習中は自分の声を録音して、必ず聞き返してください。
そうすることで、改善点や反省すべき点が見えてきます。

ボイスサンプルを作るうえで一番大事なことは、『自分の個性をいかに相手に伝えられるか』です。
あなたしか持っていない個性を存分に発揮してください。

2分間の短い時間であなたが持つ個性を相手に伝え、相手にもう少し聞きたいと思わせるようなボイスサンプルが出来上がれば上出来です。

録音する場所を決める

録音する場所はできるだけ静かな場所を選びましょう。
自宅で録音する場合、家族の声やインターホンの音など予期せぬ音が入ってしまう場合がありますので注意してください。

また、オーディション用のボイスサンプルを作る場合、より良いマイク、より静かな場所、できればプロの手で自分の声を録音してもらいたいですよね。
その場合は思い切ってスタジオを利用しましょう。

ボイスサンプルはクオリティを求められるので、「プロの声優と同じ環境で録音する」のがおすすめです。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科なら、声優としての実力をつけながら、プロが使用する機材を使ってのレコーディングができます。

在学中に75社を超えるプロダクションのオーディションを受けられるので、ボイスサンプルだけでなく、オーディション対策もバッチリです。

プロの声優デビューを目指すなら、まずは無料の資料請求をしてみてくださいね。

アミューズメントメディア総合学院 声優学科オーディション

ボイスサンプルを録音する場所

ボイスサンプルは自宅やスタジオで録音できます。

自宅でボイスサンプルを録音する場合、機材を全て自分で用意しないといけないのでハードルはぐっと高くなりますが、スタジオでボイスサンプルを録音するのであれば、きちんとした機材を使いプロの手によって録音することが可能です。

スタジオ

よりよい環境とプロの手で録音してほしいのであれば、迷わずスタジオで録音しましょう。

スタジオには音声収録に最適なマイクが用意されており、プロの手によって完成度の高いボイスサンプルに仕上げてもらえます。

スタジオによっては有料でボイスサンプルにBGMも付けてもらえるので、聞く側も飽きにくいボイスサンプルを作ることができます。

「遠方に住んでいてスタジオまで足を運ぶのが難しい」という場合もありますよね。
その場合は自宅で録音したボイスサンプルの音声データを送ると、リップノイズの除去や音割れの修正などをしてくれるサービスもあるのでそちらをオススメします。

自宅

自宅で録音する場合にはパソコンと機材が必要になります。
1から揃えるのはお金も掛かりますし、周りのノイズ対策や部屋の音の響きやすさなど様々なことを考慮しなければなりません。

機材に関しても、ボイスサンプルを録音する練習としてスマホの録音アプリなどを使用する分には問題ありませんが、オーディションなどで使う大切なボイスサンプルはきちんとした機材で録音するに越したことはありません。

また、場所や機材にこだわるのも大切ですが、もっと重要なのは「プロの声優としての実力」をつけることです。

実力をつけるならアミューズメントメディア総合学院の声優学科がおすすめ!

プロの声優から直接アドバイスをもらうことで実力をつけることができるので、卒業後の声優プロダクション直接所属率は67.7%※を誇っています!
※2019年の実績

声優としてデビューしたいなら、オンライン学校説明会や無料の資料請求を検討してみてくださいね。

アミューズメントメディア総合学院 声優学科オーディション

自宅で録音する時に必要な機材

ボイスサンプルを録音するイメージ自宅で録音する時に必要な機材は、ヘッドホン・マイク・マイクスタンド・オーディオインターフェース・録音ソフトの5つです。

録音ソフトはパソコンにインストールして使うので、パソコンを持っていない方はパソコンも用意する必要があります。

ヘッドホン

ヘッドホンは自分の録音した声を確認するために必要になります。
ヘッドホンは『モニターヘッドホン』を用意できるとよいです。

モニターヘッドホンとは音響のプロが使用するヘッドホンで、普通のヘッドホンよりも音が録音した通りに聞こえます。

普通のヘッドホンは、音がより良く聞こえるように設計されているため、自分の本来の声を確かめたい場合はモニターヘッドホンを用意しましょう。

マイク

マイクは大きく2つに分けると『ダイナミックマイク』と『コンデンサーマイク』があります。

ダイナミックマイクは耐久性に優れ、ノイズを拾いにくいですが、コンデンサーマイクに比べ録音した時の音質は劣ります。

一方コンデンサーマイクは、繊細で湿気にも弱く、ノイズも拾いやすいので取り扱いの難しいマイクですが、録音した時の音質はかなり良いものになります。

マイク単体だけ購入しても録音はできませんので、マイク本体の他にマイクスタンドやマイクケーブル、リップノイズを防ぐポップガードも一緒に購入する必要があります。

録音ソフト

録音ソフトは様々なものがありますが、スタジオでも多く使われている『PRO TOOLS』がオススメです。

こちらは有料版と無料版がありますが、無料版でも十分な性能を発揮するので無料版をパソコンにダウンロードしましょう。

オーディオインターフェース

オーディオインターフェースとは、マイクに入った音をパソコンに録音するために使います。

オーディオインターフェースはノイズを除去し音質を良くしてくれる機材なので、自宅でボイスサンプルを録音する際には必ず用意しましょう。

ボイスサンプルはただ闇雲に録れば良いわけではなく、自分の実力を魅せるためのものでとても大切です。

実力がなければ録っても無駄に終わってしまうので、まずはアミューズメントメディア総合学院の声優学科に通って、自分のスキルを磨いてみてはいかがでしょうか。

在学中からプロの声優としてインターンシップに参加することで実力を身につけられるので、卒業後のプロダクション直接所属・養成所合格率は98.6%※です!
※2019年実績

プロの声優として活躍したいなら、まずは無料の資料請求をしてみてくださいね。

アミューズメントメディア総合学院 声優学科オーディション

声優にとって録音環境は重要

オーディションで使うボイスサンプルの作り方を解説しましたが、声優を目指すには録音環境はかなり重要になります。

自宅でボイスサンプルを録音しようとすると、機材にお金が掛かってしまい、理想的ではない録音環境で録音し、慣れない編集まで自分一人でやらなければなりません。

アミューズメントメディア総合学院であれば、整った録音環境と高性能な機材でボイスサンプルを録音することができます。
また、発声の基礎や表現の基礎、朗読、演技基礎など、ボイスサンプルを作るにあたって欠かせない技術を学ぶことができます。

ボイスサンプルを自分で作る前に是非一度、体験入学や説明会をお申込みください。

声優は未経験では厳しい?!オーディションのからくり

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/