声優の仕事とは具体的に何か?

声優の適性とは?

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。
声優の仕事にどのようなものがあるかということは、声優を目指している人であれば大体知っているかもしれません。

具体的な仕事内容は分かっていても、では声優の仕事にはどのような特徴があるのかなどということは、意外と知らない人も多いのではないかと思います。

ここでは、声優とはどのような仕事なのかという、概要的な観点から声優という仕事についてお話ししていきたいと思います。

 
 

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

声優はどんな仕事?

声優の仕事といえば、アニメの登場人物に声をあてるというのが一般的な認識だと思います。

声優志望の方であれば知っているかもしれませんが、声優はそのほかにも海外の映画やドラマの日本語吹き替えだったり、近年その市場規模を急速に拡大しているゲームにおいてキャラクターの声を担当していたり、またラジオパーソナリティやナレーション、アナウンスなどといった仕事まで、幅広い分野で活躍していますよね。

最近では日本のアニメが世界から注目を浴びていたり、アニメキャラクターの声を担当した声優がその人気ゆえに顔を出して歌手活動をしたりなど、声優やアニメの存在感はどんどん増しています。

声優学科

声優の仕事が向いている人とは?

声優の仕事にはどのような人が向いているのでしょうか。

声優を目指す上で、自分が向いているのかどうかは気になってしまいますよね。

ここでは声優の仕事が向いている人とはどんな人なのか、詳しく見ていきましょう。

演技をするのが好きな人

声優の仕事の中心は、アニメのキャラクターの声や外国映画の吹き替えなどであり、それらは総じて”演じる仕事”であると言えます。

また声優の演技の特徴として、声だけで全てを表現しなくてはいけないということがあります。

映像俳優の場合は体の動きや表情などでの表現も可能ですが、声優の場合は体や表情を見せることができないのです。

つまり、声優は声ひとつに非常に多くの情報を乗せる必要があります。
そのため声優の演技は、映像俳優の演技と比べてとても「演技している」感じの強いものになりやすいです。

これはドラマや映画でアニメキャラクターのような話し方をする人が登場するのを想像してみると、その違和感が分かるかと思います。

そのことから、演技をするのが好きな人でなければ声優の仕事をこなすことは難しいかもしれません。

コミュニケーションをとるのが上手な人

声優の仕事は決して一人で完結させることはできません。

声優の仕事の現場では、周囲の監督やスタッフ、自分以外の出演者などたくさんの人と協力して一つの作品を作り上げていくのです。

監督やスタッフの方々とのコミュニケーションはもちろん必要ですが、共演者の人たちとのコミュニケーションも演技をする上でとても重要になります。

作品を作っていく中で、声優は監督など演出陣から様々な注文を受けます。

演出陣の求めていることをいち早く察知し、それに即した正しい対応ができれば現場が円滑に進むでしょう。

また共演する声優同士でしっかりとしたコミュニケーションをとることができれば、芝居の中でも息の合った掛け合いができるため、より良い芝居を作っていくことができるはずです。

意志が強い人

声優は芸能の仕事であり、プロとして成功するのは決して簡単なことではありません。

特に近年は職業としての「声優」の人気が高まっており、第一線で活躍できるのはほんの一握りの声優のみになります。

そんな世界で闘っていく上で、何よりも無くしてはいけないのは「声優の仕事で成功したい」という意志です。

声優を目指し始めた頃は強い意志を持っていたとしても、経験を積みながら年を重ねていくうちにだんだんとその意思が弱くなっていってしまう声優は非常に多いです。

芸能の世界は成功してしまえば華やかですが、下積みの時代は地味で苦労が絶えません。

そんな中で初志貫徹して意志を貫き通せる人こそが、プロの声優として成功できる人間なのではないでしょうか。

また、本気でプロの声優として仕事をしていきたいなら、現役の声優から直接レッスンを受けて実力を身につける方法がおすすめです。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科、声優・オンライン専科では、活躍中のプロの声優が講師なので、効率的なスキルアップが可能!

なんと、卒業時までのプロダクション直接所属率は67.7%※を誇っています。
※2019年実績

まずはぜひ無料の資料請求からチェックしてみてくださいね。

声優学科

声優の仕事が向かない人とは?

声優に向かない人とは?声優の仕事が向いている人についてお話ししてきましたが、それでは反対に声優の仕事が向かない人とはどのような人なのでしょうか。
ここで詳しく見ていきましょう。

努力が苦手な人

声優という仕事は特殊であり、そのためスキルの向上やキャリアアップのためには相当な努力が必要です。

そのため、努力することが苦手な人にはあまり向いているとは言えません。

「声優の仕事で成功しよう」と意気込みを持ってこの世界に足を踏み入れたものの、なかなか結果がついて来ずにやめてしまう人というのもちらほらいます。

結果が出るまでに時間がかかることが多い仕事ではありますが、自分の好きなことや夢のために努力することのできる人こそ声優に向いているのです。

演技に対する苦手意識の強い人

声優の仕事を一言で表すと、「声で演技をする人」です。

声自体の魅力や滑舌などももちろん大切ですが、それよりもまず演技ができなくては声優の仕事はどうしても務まりません。

そのため、演技をすることに対して強い苦手意識がある人はあまり声優という仕事には向いていないかもしれません。

ただし声優を目指し始める段階で「演技があまり得意ではないから……」と不安に思って足踏みしてしまう必要もないでしょう。
演技は努力次第でどこまでも上達することができるものです。

はじめのうちはなかなか思うような演技ができず、自信を失ってしまうこともあるかもしれませんが、「演技がこの世の何よりも苦手だ」というほどの人でなければ目指してみる価値のある仕事です。

今はまだ声優になれるか自信がないなら、プロの声優に直接アドバイスをもらって磨くべき部分を教えてもらうのが一番です。

おすすめしたいのは、アミューズメントメディア総合学院の声優学科、声優・オンライン専科で、プロの声優から直接レッスンを受けながら実力を磨く方法です。

更に、学内で75社を超えるプロダクションのオーディションに参加することもできるので、自分に合ったプロダクションを探すことが可能です!

まずは無料の資料請求から確認してみてくださいね。

声優学科

まとめ

声優の仕事はアニメだけにとどまらず、吹き替え作品やゲーム、ナレーションやアナウンスなど非常に幅広いです。

声優の仕事の適性は、ぜひ自分と照らし合わせて確認しておきたいところですね。

また、向いている人の条件だけでなく、どういう人が向いていないのかという点も確認しておくことが望ましいでしょう。

声優になるための方法はこちら

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/