MENU

入学イベント
資料請求

ニュース

ウィズコープ株式会社に内定した小原さんインタビュー


様々な著名ゲームタイトルの開発に携わってきた世界最大級のゲーム受託専門会社キーワーズグループの日本スタジオ「ウィズコープ株式会社」に在校生が内定を頂きました!内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・小原さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたのは何故ですか?

一番の理由は、他の学校に比べて卒業までの年数が2年と短いからです。最初は「本当に未経験から2年で就職出来るのか?」と思っていましたが、入学後は、その不安がなくなりました。授業外でも先生方にサポートしていただき、展覧会では企業の方にたくさん声を掛けていただきました。そこから就職の内定も決まり、「2年でプロになる」を誰よりも実現できたと感じています。

Q2.印象に残っている先生や講義はありますか?

内田先生と岡村先生の授業が印象に残っています。内田先生の授業中、他の生徒に話していたモーションの基礎は、自分のエフェクトにも通ずる部分があり、とても勉強になりました。演出に関するお話を聞いたときは、本当に長い間アニメ業界で生き抜いてきた方なんだと感じ、心から尊敬できる方の一人です。
岡村先生は、私がVFXアーティストという職業を知り、目指すきっかけにもなった方です。同職種の大先輩であり、VFXアーティストを増やしたいという思いにも共感でき、AMGに入学してお会い出来たことに本当に感謝しています。

Q3.クラスの雰囲気や担任の先生との思い出はありますか?

教室ではクラスメイトで様々な分野について話しているので、聞こえてくる会話から多くのことを学ぶことが出来ました。独学だけでは得られない学校ならではの経験だと感じています。

Q4.夏期・冬期共同制作(学院祭・発表会含む)の思い出を教えてください。

夏期共同制作の時はモデラー志望でしたが、チーム内にエフェクトを作る人がいないということで、私が行っていました。思い返すと、その時からエフェクトそのものに興味を持っていたのだと思います。冬期共同制作では、触ったことのないエフェクトのツールを使うことになりました。最初は苦戦したものの、基本的な内部の構造は変わらなかったため、高品質のエフェクトを作れたと思います。

Q5.就職活動・就職指導の思い出を教えてください。

自分の強みを前面に押し出せるよう、UEでブループリントやマテリアルなどの学習を進めました。私は高校生の時にプログラムの基礎的な知識を学習していたため、プログラマーチックな部分については抵抗が少なく、そこで勝負しようと考えました。それが上手くいき、春の展覧会で企業の方からお声がけいただいたことがきっかけで内定に繋がりました。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

エフェクトの醍醐味は一から全てをデザインできる点だと考えているので、これからはもっと多くのゲームの世界観を彩れるような、知識と経験を身に着けていきたいと考えています。そして、後々は認知されづらいVFXデザイナーという職種を多くの人に知ってもらえるような活動をしていきたいです。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします

クリエイターとしてプロに近付いて感じたことは、日々ひたすら勉強しなければならないということです。一日でも、これくらいでいいかと思ってしまうと、クリエイターとしては大きく遅れると思います。なので、頑張って食らいついていけるよう、一緒に頑張っていきましょう。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

小原さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

声優エンタメチャンネル放送中
声優エンタメチャンネル放送中