MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社オルカに内定した渡辺 孝政くんロングインタビュー

株式会社オルカに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるゲームプログラマー学科2年生の渡辺 孝政くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたきっかけは、何ですか?

私がアミューズメントメディア総合学院に入学を決めたきっかけは、学院の体験説明会です。
体験説明会ではプログラムを組む体験のほか、担任の先生、当時の在校生と話す機会があり、その中で双方からゲーム業界を志す熱意を感じました。
カリキュラムの面においても、1年時からゲームを実際に作り、実践経験を積める点が、自分の気持ちと合っていた為、大学を中退し、アミューズメントメディア総合学院に入学を決めました。

Q2.役に立った講義は?お世話になった先生は?

特に思う講義は、加藤先生のゲーム数学です。この講義では、基盤となるプログラムのソースコードを与えられ、それをもとに提示された結果を実装します。
他の講義と比べて違う点は、先生に結果を教えてもらうのではなく、自分で調べて実装し進めていく必要があることでした。また、実装し終えても先生に処理内容を論理的に説明し、自身の理解度を証明する必要もありました。
これらの要素から授業自体の難易度は高かったものの、課題ができた時には達成感が得られ、処理の分析や組み合わせを考えるという、プログラマーとして必要な技能を鍛えられました。

Q3.クラスの雰囲気は?担任の先生はどうですか?

ゲームが好きという共通点が全員にあり、話しやすさがあると感じました。授業後には授業の内容を話したり、それ以外の話題で盛り上がったり、楽しく過ごせる環境だったと思います。
ゲームの制作期間中も、お互いのゲームを見て意見を出し合ったり、技術面で相談したりと、仲間でもありライバルでもある存在となっていました。

Q4.夏期冬期共同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

共同制作では、全員がチームでのゲーム制作が未経験だったこともあり、お互いに情報を共有し合い、目の前にある課題をどう乗り越えるか、相談して取り組んでいく毎日でした。
時には辛いこともありましたが、徐々にゲームができていく過程を見れたり、自身の技術力の向上を実感する場面もあり、ゲーム制作は楽しいという気持ちが印象に残りました。

渡辺くんが携わった冬期共同制作作品

Q5.就職活動 指導の思い出はいかがでしたか?

就職活動は2年次が始まってすぐに始まり、私もそれに合わせてエントリーシートを書いたり、自身のゲーム作品を掲載したサイトをつくるなどを行いました。不安な事もありましたが、就職指導の伊藤先生に文章の添削や自己分析、どのゲーム会社が自分には合っていそうかなどの相談をさせて頂き、大変お世話になりました。今回内定を頂いた株式会社オルカ様は伊藤先生から紹介して頂きました。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

今以上の技術を身につけ、ゲームの処理や制作に必要なツールづくりなど、様々な部分を担当することができるプログラマーになりたいです。そうして得た技術や知識を活かし、チームに大きく貢献できる人材になっていきたいです。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

専門学校を選ぶ基準は人によって様々だと思いますが、ゲーム業界に行く為にゲームをつくる経験を得たいと考えている方にはこの学校を勧めたいです。
また入学してからも、常に受け身でいるのではなく、自分から他のクラスメイトに話しかけたり、分からないことがあれば先生方に質問するなど、環境づくりと不安点の払拭に努めることをがしていけば、とても充実したスクールライフが送れると思います。私はこの学校での生活が、とても充実していて楽しかったです。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

渡辺くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる