MENU

入学イベント
資料請求

ニュース

株式会社ベイシカに内定した米本さんインタビュー


『100日後に死ぬワニ』など、人気キャラクターを手掛ける株式会社ベイシカ、在校生が内定をいただきました!内定者であるキャラクターデザイン学科・米本さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたのはなぜですか?

パンフレットに掲載されていた先輩の成長をみて、ここなら私も絵が上手くなるかもしれない!と感じたのがきっかけです。実際にオープンキャンパスに足を運び、授業内容や雰囲気がよかった所はもちろん、卒業後は業界就職希望だった為、就職率の高さや就職活動に力を入れてくださるという所がとても魅力的でした。

Q2.印象に残っている先生や講義はありますか?

内田先生のエクステンションの授業です。入学前、私は全身のイラストを描くのも背景を描くこともできませんでした。入学したての時の授業は、私にとって大きな成長に繋がったと思います。内田先生の授業は提出した課題にフィードバックをいただける授業でした。自分のどこがダメなのかが分かりやすく、私が今まさに全身絵や背景がある1枚絵を描けているのは、内田先生の授業のおかげだと思います。

Q3.クラスの雰囲気や担任の先生との思い出はありますか?

クラスの雰囲気は仲が良いという印象です。
共通の話題が多く、イラスト面以外にも色んなお話が出来るので、毎日楽しいです。勿論、イラストも技術面でクラスメイトから学ぶことが多く、絵に自信がなかった時にたくさん感想をもらい、精神的にもすごく支えられていたなと感じています。担任の先生は、生徒のことを本当によく見ているなと思うことが多いです。ちょっとしたことにも親身に話をしてくれるので、先生にもたくさん助けられました。

Q4.夏期・冬期共同制作(学院祭・発表会含む)の思い出を教えてください。

ゲーム共同制作(*)は夏も冬も参加させて頂き、キャラクターデザイン、UI、ロゴ、メインビジュアルの作成など様々なことを経験させて頂きました。私がデザインしたキャラクターが動いたり、ロゴが使われたりと、すごく感動したのを覚えています。
私が共同制作に力を入れていたのは、私自身、ゲーム業界かグッズ業界かで悩んでいたからです。
共同制作に参加していなれば、業界を決めるのにも時間がかかったと思います。とても良い経験になり、参加して良かったなと思います。

*共同制作とは――
他学科の学生と合同でチームを組み、一つの作品をつくり上げる制作実習。

Q5.就職活動・就職指導の思い出を教えてください。

ギリギリまでポートフォリオが完成していない状況で、周囲の作品の完成度の高さに不安になることも多くありましたが、無事に書類選考通過のご連絡をいただき、嬉しかったです。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

グッズは「好き」をアピールできる存在だと思います。私もグッズをきっかけに友達ができたり、頑張る糧になったりしていました。なので、グッズを手に取って下さった皆さんにも日々の癒しや、その時の思い出を感じてもらえるような作品をつくれるクリエイターになりたいです。私がデザインしたグッズを持っている人に会える日を今は1番の目標に頑張っていきます。

Q7.最後に、業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

「チャンスがある限り挑戦する」。これは、私の好きなクリエイターさんが言っていた言葉です。自分には無理だと、やる前から諦めないで、なんでも挑戦して経験を積み重ねていってほしいです。人生一度きりなので、諦めるのは勿体ないと思います。私もスタートラインに立ったばかりなので、一緒に頑張っていきましょう!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

米本さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、キャラクターデザイン学科ではLINE@での入学前イラスト添削アドバイスや、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

声優エンタメチャンネル放送中
声優エンタメチャンネル放送中