MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社トライクレッシェンドに内定した春日 翔太くんロングインタビュー

株式会社トライクレッシェンドに内定した、アニメ・ゲーム3DCG学科 春日翔太くんの内定者インタビューをお届けします。

Q1.学院に入学を決めたきっかけと、その理由は?

僕は、幼い頃からゲームが好きで、将来はゲームに関わり続けたいと思っていて、夢を叶える為にゲーム制作の学校を探している時にアミューズメントメディア総合学院を見つけました。
学生だけでゲームを作り上げる、実践的なカリキュラムに魅力を感じ、「将来への道を開けるのではないか」と思い、入学を決めました。

Q2.役に立ったり好きな講義・先生とその理由は?

全ての講義が、自身の力になっていると思いますが、特に役に立っていると思える講義は、柴崎先生、遠藤先生のお二方の講義です。

僕は、3DCGのモーションを主に勉強していたので、技術的にわからないところ、作業を効率的に進める方法や新しい技術など丁寧に教えていただき、自身のスキルが上がっていくこと実感できました。

他にも講師の先生方には多くのことを教えてもらうだけでなく、気兼ねなくフレンドリーに話してくれるので、講義を楽しんで受けることができました。

Q3.クラスの雰囲気・教務の先生との思い出は?

クラスの雰囲気は一言で言ってしまえば、非常に個性的な連中で、一人ひとりが自由かつ個性的な主張をもつ人たちで、大変なこともたくさんありましたが、それ以上に楽しいことが多かったです。
先生方は、作品を見せるとプロの目線から厳しい意見も多いですが、今の自分に足りないものはっきりと教えてくれるので、自身の実力が上がっていくのが実感できました。
特に、担任の滝本先生にはいろいろなアドバイスをいただきました。油断するとすぐにいなくなってしまうので、捕まえるのに苦労しました(笑)

Q4.夏期冬期同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

共同制作で一番苦労したことは、プログラマーとプランナーの人たちとの意思疎通でした。
連絡の不備や、イメージを伝えることの難しさで何度も意見がぶつかり合いました。
そんな中でもあきらめずに、きちんと話し合うことでゲームをちゃんとしたものにすることができ、企業の方々から意見をもらうことが出来たのは非常に良い経験になったと思います。

Q5.就職活動・就職指導の思い出は?

僕の就職活動は比較的スムーズに進んだと思います。
AMGでの学内クリエイター面接で評価をいただき、その後の本面接にて内定をいただきました。

クリエイター面接という、他ではない機会をいただきそこからのチャンスをちゃんと活かすことが出来たと思います。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

モーションデザイナーとして、まだまだ技術的に未熟なので、これからも初心を忘れることなく経験を積み、さまざまな技術を習得してキャラクターたちの表情や感情を表現したり、見る人たちが惹かれるような格好良いモーションを作れるように、どんどんと成長していきたいと思います。

Q7.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

僕が大事だと思うのは、最後までやりきることです。
どんな作品でも、あきらめずに完成させれば、評価を頂けて次の作品に活かすことが出来ると思います。
この学院では共に頑張る仲間と頼りになる先生たちがいるの、苦しくても何とかなりますので、一生懸命に頑張ってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

春日くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる