MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社ガンバリオンに内定した小坂海斗くんロングインタビュー

福岡に拠点を置き、人気ゲームの開発を手がける株式会社ガンバリオンに内定をいただきました!内定者であるゲームプログラマー学科2年生の小坂海斗(こさか かいと)くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

内定の知らせを聞いたときの気持ちを教えてください。

嬉しさももちろんありましたが、入学してから約1年半必死でプログラムを勉強する日々が続いていたので、やっと報われたんだと安心する気持ちが強かったです。

今回内定した会社を受験しようと思ったのはなぜですか?

子どもの頃からよくプレイしていたゲーム、特に私の好きな『週刊少年ジャンプ』のタイトルをたくさん作っていたからです。
また会社説明会に参加させていただいた際、社員の方同士のコミュニケーションがしっかり取れているということにも魅力を感じ、ぜひ自分もこの会社で一緒に成長していきたいと思いました。

ゲーム業界を目指すようになったきっかけは何ですか?

幼い頃からゲームが好きで、自分でもゲームを作ってみたいと思ったことがきっかけです。そして高校でのプログラムの授業が楽しかったこともあり、ゲームプログラマーを目指そうと決めました。

AMGに入学を決めたのはなぜですか?

2年制の学校であるということと、ゲーム業界への就職率が高く、またひたすらゲームを作っていくというカリキュラムが楽しそうだったからです。現役のゲームプログラマーの方が講師として指導してくださるという点にも魅力を感じました。

クラスの雰囲気や友人関係はどうですか?

とてもにぎやかなクラスです。仲の良い友人が多いので毎日退屈しないです。

印象に残っている先生や講義はありますか?

すべての講師の先生が個性的で印象に残っています。自分のコードについての評価も丁寧にしてくだり、とても満足しています。
講義で教えていただいた中でまだ理解できていないソースコードもあるので、卒業までに理解できるようにもっと勉強していきます。

入学してすぐに始まる夏期共同制作はうまくいきましたか?

基本的な2Dゲームの作り方と、何よりゲームを作る楽しさ・難しさを学びました。そして「これからもっと頑張ろう」という気力がわいてきたので、非常に得るものの多い経験でした。

学院祭およびビジネスデーでの思い出は?

学院祭では自分の作ったゲームを一般の方にプレイしていただいたのですが、自分とユーザーの感覚の違いに驚きました。また自分の作ったゲームを面白いと言って長時間プレイしてくださった方もいて、頑張って制作してよかったと思いました。

冬期共同制作と春季発表会はどうでしたか?

冬期共同制作では、気の合うメンバーとともに納得のいく作品を楽しく作り上げることができました。結果、春季発表会でも自信を持って自分をアピールすることができました。
また私は東京校の春季発表会にも参加・展示させていただいたのですが、その際には東京校の学生の方のゲームもプレイさせていただき、とても勉強になり楽しかったです。

就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

ゲーム企業のホームページを見ることです。興味のある企業や、記憶に残っているゲームを作っている会社を探すことは楽しかったです。その上で受験したい企業を選択していきました。

入社後の目標や決意を教えてください。

自分の技術力ではまだまだ足りないところが多くありますので、早く会社に貢献できるようしっかりと勉強していきたいと思っています。そして経験を積み、自分が制作に関わるゲームをさらに面白くできるように頑張ります。

最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

ゲームプログラマーはソースコードを打てば打つほど実力が上がると思います。ですから本気でこの業界を目指していれば、誰でも入ることができるはずです。みなさんも頑張ってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

小坂くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる