大手ゲーム会社の方々も作品クオリティに驚く!1年生の夏期共同制作発表会が開催

facebooktwitter
1年生の夏期共同制作発表会が開催されました

入学式から5か月にあたる、2017年9月6日(水)~8日(金)
1年 ゲームプランナー学科、ゲームプログラマー学科、アニメ・ゲーム3DCG学科のゲーム業界就職希望者全員と、そしてキャラクターデザイン学科から参加した有志にて100日をかけて開発を進めてきた21作品のゲームを、実際に動かしながら発表しました。

ほとんどの学生が、未経験からスタートしたのにもかかわらず、今年も全21作品が全てマスターアップし、修正・ブラッシュアップの必要はありますが、ゲーム業界の第一線で働くベテランクリエイター(発表当日に公開と言う、プレッシャーがかかる状態)の前で披露。
興奮と緊張の中で発表会は進みます。


今年は(五十音順で)
アークシステムワークス株式会社、株式会社アルファドリーム、
株式会社ウィンライト、株式会社エイティング、株式会社角川ゲームス、
株式会社サイバーコネクトツー、株式会社スクウェア・エニックス、
株式会社セガ・インタラクティブ、株式会社セガゲームス、
株式会社バンダイナムコスタジオ、株式会社ユークス 他のベテランクリエイターと
学院一期生 アークシステムワークス株式会社 取締役『ギルティギア』シリーズ ゼネラルディレクター石渡太輔さんを筆頭に、ゲーム開発の現場で大作のディレクター、メインプログラマーなどゲーム業界最前線で働くOBも連日来校。(3日のべ23名)

前列に座るベテランゲームクリエイターと、ベテラン管理講師を前に、発表する学生たちの緊張度はMAX。それでも発表を行います。
そんな学生たちに
“いや、良く未経験者が3か月強で、ここまで創りあげた!”
“4年制の学校の3年生に匹敵しています。自信を持ちなさい!”
“課題が解ることが重要です。失敗を認識して次に進んでください”
“皆さんの先輩が、僕の部下として働いています。ぜひ、うちを受験してください”と暖かいコメントが山ほど。
今までの人生で一番忙しく、一番“喜怒哀楽”を手に入れた100名は感動し、涙ぐむ者もおりました。

9月6日(水)7日(木)来校 スクウェア・エニックス 土田さん
“学院祭の前に、この場でアドバイスできることが嬉しい。
自信を持って進んでください。”

9月7日(木)来校 アークシステムワークス 石渡さん
“後輩たちが、時代に合わせて素晴らしい物を創ることを誇りに思います。
短いブラッシュアップ期間で、何を優先するかを考えて修正を行ってください。“

9月8日(金)来校 角川ゲームス 長谷川さん
“なかなかタイミングが合わず、今回が初めての来校になりましたが『なるほど、これならOBの活躍も納得だ』と思うと共に、素直に驚きました。
アドバイスが少しでも、皆さんの今後に対してお役に立てばと思います。”

当日、体調不良で出席できなかった学生にも“よくやった、面白かったと伝えてほしい”と企業サイドのコメントがあり、全ての学生が自分の弱点と得意技を見出した発表会でした。
今回のアドバイスを受けた作品を、学院祭でトップクリエイターに見せる日が楽しみです!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

一覧に戻る