アニメーション学科 アニメーターコース

経験ゼロからプロのアニメーターに

『元々絵が得意な人だけが、アニメーターを目指せる』そんなことはありません! AMG のアニメー
ション学科は絵を苦手としている人も多く入学し、2年間「作画」「演出」「パース」「デッサン」を
バランス良くしっかりと学ぶことで実力を付け、業界に巣立ち、アニメーターとして活躍しています。

アニメーターコースのポイント

  • point01

    基礎画力をアップさせるために

    基礎画力の向上のためには、形の捉え方、物の観察力を身に付ける必要性があります。デッサンの講義では、クロッキーを中心に素早くモノの形を取る訓練を行います。また、アウトライン(線)で構成されているアニメキャラを描くには、明暗で描き分けられたデッサン・クロッキーの絵を、線のみで表現する力も必須となるため、キャラクターを描くことも積極的に行っています。初心者でも基本から段階を経て学習することで、画力の向上が可能になります。

  • point02

    「動かす力」をつける

    アニメーションは”静止画”ではなく”動画”です。一枚の絵として魅せる技量も必要ですが、やはりキャラクターやモノをいきいきと動かす技術が必要です。作画の講義では、最初はシンプルなキャラクターにて、「歩き」「走り」「振り向き」と言われる動きの基本を学習します。そして、段々とパーツの多い複雑なキャラクターを動かせるようステップアップしていきます。

  • point03

    デジタル技法も習得

    アニメーター志望としても、大勢の人々と一つの作品を制作するには、作画以外の作業工程と内容についても知っておく必要があります。デジタルの講義では、作画に着色するための「RETASSTUDIO」、背景を描くための「Photoshop」、撮影に必「AfterEffects」、映像編集をするための「Premiere」などのソフトを学習します。また、作画としてもペンタブレットで描いていくデジタル作画が現場でも活躍している事からデジタル作画として必要な学習もします。

カリキュラム

  • デッサン
    • 静物I
    • クロッキーI
    • キャラクター描写I
  • 作画
    • 動画I
    • キャラクター描写I
    • EFX I( 特殊効果)
    • 動物I( 描画動画)
    • メカI( 描画・動画)
  • 企画・構成
    • 企画
    • 世界観構成
    • シリーズ構成
    • シナリオ技術
  • 演出
    • 映像解析I
    • カメラワーク
    • 絵コンテI
    • レイアウトI
    • 演出技法I
  • デジタル
    • RETAS STUDIO( ペイント)
    • Photoshop( 背景)
    • After Effects(撮影)
    • Premiere(編集)
  • 美術パース
    • 一点透視
    • 二点透視
    • 三点透視
    • カラーイラスト
    • 美術背景
  • 作品制作
  • 自主制作
  • デッサン
    • 静物II
    • クロッキーII
    • キャラクター描写II
  • 作画
    • 動画II
    • キャラクター描写II
    • EFX II(特殊効果)
    • 動物II(描画・動画)
    • メカII(描画・動画)
  • 演出
    • 映像解析II
    • 演出技法II
  • デジタル
    • RETAS STUDIO(ペイント)
    • Photoshop(背景)
    • After Effects(撮影)
    • Premiere(編集)
  • 美術パース
    • 透視図法(応用)
    • 美術背景II
  • 個人制作
  • 卒業制作
  • 1.作画

    キャラクターなどを動かす技法を学ぶ

  • 2.デジタル

    アニメーションに必要なソフトの基礎を学ぶ

  • 3.デッサン

    人物クロッキー・静物デッサンを学ぶ

  • 4.演出

    絵コンテ・カメラワーク・色彩設計などを学ぶ

  • 5.美術パース

    遠近法・色彩・背景描写を学ぶ

目指せる職業

アニメーター(動画・原画・作画監督・キャラクターデザイン)
彩色・デジタルペインター・撮影・背景美術など

アニメ監督・演出コースを見る

実践カリキュラム

プロと同じ環境で学ぶ!

プロと同じアニメの制作工程を、創りながら学ぶ。肌で触れる。現場の空気を感じる。

講師は全員、現役のプロ!

