⇒7/17更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

ニュース

株式会社ジーンに内定した三輪 優斗さん ロングインタビュー

株式会社ジーンに、在校生が内定をいただきました!内定者であるゲームプログラマー学科・三輪 優斗さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

今後のことが決まった安心感はありました。入社までにもっとプログラムを出来るようにしなければ、とも思いました。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

小さいころからゲームが好きだったこと、また自分が楽しめてかつ他人を楽しませるような仕事がしたいと思っており、進路を考えたときにゲーム開発に関わりたいと思うようになったからです。

Q3.入学を決めたのはなぜですか?

オープンキャンパスに来た時に、授業の楽しさや、早く自立したかったので二年制のカリキュラムに惹かれました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

まったくありません。パソコンすら学校の授業で触れる程度でした。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

ゲームが好きな人が集まるので、似通った趣味の人が多く、すぐに友達ができます。講師の先生が面白おかしく授業をしてくれるので、楽しくプログラムを学べます。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

一番最初の西田先生の授業はとてもインパクトがありました。

Q7.入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

初めてのゲーム制作で、チームとして一つのモノを作り上げる大変さを学べました。プログラムよりも人間関係の方で悩むことが多かったように思います。

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。

初めて自分たちの力で作り上げたゲームを実際にプレイしてもらって、好評だったときはやはり嬉しかったです。より面白いゲームを作れるようになりたいとも思いました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

就職サポートをしてくださっている先生が積極的に関わってくださったことです。応募書類の添削や面接練習等、大変お世話になりました。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

より多くの人に楽しんでもらえるようなゲームを作りたいと思います。そのためにも自分のプログラム力はもっと付けていきたいです。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

「15分考えて分からなければすぐに聞く」と良いと思います。自分の力をつけるための質問は積極的に。聞くことは恥ずかしいことではありません。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

三輪さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる