株式会社J.C.STAFFに内定した山本 麻由さんロングインタビュー

facebooktwitter

2016年度放送『ふらいんぐうぃっち』『あまんちゅ!』などを手掛ける株式会社J.C.STAFFに作画職(アニメーター)として内定が決まった山本さん。
学校での生活や、制作の様子、そして就職活動の状況などを答えてくれました!

Q.アニメーション業界を目指したきっかけは?

言葉として、アニメーターというものは知っていましたが、とある番組の中で、スタジオジブリさんの制作現場を特集しているコーナーがありました。
そこで初めて、細かいシーンであっても人が手で描いているということ、それがアニメーターだということを知りました。
もともとアニメも絵も好きで、さらに当時大学生だったので自分の進路を考えていたということもあり「好きなことを仕事にしたい」と本格的に考え始めました。

Q.AMGに決めた理由は?

いろんな学校を調べていたのですが、広告バナーをクリックしたことがきっかけでAMGを知りました。
そして大阪にある学校ということで、一度気軽に行ってみようかなと体験説明会に参加しました。

とても緊張していたのを覚えていますが、学校の雰囲気がとてもよく、そのとき説明会のお手伝いをしていた先輩(当時の2年生)が楽しそうに、また丁寧に作画を教えてくださったのが印象的でした。
その様子を見て、ここでなら2年間頑張れそうだなと思い入学を決めました。

Q.クラスの雰囲気はどうですか。

最初は人見知りが多いような印象でしたが、いい意味で落ち着いています。
若い子たちはもっと弾けたらいいのになあと思うことはありますが、年上も年下もいる中でみんな良い人たちだなと思います。
趣味や好きなものが似ているので、話や空気感が合っているのかなと感じています。
時にはDVDを借りてきて教室で流したり、外でお花見の会をしたりもします(笑)

1年次の共同制作オーディションの様子

Q.印象に残っている講義について教えてください。

アニメーションに関わることはすべて初めて知ることだったので、どれも難しく面白いと感じていました。
中でもデッサンはやったことがなかった上に、教えて下さる講師の先生が厳しかったのが印象的です。
ただ描くのではなく物を物として捉えるという根幹において、アニメもデッサンも通ずるものがあるのかなと最近ようやくわかった気がします。

Q.共同制作の思い出は?

すべての工程が一応終わり、編集したものをラッシュ(モニタ上のチェック)したときが印象的です。
一枚一枚私たち作画が描いたものに、色がついて、音が入り、映像の中で特殊効果などがついたものをそこで初めて観るのですが、素直に「動いてるなあ…」と思いました。
特に、普段観ているアニメと違い、自分自身が描いたカットがどこかすぐわかるので、しみじみした感動がありました。
当然、最初のラッシュから修正は多々あるので、それで終わりじゃなかったんですけどね(笑)

Q.学祭の思い出は?

クラス全員で展示物をあれこれ作ったり、準備したことがいい思い出でした。
また、声優タレント学科のアフレコライブを観に行って、同じ学校の中で学んだ学生が頑張っている姿を見て刺激を受けました。
ワークショップも上映会も、自分たちで準備をしてお客さんをたくさん迎えられたことが良かったなと思います。
今まで制作をする中で、チームで行動することが多かったのですが、改めて、アニメーション学科1年生として協力出来たことが良かったです。
去年はたくさん働いたので、今年はもっとじっくり他の学科も見学にいければなと思います。

Q.就職指導や就職活動で印象に残っていることは?

書類が通ったあとの、面接練習ですね。
まだ面接に行くんだという現実を受け止め切れていなくて、自分自身かなりふわふわしていたのを覚えています。
また、1年生の終わりに就職活動用のメイク講座をしていただいたのも、「そんなことまで教えてもらえるんだ」と思いました。
あと、企業に提出する応募書類はとにかく早め早めに準備することも大切ですし、日ごろから自己分析をしておくことも必要だなと思います。
私はJCスタッフさんが初めての面接だったので、東京に行くにあたり、電車の遅延がないかだとかコインロッカーはあるかだとかかなり慎重になっていました。
駅で、同じようにスーツの女性がコインロッカーを利用していたので、「あ、同じ受験者の人だ」とひそかに安心していました(笑)

Q.内定をもらった時の気持ちをお聞かせ下さい。

前日に他社から不合格の連絡をもらっていて、少し気持ちの整理がついていない状態で携帯にメールが来ました。
どきどきしながらメールを開いたものの、緊張しすぎて何が書いてあるのか良くわからず、一度友人に読んでもらいました。
「ちゃんと受かってるよ」と言ってもらい、初めてようやく理解できました。緊張と嬉しさとでしばらくふわふわした気持ちだったのを覚えています。
離れて暮らす親に伝えたときも、面接で東京に行くだけで心配していたので、「よかったなあ」と一緒に喜んでくれました。

Q.これから業界を目指す皆さんへのメッセージをどうぞ!

好きなことはとことん突き詰めていってほしいと思います。 最終的に仕事にしたいなと思うものはもちろん、趣味として続けたいと思うものがあるならやってみたり、調べてみたりして自分の世界を広げていってほしいと思います。 高校を卒業する、大学に入る、大学を卒業する、あるいは辞める…どんな状況であっても、今できる経験はしておいた方がいいと思います。頑張ってください!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

山本さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ
一覧に戻る