MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社アニマに内定した村松 茉由子さんロングインタビュー

株式会社アニマに内定したアニメ・ゲーム3DCG学科2年生の村松 茉由子(むらまつ まゆこ)さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q.学院に入学を決めたきっかけと、その理由は?

私は昔からゲームが大好きで、ゲームを作る仕事をしてみたいと考えていました。
色々な学校を調べた結果、この学院では、2D、3D共に学びさらにゲーム制作も実際にできると書いてあったのでこれは私に向いていると考え入学しました。

Q.役に立ったり好きな講義・先生とその理由は?

役に立った講義というのはすべての講義に当てはまると思います。
作業をしている中で、これはあの講義でやったなー、これはこの講義だなーという感じでどこかしら少しずつ役立っています。
好きな講義は、稲垣先生のデジタル編集・合成です。After Effectは全く触ったことがなかったので、毎回新しいことばかりで楽しいです。
いつもテレビやPVなどで見ていたエフェクトが実際に自分の手で作れるのはとても感動しました。

Q.クラスの雰囲気・教務の先生との思い出は?

クラスの雰囲気は良くも悪くも自由といった感じです。
みんな自分の個性が強く、自由すぎて大変なことになることもありますが、なかなか楽しいです。
先生方は、プロの方々なので多く作品を見せると結構きつい言葉をかけられたりします。
ですが、実際に足りない部分ではありますし、頑張れば頑張るほど自分でもいい作品が作れてきたということがわかります。
そして最後までやり抜けば、先生方も認めてくださるのでとても達成感があります。
つらいことはありましたが、褒められたときは本当に嬉しかったです。

Q.夏期・冬季共同制作(学院際・発表会含む)の思い出は?

共同制作は、人間関係というのが本当に大変だったと思います。
ゲーム学科の人たちというのはなかなかに個性的な人が多く、一癖も二癖もある人がいます。
意見のぶつかり合いや認識の違いなど、いろいろありました。
そんな中で、ちゃんとしたゲームを作り出すというのはとても大変ではありましたが、実際にそのゲームをプレイしていただき、意見をもらうのは緊張もありましたがそれ以上に見ていただく嬉しさというものもありました。

Q.就職活動・就職指導の思い出は?

私の場合は、ありがたいことにトントンと話が進んだ気がします。
AMGのクリエイター面接でお話しをさせて頂くところから始まり、本面接に進むことが出来ました。
そこから課題をいただいた後、インターンシップに参加をしました。
課題もインターシップも基礎に忠実に、真摯に取り組むことを心掛け、いただいたチャンスをしっかりと活かすことができたので、内定を頂くことが出来たのだと思います。

Q.これからどんなクリエイターになりたいですか?

モーションデザイナーは命を吹き込む仕事、と言われているので私は、そのまま命を吹き込める人になりたいです。
動きというのはとても大切です。動きひとつでそのキャラクターの性格や考えていること、感情を表すことができます。
ですがそれを表現するのはとても大変で、どうしたら伝わるだろうか、どんなポーズをさせればいいのかというのを考えなければいけません。
今の私には、まだまだ知識がなくどう表現すればいいのかがわからないことが多くあります。
経験を積み、いつかは見ている人に感情が伝わってくるような命のあるキャラクターを作りたいと考えています。

Q.後輩へのメッセージをお願いします。

とりあえず、諦めず最後まで逃げ出さないというのが大切だと思います。嫌になって逃げたいこともあるかもしれません。
ですがそこで逃げてしまえば一生後悔すると思います。
つらい間は、先生方や友人が支えてくれるので一生懸命頑張ってみてください。案外、なんとかなります。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

村松さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる