MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

プロダクション・アイジーに内定した舟津 友理恵さん ロングインタビュー

プロダクション・アイジーに制作進行として内定をいただいた舟津さん。 普段の学校の生活や、制作の様子、そして就職活動の状況などを答えてくれました!

Q.本学院に入学を決めたきっかけは何ですか?

大学在学中は就職活動をしていて、子供の頃から憧れだったアニメ業界は、特別な知識も能力もない自分は入ることが出来ないと思っていて受けていませんでした。
いざ他業種の内定を頂いた時に自分のやりたい事はこれなのか、知識も能力もないなら身に付ければ良いんじゃないか、と思い切ってAMGへの入学を決めました。
AMGを選んだ理由は、友人がAMGを卒業してアニメ業界で活躍していたこと、大卒や社会人が多いというところです。

Q.役に立った、印象に残っている講義等は?

西村純二先生の演出の講義です。
西村先生は沢山の作品の監督や演出をされているのですが、実際にご自身で監督された作品のコンテを見ながら演出技法についてや、どうしてこういう演出にしたのかなど、とても分かりやすく丁寧に教えて下さりました。
また自分たちで描いた共同制作や卒業制作のシナリオや絵コンテに、直々にアドバイスをして下さったりと実際のプロの監督に直接指導いただけるのは、自慢できるとても貴重な体験でした。

Q.学院で身についたことはありますか?

共同制作等で実際にアニメを制作することによって、見る側から作る側の視点へと意識が変わり、目と知識を養えたと思います。
そしてなんといってもコミュニケーションの大切さと幅広い知識が必要ということです。
ただアニメを沢山観ていればいいということではなく、それ以外の知識や経験がものづくりにはとても大事だということを学びました。
身についた、とは違うかもしれないですが、1番は単純にアニメを作るのは大変!でも楽しい!ってことを体感した学院生活でした(笑)

Q.クラス、学校の雰囲気はどうですか?

年齢関係なくみんな仲が良いです。好きなアニメや映画の話をしたり、オススメのものを貸し借りしたりととても和気あいあいとした雰囲気です。

Q.アニメーション制作の思い出や学院行事の思い出を。

1年次の共同制作で監督をやったのですが、初めての事だらけで本当に大変でした!
自分の考えやイメージを伝えるアウトプットの難しさを実感し、コミュニケーションの大切さを改めて認識した共同制作でした。
自分の頭の中のイメージを何度も話し合って共有し、チームのメンバーの手によってひとつずつ形になっていく瞬間の感動はなんとも言えませんでした。
制作発表会で初めて大勢の人に見てもらった時、緊張で息ができなかったのを憶えています(笑)

舟津さんが1年次携わった共同制作作品 「世界征服部!」

Q.就職活動時の指導やエピソードをひとつ。

キャリアセンターの先生に履歴書や作文を何回も見てもらい、面接前には練習をしてもらいました。
面接練習では自分では気付かなかった長所についてアドバイスをもらい、それが面接にも活かせたと思います。
先生との面談や練習が自信となり、いつも通りの自分を出す事ができた就職活動でした。とてもお世話になりました。

Q.これからどんな制作者・アニメーターになりたいですか?

自分の夢でもある「年代性別関係なく話題に上がり、人々の心に残る作品」を作り続ける制作者になりたいです。
またどんな制作者?という問いの答えではないですが、私は自分の中で「相手の立場になって考え、行動すること」を大切にしています。
どんな状況でもこれが出来る人間になりたいです。

Q.最後に後輩へのメッセージをお願いします。

もしやりたいと思ったなら是非やってみて欲しいです。大変なことはたくさんありますが、やりたいと思ったことをやる時間はとても充実した時間だと思います。一緒に頑張りましょう!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

舟津さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる