MENU

体験説明会
資料請求
AOエントリー

ニュース

株式会社マトリックスに内定した河井 真盛くんロングインタビュー

株式会社マトリックスに、AMGの学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科2年生の河井 真盛くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたきっかけは、何ですか?

学院に入学を決めたのは、『講義で学びながら、チームでゲームを制作するカリキュラム』と『産学共同という、よりプロの現場に近いゲーム制作を行えるカリキュラム』に魅力を感じ、充実したゲーム制作が出来ると思ったからです。

Q2.役に立った講義は?お世話になった先生は?

役に立った講義は、ゲーム数学です。
ゲーム数学の講義では、先生からお題の実行結果を配られて、その実行結果の通りになるようにプログラムを組むという講義です。見たまんまにする解析能力と数学の公式をプログラムに置き換える力、自身で考える力を向上させることができ、とてもゲーム制作に役立ちました。

Q3.クラスの雰囲気は?担任の先生はどうですか?

クラスは和気藹々とした雰囲気で、共通の趣味や目標を持った人が身近にいるのでコミュニケーションが取り易く、ゲーム制作を行うにはとても良い環境だと思います。

Q4.夏期冬期同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

最初の共同制作は、右も左も分からない状態でのゲーム制作でした。技術面だったり、面白いゲームを作るためチーム内で意見を言い合ったりなど、苦戦したことが多かったですが、ゲームを完成させる達成感と、ゲームを発表し、プロの方々からの意見を直接貰える機会は自分にとって、とてもいい経験になりました。

Q5.就職活動 指導の思い出はいかがでしたか?

私は、面接が苦手でとても就職活動には苦戦したのですが、キャリアセンターの先生方の手厚いサポートのおかげで無事、就職することが出来ました。
キャリアセンターの先生方や技術面でサポートしてくださった講師の先生方にはとても感謝してます。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

今もですが、子供の頃に感じた、「楽しい面白い感動」を世に提供していけるゲームクリエイターを目指しています。
そのためには、技術力の向上やゲーム業界の情報を常に知っておく必要があり、大変な道のりではありますが、この学院で学んだ知識と経験を活かし頑張っていきます。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

ゲーム制作は辛いことが多いかもしれませんが、それ以上に楽しいことや、ゲームが完成したという達成感、遊んでもらえる喜びを味わうことが出来ます。辛いときには、身近にいる仲間に相談や愚痴を言い合ったりして、楽しくゲーム制作をしていってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

河井くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

学院SNS