株式株式会社コロプラ 内定者インタビュー

facebooktwitter

スマートフォンアプリ開発にいち早く取り組み、『白猫プロジェクト』や『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』などの人気アプリゲームを数多く開発してきた、 株式会社コロプラにキャラクターデザイン学科の齊藤 来果さんがデザイナーとして、内定しました!
齊藤さんにAMGの思い出や就職活動の道のりをお聞きしました。

株式会社コロプラに内定した齊藤 来果さん

Q1.内定をいただいたときの気持ちを聞かせてください。

第一志望の企業が初めていただいた内定だったので、とても嬉しかったのですが、すぐには実感が湧きませんでした。

Q2.アミューズメントメディア総合学院で、就職に役立った講義や先生、サポート制度はなんですか?

多くの面接で自分がどんな経験をし、またどう感じたかを聞かれました。
AMGでは産学共同や夏期ゲーム制作でのより実戦に近い経験ができたことで、自分の中にプロとしての意識が持てるようになり、学んだ事を面接で話せるのは強みでした。

Q3.就職活動、指導でなにか思い出のエピソードを教えてください。

ポートフォリオや面接のアドバイスを細かく指導していただきました。
面接があまり得意ではなかったので、何度も面接練習の時間を設けていただき、当日に自信をもって臨めるようにしていただきました。
ただ、それでも初めのうちはなかなかうまくいかず、悩んだ時期もありましたが、面接を受けていくうちに、コツを掴むことができ、内定をいただくことができました。

Q4.クラスの雰囲気、教務の先生はどうでしたか?

緊張しているとき、落ち込んでしまったときに応援してくれるクラスメイト、的確なアドバイスで励ましてくださる教務の方々に支えていただいた学院全体が温かい雰囲気でした。
特にクラスメイトは趣味の合う人が多かったので、とても楽しい2年間過ごすことができました。

齋藤さんの作品と制作風景

在学中の制作風景と作品

Q5.アミューズメントメディア総合学院へ入学してよかったと思うことがあれば教えてください。

学科を超えて、様々な現役講師の方から直接、業界の今を教えていただける環境は、自身の考え方や技術の成長に大きな影響があり、また社会人としての意識を持てたことがよかったです。
また、制作発表会やクリエイター面接など、企業の方と接する機会がとても多かったので、自分の現在地を知ることができたのがよかったです。

Q6.これから、どんなクリエイターになっていきたいでしょうか。

今までは買って楽しむ側だったところから、作って楽しませる側になっていくので、多くの人に楽しいを届けることができるデザイナーになっていきたいです。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

齊藤さん、ご協力ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ
一覧に戻る