第一線で活躍中のプロが直接指導。現場で培ったノウハウをあなたに伝えます。
少人数制で講師と学生の距離が近いから、一人ひとりに合った指導を行うことができます。
ここで出会った講師たちは、アニメーション業界でこれから“共に作品を創る仲間”でもあります。

アニメスタジオ「スタジオMAX」
代表取締役

内田順久

担当講義

作画技術

PROFILE

アニメスタジオ「スタジオMAX」代表取締役
「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZ Z 」
メカニカル作画監督をはじめ、「獣神ライガー」など数々の作品でキャラクターデザイン、作画監督を務める。

背景美術会社、「スタジオパインウッド」
代表取締役

工藤ただし

担当講義

美術パース

PROFILE

背景美術会社、「スタジオパインウッド」代表取締役
「劇場版るろうに剣心 維新志士への鎮魂歌」 「ピカチュウの夏休み」「刀語」「アルスラーン戦記」など、数々の有名作品で美術監督を務める。

アニメーション監督

西村 純二

担当講義

演出技法

PROFILE

セルアニメの時代よりアニメーション監督、演出、シナリオを手掛け現在に至る。
「プロゴルファー猿」(初監督作品)、「らんま1/2熱闘編」( ※3代目監督、第70話から第143話まで)「逮捕しちゃうぞ」シリーズ、「今日から○マ王! 」シリーズ、「true tears」「グラスリップ」「ばくおん」など数々の人気作品を手掛ける。

アニメーション作家、イラストレーター

城井 文

担当講義

個人制作

PROFILE

アニメーション作家、イラストレーター
東京芸術大学出身。C I N A N I M A 入選、
B A C A - J A 1 9 9 6 最優秀賞受賞など。
原作・秋元康「象の背中」アニメーションD V D 。
ふるさと再生日本の昔話「凍った声」(テレビ東京)。
CMアステラス製薬「僕は、ステラスのくすり。」シリーズなど。

講師をもっと見る

充実した専門の就職サポート

学生一人ひとりに合わせて徹底サポート!

アニメーション業界との密接なネットワークにより、常に最新の求人・就職情報を入手しています。
また、専任のキャリアセンタースタッフが常駐し、
一人ひとりの適性を見極め、丁寧できめ細やかな指導を行っています。

キャリアセンタースタッフ紹介

  • 岩間 理一

  • 早川 大樹

  • 伊藤 成美

  • デビュー・就職実績

アニメーション学科Q&A

もっと知りたい
「心配…」「気になる!」など良くいただく質問をまとめました。

  • Q1 絵をまったく描いたことのない初心者ですが、
    入学できますか?

    答えを見る

    「学びたい」という意欲を第一に考えていますので、実技試験等は設けていません。講師の指導と練習で実力を付けていきましょう。初心者の方がほとんどですので、心配いりません。
  • Q2 アニメーション業界を目指せるのは、何歳位までですか?

    閉じる

    多くの方が18歳~20代中頃で入学し、2年間学んでから就職されています。各社の方針や考えにもよるのですが、一般企業ほど年齢に制限がない傾向があります。30歳前後で就職される方もいます。
  • Q3 大卒や社会人経験者はどの位いますか?

    答えを見る

    アミューズメントメディア総合学院では、現在6~7割位の方が大学生や社会人を経験してから入学されています。幅広い年齢の方が、年齢の差を意識することなく、学ばれています。
  • Q4 総合的に学習することで、
    ひとつひとつの内容が薄くなりませんか?

    答えを見る

    バランス良くカリキュラムを組んでいますので、心配いりません。まず全工程を学び、アニメーション全体を学んでから、「作画中心」「演出中心」のコースに分かれ、それぞれ重点をおくポイントを変えて学びます。
  • Q5 アニメーションが好きで、仕事にしたいのですが、
    どんな職種が自分に合っているのかわかりません。

    答えを見る

    アニメーションの全工程を経験しますので、その中から自分の適性に合った職種を選ぶことができます。色々と経験してみて、その中で自分の適性を見つけましょう。
  • Q6 入学してから、個人で購入する画材やソフトはありますか?

    答えを見る

    参考図書や画材などの消耗品が授業に必要となりますが、教材費に含まれていますので、入学後個人で購入するものはほとんどありません。パソコンやそのソフトについても、学院の設備や機材を使うことができますので、個人で購入する必要はありません。