⇒8/26更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

ニュース

株式会社エイティングに内定した石上 翔真さん ロングインタビュー

株式会社エイティングに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるゲームプランナー学科の石上 翔真さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたのはなぜですか?

自分は、とにかく早く確実にゲーム業界へと行きたい!と考えていたので、大学よりも専門学校の方が良いだろうと思い、いろんな専門学校の学内説明会に片っ端から参加していました。ほかの学校では、「この学校はこんな風に良くて~」というような形で、良いところしか話題に上がらなかったのですが、AMGでは「まず、この学校は大変です(共同制作)」というところから始まり、「でも、その代わりにこんなメリットがあるんです」という話で終わるところに好感を持てました。また、説明会の最後には、直接担任の渡辺先生や在学中の先輩と話す機会があり、学校に関することを本音でいろいろとお聞きすることが出来、「この学校とこの先生なら、自分にも合っているし成長できる」と感じたのが一番の理由です。

Q2.印象に残っている先生や講義はありますか?

1年生の前期に行われる講義全般は、すごく役に立ったと感じています。入学したての右も左もわからない状態から、たったの1カ月でゲーム作りの基礎を学ぶことが出来たのは、良かったです。中でも、プログラム基礎の授業ではゲームの仕組みを理解しつつ、どんな方法でゲームを作ったらよいか?を学習できたので、共同制作に強く生きたと感じています。また、制作中のトラブル等で困ったことがあった時には渡辺先生がすぐに相談に乗ってくださり、問題の原因を指摘してくださったり、様々なアイディアを与えてくださったため、挫けることなく学院生活を送ることが出来ました。また、就職活動においても、内定を頂けたエイティング様を推薦してくださったのも渡辺先生なので、本当に感謝しています。

Q3.クラスの雰囲気や担任の先生との思い出はありますか?

25期は年が近い人が多かった事もあるのか、みんな仲が良い印象です。最初のころは、どうしたらいいかわからず戸惑っている事もありましたが、3学科合同交流会などのイベントを経て、仲良くなっていった印象です。今は、気兼ねなくいろいろなことを相談できるような雰囲気です。教務の先生方との思い出は、制作に関する話だけでなく、最新ゲームに関する話をしたり、先生のオススメゲームをプレゼンされたりしたことが印象に残っています。

Q4.夏期・冬期共同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

プログラマーの方が非常に優秀だった事もあり、やりたいと思ったことのほとんどが実現できる環境だったのですが、その反面プランナーとしての力がそのままゲームへと反映されるので、甘えが許されない状態だったので、非常にプレッシャーを感じていました。 冬季共同制作は、夏季共同制作に比べて非常に難易度が高かったことと、学院でも初めての試みが行われたこともあり、ゲームを作り上げることに非常に苦労しました。
チームメンバーともよく相談した後に、ゲームのモック(プロトタイプ)として、UnrealEngine4を使用することを決め、プランナーではあるのですがブループリントを使って、プログラミングにも挑戦しました。簡易的なプログラミング技術の習得と、ゲーム制作の難しさを改めて感じることができ、良い経験になったと感じています。

Q5.就職活動・就職指導の思い出

就職活動では、まず自分が今後どうなっていきたいのか?を考えながら、取り組んでいました。自分は、ゲーム開発を主に行っている会社で、様々な開発経験を積みたいと考えていたので、いくつかの会社を候補として考えていました。その旨を、担任の渡辺先生やキャリアセンターの早川先生に伝えたところ、企業を推薦してくださり、内定まで様々なサポートをしてくださいました。本当に感謝しています。内定を頂けた時期が早かったということもあり、内定後には「本当に決めていいの?」というような心配もしてくださいましたが、自分の中では決めていたのでよかったと考えています。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいか?

自分は、お客様からも、ゲーム業界の方々からも、すごい!と言われるようなゲームに関わっていけるクリエイターになりたいと考えています。
そのために、まずは数年間、開発会社にて”開発の現場”という部分を自分の目で、自分の体で知りながら、ゲーム作りを学びたいと考えています。
そこから先は、まだ具体的なプランは決めてはいませんが、最終的には、ゲームにおける、様々な垣根を越えられるような、ワクワクするゲームをいくつも生み出し、丁寧に育てていきたいと考えています。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージ

まずは、興味を持ちここまで見てくださって、ありがとうございます。
今、何かやりたいことはありますか?まだ見つかっていませんか?
焦らなくても大丈夫です。じっくりと考えて、やりたいことを決めるのもよいでしょう。ただ、早くやりたいことを決められれば、その分だけ行動できる時間が増えるのも事実です。でも、これが正解!というものは、この世にはありません。どちらも間違った選択肢ではありません。自分が正解だと思うものを、自分の意思で決めて行動をしてみてください。自分のケツイが大切です!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

石上さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる