MENU

体験説明会
資料請求
AOエントリー

ニュース

AMGエンタテインメント製作 TVドラマ『くろねこルーシー』 2012年1月~放送開始!

くろねこルーシー
AMG産学共同カリキュラム 最新作

アミューズメントメディア総合学院の製作事業部であるAMGエンタテインメントがお届けする最新作『くろねこルーシー』。この作品は2012年1月から全12回の連続ドラマとして放送され、夏には劇場映画として全国ロードショーを行います。

学院からは、ノベルス学科の学生がノベライズ本を執筆し、脚本の制作にも同学科の学生が参加しています。
声優タレント学科では学内オーディションを行い、ドラマ版、映画版で合わせて5名の学生が出演を予定しています。
キャラクターデザイン学科やアニメーション学科では学内でキャラクターコンペを行い、作品に出て来る黒猫をモデルとしたストラップなどのグッズを商品化。マンガ学科からは電子書籍としてコミック化を進めており、さらにゲーム系学科からは、ソーシャル占いアプリの制作に参加するなど、全ての学科から学生が参加する夢のコラボレーションが実現しています。
各取り組みの詳細については、学科のニュースやブログでも紹介していきます。
AMGならではの産学共同プロジェクトと、この春注目の新作に是非ご注目ください。

企画内容

「幼獣マメシバ」「ねこタクシー」「犬飼さんちの犬」のチームが新たに挑むのは、日本初の実写「くろねこ」ドラマ。主演には、NHK大河ドラマ「新選組!」はじめ数え切れないほどの作品に出演、人気実力共に兼ね備えた俳優、山本耕史を迎えた。山本が扮する主人公は、「日本一、黒猫に横切られるツイてない男」。
かつて「ねこ占い師」として人気のあった父のトラウマで、黒猫だけは絶対ダメな男が、ひょんなことから黒猫の赤ちゃんを二匹飼う事になる。恋人役には京野ことみ、父親役には人気お笑い芸人ドランクドラゴンの塚地武雅。
その他にも川上麻衣子、小宮孝泰、渡辺真起子、相島一之、鷲尾真知子など日本を代表する名優が揃った。激戦のオーディションを経て決定した主役猫「ルー」と「シー」。二匹とも生後50日にして大役を射止めた。

12年1月全国9局ネットでオンエア(tvk、テレ玉、チバテレ、三重テレビ・KBS京都、サンテレビ、札幌テレビ放送、TVQ九州放送、ぎふチャン)。さらに飛躍的に加入者を増やしている「ひかりTV」(NTTぷらら)で同時配信。
さらに、12年初夏には、映画版「くろねこルーシー」の公開が予定されている。

ストーリー

鴨志田陽(山本耕史)は、黒猫が大の苦手だった。彼らが自分の前を横切ると必ず不吉な事が起こった。ルー、シーと名付けられた黒猫2匹を使った占いで一旗上げた父、鴨志田賢(塚地武雅)は6年前に他界。
父親に馴染めず家を飛び出した陽にとって、黒猫はまさに天敵だった。
賢の7回忌の日、ルーとシーが同じ日に亡くなる。法要の後片付けをしていた陽は見た事のない黒猫の子猫に出会う。しかも双子。なんと、その子猫たちは2代目のルーとシーだった…

キャスト

山本耕史、京野ことみ、塚地武雅、川上麻衣子、小宮孝泰、渡辺真起子、相島一之、鷲尾真知子

スタッフ

監督:亀井亨/野尻克巳
製作総指揮:吉田尚剛
企画:AMGエンタテインメント
製作:「くろねこルーシー」製作委員会
©2012「くろねこルーシー」製作委員会

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

学院生は在学中からプロの現場を経験することで、よりプロに近い存在として業界就職・デビューを果たすことができます。AMGが業界の最前線で活躍している卒業生を数多く生み出している理由は、ここにあります。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

学院SNS