MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社J.C.STAFFに内定した早坂 美紀さんロングインタビュー

株式会社J.C.STAFFに内定したアニメーション学科2年生の早坂 美紀さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q.本学院に入学を決めたきっかけは何ですか?

アニメーションを制作できる機会が2年の間に何度もあり、こういう場所で、集団で行うアニメーション制作に慣れておくべきだと判断したからです。

Q.役に立った、印象に残っている講義等は?

共同制作です。 メンバーは皆出会ったばかりだったので気を使いお互い探り合いながらでしたが、常に楽しく協力しあえて、とても充実した制作となりました。

Q.学院で身についたことはありますか?

講師の先生方がアニメーション制作の現場の話をしてくださるので、現場の今を知ることが出来て将来の自分のためになりました。これから現場で生かしていきたいと思います。

Q.クラス、学校の雰囲気はどうですか?

クラス内は静かに競い合っていて油断なりません(笑)が、過ごしやすい良い環境です。
授業は厳しい事を言われるのが当たり前の環境ですが、とても充実していてやりがいのある場所です。

Q.アニメーション制作の思い出や学院行事の思い出は?

1年次しに制作した作品で主人公のえいたが憧れる悪役の決め台詞を考えていた時、メンバー全員中学生の頃に戻って「厨二病になったつもりで!」とわいわい楽しみながら考えていたのが印象深い思い出です。共同制作の中で一番盛り上がった瞬間だったと思います。

Q.就職活動時の指導やエピソードをひとつ教えてください。

同じ会社を受けていた友人が授業中に「内定」の連絡を貰い祝福されていて、連絡がきていなかった私に触れないようにしてくれている気遣いがとてつもなく辛かったです。
その後連絡が来てとてもほっとしました。

Q.これからどんな制作者・アニメーターになりたいですか?

楽しむ心を忘れずに仕事をしていきたいです。
憧れのアニメーターの方々に一歩でも近づけるように努力していきたいと思います。

Q.最後に後輩へのメッセージをお願いします。

絵を描くことが好き、あるいは絵を動かすことが好きだと思う気持ちが一番大切だと思います。
そしてアニメーション制作を楽しいと思えたらずっと続けられると思います。
アニメーション制作にはたくさんの人が関わっています。仲間を思いやる気持ちがなければやりたい事も出来ません。 好きという気持ちも大切ですが、仲間を思いやる気持ちを忘れずに制作をしてください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

早坂さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる