小説家(作家)になるには?やるべきことや仕事内容を解説

  • by
  • デフォルトのアイキャッチ画像

    小説家(作家)になるには知りたいこと物語を想像することが好き・文章を書くことが好き、という人は小説家という職業に憧れたことがあるのではないでしょうか。
    でも小説家は出版社や読者に認められた一握りの人しかなれない職業……なんて諦めていませんか。

    習慣や訓練を重ねれば、誰にでも小説家になれるチャンスはあります。
    この記事でご紹介する小説家になるための方法を実践して、あなたも作家の道を歩きましょう。

    • アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科
    • アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科では、文章力はもちろん、発想や構成、キャラクター設定など、魅力的な文章を書くのに必要なスキルを一通り学べます。
    • 電撃文庫や角川文庫など卒業生の実績も多数あり、在学中からデビューする人も。
    • アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科
    • アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科では、文章力はもちろん、発想や構成、キャラクター設定など、魅力的な文章を書くのに必要なスキルを一通り学べます。
    • 電撃文庫や角川文庫など卒業生の実績も多数あり、在学中からデビューする人も。

    目次

    小説家になるための方法

    小説家になるための方法
    小説家になる方法は幅広くあります。

    中でも王道とされるのが、文学新人賞です。
    多くの作家が新人賞の受賞をきっかけに小説家デビューをしています。

    出版社への持ち込みや自費出版など、自らの足を使って小説家デビューを目指す人もいますね。

    また最近では、同人活動や小説投稿サイトなど、素人として自作小説を公開するという方法も目立ってきています。

    小説家デビューを目指すにあたって小説の専門学校に通うと、プロの講師からデビューに向けたマンツーマン指導を受けられるため、成長も早くておすすめです。

    特にアミューズメントメディア総合学院は、在学中にデビュー確約のプロットコンペを開催しているので、最短でのデビューを目指すならおすすめです。

    まずは無料の資料請求をしてみてくださいね。

    小説家(作家)の仕事内容

    そもそも小説家とは?
    小説家とは物語を考え、文章にして出版している人のことです。推理・純文学・文芸・ライトノベルなどジャンルが分かれていて、それぞれの小説家は自分の得意分野を持っています。

    しかし得意分野・デビューした分野から徐々にジャンルを広げていく方も多く、エッセイなどを出版する人も増えています。

    書籍に載せる作品を執筆するだけでなく、WEBサイトに載せたり企業とコラボしたりと幅広い分野の執筆を担当します。

    また、小説家は執筆だけでなく、サイン会や新人賞の審査、講演、インタビューなど、活躍の場は多岐に渡ります。

    小説家(作家)はどんな仕事をしているか?

    勤務状況

    小説家は基本的にフリーランスなので、仕事をする時間などは自由です。

    ある小説家は平日の◯時~◯時まで執筆し、それ以外は原稿に触らないルールを決めているという話を聞いたことがあります。また別の小説家は筆の進むときに一気に書けるところまで書くというスタイルをとっているそうです。

    決められた締め切りまでに原稿を上げられれば、朝でも夜でも仕事をしてよいのです。

    逆に出版社と約束した締め切りに間に合わせるため、徹夜をすることもあれば決めていた休日を返上することもあるでしょう。

    小説家(作家)の1日

    では、小説家の勤務状況をもう少し詳しく知るために、小説家の1日を見てみましょう。

    ある小説家の1日は、次のようなスケジュールになっています。

    8:00 起床
    9:00 ノートパソコンで、執筆活動
    12:00 昼食
    13:00 気分転換に喫茶店で執筆
    17:00 買い物をして帰宅
    18:00 夕食
    20:00 執筆
    23:00 就寝

    今回紹介したのは、小説家の執筆のみの1日のスケジュールですが、売れっ子作家はメディアへの出演が多くなる分、さらに忙しくなります。

    小説家(作家)の生活について

    小説家(作家)の収入

    小説家の収入は「一冊の価格×部数×印税率」の印税で決まってきます。

    文字数や原稿数で計算していると思われがちですが、基本的にはどれだけの部数が売れたかで収入が変わります。

    原稿料

    原稿料は、400文字の原稿用紙1枚につきいくらと決まっています。
    一般的には1枚につき3,000円〜4,000円が相場ですが、人気の小説家だと1枚につき数万円になることも珍しくありません。

    印税

    印税は、出版された本の売り上げに応じて決まります。
    印税率は10%が相場ですが、出版社によってさまざまです。

    1冊700円の小説が10万部売れ、印税率が10%だった場合、小説家には700万円の印税が発生するということです。

    原作使用料

    作品が映画やドラマなど映像化されると、小説家に原作使用料が払われます。
    原作使用料の相場は200万円〜400万円と、ヒット作の印税に比べるとそこまで多額の収入にはならないようです。

    また映画の場合、興行収入によって原作使用料が増えることはありません。

    小説家(作家)のやりがい

    小説家のやりがいは読者から反応があるときです。

    自分が書いた物語を読んで、感想・共感してもらえることは素直に嬉しいでしょう。

    また小説家は自分の想いを伝えたいと思っているので、表現したいことを小説にうまく書けたときにもやりがいを感じます。

    プロの小説家として仕事ができるかどうか不安な場合には、アミューズメントメディア総合学院の小説・シナリオ学科で、在学中にプロの小説家からアドバイスをもらうのがおすすめです。

    小説家デビューのために必要なレベルや、小説家として仕事をする上で気をつけるべきことを、特別講義や編集部批評会でしっかり学ぶことができます。

    気になる方は、まずは無料の資料請求からチェックしてみてくださいね。

    小説家デビュー方法の一覧

    デビュー方法の一覧

    文学新人賞

    小説家デビューする王道のひとつが、出版社などが企画する文学新人賞を受賞すること。

    多くの小説家が新人賞を受賞して、最初の書籍を出版しています。

    文学新人賞のメリットは地方や海外に住んでいる人でも、応募が可能なこと。最近はWEBなどで応募することもできるようになっているので、出版社の近くに住んでいなくても小説家への夢を追いかけられます。

    文学賞といえば「芥川賞」や「直木賞」が有名ですが、こちらはプロの小説家が発表した作品から賞を選ぶものです。

    小説家になるには、公募の文学新人賞に応募するのがポイントです。

    主な文学新人賞

    • 文學界新人賞(純文学)
    • 小説すばる新人賞(大衆文学)
    • 電撃小説大賞(ライトノベル)

    文学新人賞でデビューした小説家

    • 羽田 圭介(『スクラップ・アンド・ビルド』)
    • 東野圭吾(『流星の絆』)

    出版社へ持ち込み

    一般的に漫画の持ち込みと違い、小説の持ち込みは出版社ではあまり受け入れてもらえません。

    ただ色々な出版社のホームページを見てみると【原稿募集】とされているところも多くあります。出版社へ原稿を持ち込みたいと思ったときにはまず、郵送なのか・メールなのか・出版社へ直接持っていくのかを確認するところから始めましょう。

    また出版社の求めている話の内容に合った原稿を持っていくことが前提と言えるでしょう。

    出版社へ持ち込みしてデビューした小説家

    • 西加奈子(『サラバ!』)
    • 京極夏彦(『魍魎の匣』)

    自費出版

    自費出版とは自分のお金で小説を出版することです。
    自費出版専門の出版社もあり、そちらに企画や原稿を持ち込むと担当編集者がアドバイスをしつつ書籍化・書店に並ぶデビュー方法です。

    自費出版でデビューした小説家

    • 山田 悠介(『リアル鬼ごっこ』)

    同人作家として活動

    同人作家とは同人誌などに作品を掲載して活動している人のこと。同人誌の売り上げのみで生活している人は一部で、ほとんどは本職を持ちながら趣味の一環として同人誌を制作しています。

    その中から高い人気を得ることができると出版社から声がかかり、商業デビューへの道が開けていきます。

    同人作家からデビューした小説家

    • 小野不由美(『十二国記シリーズ』)

    WEBサイトで小説を公開する

    新人賞受賞と並んで主流になってきた小説家デビューの方法が、小説投稿サイトに原稿を載せること。
    小説投稿サイトでは出版社と新人賞のコラボレーションをしていることも多く、デビューのチャンスが増えています。

    人気ランキングも表示されるようになっていて、編集者の目に留まれば書籍化されることも少なくないようです。

    小説投稿サイトの中では「小説家になろう」が大手で、ここから小説家デビューしたプロも多数います。

    WEBサイトに公開してデビューした小説家

    • 佐島勤(『魔法科高校の劣等生』)
    • 川原礫(『ソードアート・オンライン』)

    大学に通う

    小説家になるには、学校で学ぶという選択肢もあります。
    大学では、文学部で小説家に必要な知識を学べます。

    特に、有名な小説家の多くは早稲田大学の文学部出身です。

    ただし大学の文学部では、小説の書き方を学ぶというよりは、哲学や心理学、歴史、文化など小説を書くために必要な教養を学びます。

    大学(文学部)からデビューした小説家

    • 村上春樹(『ノルウェイの森』)
    • 朝井リョウ(『桐島、部活やめるってよ』)

    小説の専門学校に通う

    小説家としての技術を向上させつつ、作家活動に役立つ人脈を作れる場としては小説の専門学校が最適と言えるでしょう。

    講師の先生はプロの現場で活躍している小説家も多いため、仕事を振られてそこから商業デビューしたという人もいるそうです。

    出版社とコラボしているカリキュラムもあるため、編集者とコネクションを作る機会も増やせますね。

    小説の専門学校からデビューした小説家

    • 宮部みゆき(『模倣犯』)
    • 森川秀樹(『この世の土産さがしもの帖』)

    小説家デビュー後の実態について

    小説家デビューの方法の中で、最もおすすめなのが最後に紹介した小説専門の学校へ通う方法です。

    特におすすめしたいのは、アミューズメントメディア総合学院の小説・シナリオ学科です。
    どうしておすすめなのか、そのメリットについて詳しく解説していきましょう。

    アミューズメントメディア総合学院に通うメリット

    小説は基本的に孤独な仕事ではありますが、小説家デビューするまでには様々な人の意見や知恵を得て、世に認められる作品に仕上がるまで試行錯誤が必要です。

    アミューズメントメディア総合学院は小説を書くために必要なスキルの基礎・応用の両方を学ぶことができ、講師から受ける的確なアドバイスで力をしっかりと身に付けることができます。

    出版社への持ち込みや新人賞への応募など、デビューに向けたサポートも充実しています。

    資料請求案内イベント案内

    そもそも小説家(作家)に必要な能力とは?

    小説家(作家)に必要な能力

    語彙力

    小説家に限らず、文章を書く人にとっては必須の能力ではないでしょうか。

    語彙力がないとどうしても拙い文章に見えてしまうので、非常に損なことになってしまいます。

    語彙力がある人の小説は表現も豊かになり、作品に深みが出ます。

    知識

    小説を書く上では知識も欠かせません。
    小説というのは想像だけでは書くことができないもの。作者が今までの人生で経験してきたこと、その経験や得た知識を物語に落とし込んで書き上げます。

    知識不足によって間違えた情報や非常識なことを書いてしまわないためにも、普段から本を読むなどして多くの知識を得ることを意識しましょう。

    表現力

    小説家には表現力も求められます。
    小説は創作物ですので、作者の文章表現力というのは作品の良し悪しを大きく左右してきます。

    豊かな表現で面白く描かれた小説には感情移入しやすく、物語にどんどん引き込まれてしまいますよね。

    構成力

    構成というのは、小説に限らず物語作品の骨組みとなるものです。

    構成がしっかりしていたり、あっと驚く展開があるような小説だとどんどん読み進められます。まさに小説の肝と言える要素ですね。

    哲学

    小説家というのは、自分自身の中に哲学を持っている人が多いです。

    そしてその哲学は作品の中で暗に訴えかけられていたり、隠れたテーマになっているということもあります。
    作者特有の哲学というのは作品を特徴づけ、また物語に奥行きを持たせてくれます。

    小説家(作家)に必要な能力とは

    自分には「小説家として必要な能力が足りていない」と感じているのなら、アミューズメントメディア総合学院の小説・シナリオ学科でプロの小説家から基礎から学ぶのがおすすめ。

    在学中にデビュー確約のプロットコンペに参加できるほか、書くスピードに合わせてプロの小説家に個別にアドバイスをもらうことができるので、磨くべきスキルも分かりやすいです!

    小説家デビューを目指すなら、ぜひ無料の資料請求からチェックしてみてくださいね。

    小説の上達方法

    小説の上達方法

    とにかく小説を読む

    小説家のように自分の中からアイディアや文章を生み出す仕事をするには、自分自身の中に情報を貯めておくとよいでしょう。

    様々な出版社の作品・ジャンルの小説を読み「こんな表現をするのか」「文章の言い回しがきれい」「物語の構成がうまい」など、考えながら読むと自分が小説を書くときに役立ちます。

    ニュースや新聞を読む

    実際に世界で起こっていることを知るのも、小説家には必要なことです。
    ニュースや新聞には世間一般が持っている意見が多く載せられています。

    そのため自分と意見が違うと感じても情報を取り入れておくことで、小説の中の登場人物の思考に反映させることができます。

    またニュース・新聞を読んでいるうちに、自分がどんな分野に興味があるのか理解でき小説の題材を見つけることにも繋がります。

    取材をする/自ら体験する

    読書はリアル感のある物語・言葉に興味を持ちます。そのため実際に物事を経験した人の本音を物語に反映できれば、とても魅力的な小説になるでしょう。

    また小説家本人が体験したことを本音を混ぜて書くことで、読者もシーンを想像しやすく共感を得やすくなります。

    専門分野の勉強をする

    ひとつの分野について知っていくと、意外な驚きがあります。「実は◯◯だった」という衝撃を小説にすると、読者も面白いと感じてくれるはずです。

    衝撃をうまく物語にするためには、その分野のことをわかりやすく読者に伝えなければいけません。わかりやすく、違和感を持たせないためにはまず小説家自身が専門分野の情報を理解する必要があります。

    ひとつの分野を専門にして刊行している出版社もあるので、専門知識を身に付けたい場合はそこの書籍を読み漁るというのもおすすめです。

    面白い・他の人には書けない小説が書きたいと思ったら、専門分野について勉強してみましょう。

    辞書を読んでみる

    意味を調べるときに活用する辞書。それはつまり言葉の宝庫であるとも言えるでしょう。最初から最後までじっくり読む必要はありませんが、ページをめくり「きれいだな」と思う言葉をストックしておくと文章を書くときに役立ちます。

    様々な小説を読んで好きな文章をインプットしておく作業と似ていますね。

    出版社ごとに辞書に書かれている説明・言葉が異なるので、違いを見つけるのもよい勉強になります。

    小説の上達方法について

    さらに小説家としてレベルアップがしたいなら、書いたプロットや小説をプロに読んでもらうのが一番です。

    アミューズメントメディア総合学院の小説・シナリオ学科なら、授業の一環でプロの小説家にアドバイスをもらいつつデビュー確約のコンペに参加できるので、小説家になるためのレベルアップが早くできます!

    少しでも気になった方は、オンライン学校説明会や無料の資料請求をぜひ検討してみてくださいね。

    小説家(作家)に必要な基礎学問

    小説家(作家)に必要な基礎学問

    国語

    文章を書くことが仕事である小説家・作家に国語力は必要不可欠と言えるでしょう。

    文章で相手に伝えられる力を知るためには、小説家自身も物語を読み取る力を養わなけばいけません。

    書いた文章が理解しやすいかを判断するためにも、国語力は必要になってきます。

    社会

    社会の授業には歴史・政治経済など様々な要素が含まれています。

    その要素は社会を形作っている情報が多いため、物語作りにも役立つ可能性があります。

    また歴史上の人物を知ることで登場人物のモデルにするなど、物語を作る際に幅を広げることもできるでしょう。

    英語

    小説を書くとき、難しい言葉を使ってカッコよい文章を書きたくなってしまうことがあります。

    そのようなときには一度日本語で文章を書くことを止めて、英文に置き換えてみましょう。するとシンプルな単語が並び、自分が表現したかった文章が理解できるようになるはずです。

    英語の勉強をすることで日本語に行き詰りを感じたとき、脳をシンプルな思考にすることができるようになります。

    基礎学問を学び実際に小説を書いたら、プロの小説家にアドバイスをもらってブラッシュアップすれば、小説家デビューがより近づきます。

    例えば、アミューズメントメディア総合学院の小説・シナリオ学科なら、在学中にデビュー確約のプロットコンペに参加しながら、プロの小説家にアドバイスをもらうことができるので、在学中の小説家デビューも夢ではありません!

    本気で小説家デビューを目指しているのなら、ぜひ無料の資料請求をしてみてくださいね。

    小説家は幅広く活躍できる!小説以外の活躍の舞台

    小説以外の活躍の舞台

    ゲームシナリオライター

    最近はアプリゲームが進化を遂げていて、様々な作品が発表されています。

    最近はストーリー性を重視している作品が多く、ライトノベル作家がメインシナリオを任されることも増えています。

    映画化もされた『ちーちゃんは悠久の向こう』の作者である日日日(あきら)さんは大人気アプリゲーム「あんさんぶるスターズ!」のシナリオを担当しています。

    ゲームシナリオの書き方とは

    マンガ原作者

    最近の漫画業界ではストーリー担当と作画担当を分ける分業制も増えてきました。

    それと同時に、マンガ原作を担当する小説家も増えたと言えるでしょう。

    『いつか天魔の黒ウサギ』などを書いている小説家の鏡貴也さんは『終わりのセラフ』の原作を担当し、アニメ化もされました。

    場合によっては原作を担当した作品が人気が出て、ノベライズを担当することもよくあります。

    アニメ脚本家

    小説家として自分が得意な世界観をアピールできると、アニメ脚本を依頼されることもあります。

    駆け出しの頃は単話ごとの依頼かもしれませんが、有名になるとオリジナルアニメの原作・脚本を任される可能性も高くなります。

    『シュヴァリエ』などの作者・冲方丁さんはテレビアニメ『蒼穹のファフナー』や『攻殻機動隊ARISE』のシリーズ構成を担当しています。

    アニメ脚本家になるには?

    ノンフィクション作家

    フィクションを書きながら、ノンフィクションを書く作家もいます。取材したことや経験した事実をそのまま書いた方がメッセージを伝えられるという場合は、ノンフィクションを選びます。

    フィクションの『鞍馬天狗』シリーズなどで有名な大佛次郎さんは、ノンフィクションで『パリ燃ゆ』『天皇の世紀』などを発表しています。

    エッセイスト

    作家の視点で書かれる日常は、多くの読者が興味を持ちます。

    そのため新聞や雑誌で連載形式で執筆を依頼されることも多く、連載作が書籍になって刊行される場合も多々あります。

    最新作『騎士団長殺し』が話題を呼んでいる村上春樹さんも『村上ラヂオ』というほのぼのしたエッセイを書いています。

    コメンテーター

    最近ではテレビのワイドショーやラジオのコメンテーターとして出演する作家が増えています。
    作家は様々な視点で物事を考え、解釈・創作する仕事なので一般的な人とは違ったコメントを求められているのかもしれません。

    室井佑月さんは「バラいろダンディ」「ひるおび!」など多数のテレビ番組にレギュラーとして出演。

    最年少直木賞作家の朝井リョウさんは『朝井リョウ&加藤千恵のオールナイトニッポン0(ZERO)』『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』など多数のラジオ番組でパーソナリティを務めています。

    タレント

    小説家の中にはタレント・俳優として活躍している人もいます。
    またタレントや俳優として活躍する傍ら、小説家デビューする人も増えています。

    表現する・考えを伝えるという意味では俳優・タレントは作家と通じるところがあるのかもしれません。
    小説家・エッセイストのリリー・フランキーさんは、2008年に公開された『ぐるりのこと。』で主演を務めるなど俳優としてもその名が知られています。

    政治活動

    小説家で政治活動を行っている人というと最初に思い浮かぶのは、元東京都知事の猪瀬直樹さんかもしれません。『天皇の影法師』でデビューして以来、数多くのノンフィクション小説を生み出してきました。

    その後小泉内閣の「行革断行評議会」委員に選ばれ、政治の世界で活躍するようになりました。

    小説を書くためにたくさんの情報を集め、世間の人に伝える小説を書き続けていると政治の世界からも声がかかるかもしれません。

    講師

    プロの作家がどのように創作しているのかを知りたい人はたくさんいます。

    そのため小説専門学校・スクールで講師をする小説家もいます。

    直木賞や本屋大賞を受賞している三浦しをんさんは「山形小説家・ライター講座」にゲストとして登場し、お話をされていました。

    小説家として名前が売れると作家自身の考え方・生き方にも興味を持たれるので、講師として招待されることも増えるでしょう。

    さらに活躍の場所を増やしたいなら、小説家としてのスキルアップが必要になります。
    おすすめしたいのは、アミューズメントメディア総合学院の小説・シナリオ学科でプロの小説家にアドバイスをもらいながら、スキルアップする方法です。

    在学中にデビュー確約のプロットコンペを受けられる他、書くスピードに合わせて個別にアドバイスがもらえるので、未経験の方でもしっかりスキルアップすることができます!

    ぜひ、無料の資料請求からチェックしてみてくださいね。

    小説業界の現状


    本離れが注目されている現代で、小説家の先行きは不安に思えるかもしれません。

    しかし最近ではWEBサイトで小説を読む人が増えているため、【小説】自体の未来はまだまだ明るいと言えそうです。

    また小学生~高校生をターゲットにしたライトノベルの人気は高く、相性のよいイラストレーターとタッグを組むことで売り上げも期待できるでしょう。

    これから小説業界を目指すのであれば、書籍だけにこだわらずWEB上で公開するということも活動の一環として考えるとよいかもしれませんね。

    小説業界の現状と将来性

    小説業界で長く活動したいなら、デビューまでに小説家としての基礎力をつけておくのが重要です。

    アミューズメントメディア総合学院の小説・シナリオ学科なら、在学中からプロの小説家に「小説家として仕事をする上で必要なスキル」を教えてもらえるので、未経験の方でも一から基礎力を身につけていくことができます!

    小説家として仕事をしていきたいと思っているなら、まずは無料の資料請求をチェックしてみてくださいね。

    小説家についてのQ&A

    学校の勉強が苦手でも小説家になれる?

    学校の勉強が苦手だからといって、小説家になれないわけではありません。
    ただし、「小説家(作家)に必要な基礎学問」でも紹介した通り、良い小説を書くためには学校で勉強した知識も必要です。

    たとえ勉強が苦手でも、学校の授業は普段からしっかり聞いておくと、小説を書く時に役に立ちます。

    才能がないと小説家になれないのでは

    小説家は、「才能が必要」と思われがちな仕事の1つです。
    しかし、小説家になるには才能よりも努力に目を向けるようにしましょう。

    現在活躍している小説家も、始めから上手い文章や心に響く作品を書けたわけではありません。

    小説家になるには、たくさん文章を書き、数多くの作品に触れることで、良い作品を書くテクニックを身に付けていくことが大切です。

    小説家になれる確率は?

    小説家になれる確率について正確なデータがあるわけではありませんが、新人賞の倍率は人気のものだと約数百倍〜数千倍です。

    これだけ小説家志望の人が多い中で小説家になるには、しっかりスキルを身に付けてデビューの対策をすることが大切です。

    本をあまり読まなくても小説家になれる?

    「忙しくてなかなか本を読む時間がない」という人も多いかもしれません。
    もちろん、たくさん本を読んだ方が良いですが、あまり本が読めない場合はインプットの質を高めるように意識しましょう。

    たとえば、一冊の本の中で「この表現が良かった」という文章をメモしたり、「主人公はなぜこんな行動をしたんだろう?」と想像してみたり、小説家の視点で本を読んでみることをおすすめします。

    中学生や高校生で小説家になれる?

    綿矢りささんや羽田圭介さんは、高校生で小説家デビューしています。
    また2017年に小説家デビューした鈴木るりかさんは、当時中学生だったことで話題になりました。

    このように中学生や高校生で小説家になったプロもいますが、レアケースです。

    もちろん、中学生や高校生のうちから文学新人賞に応募したり、WEBで作品を公開したりするのは良いことですが、学生のうちにデビューできなかったからといって諦める必要はありません。

    中学生や高校生のうちは独学で小説家を目指すのが一般的ですが、高校を卒業すれば小説の専門学校で勉強するという選択肢も増えます。

    独学で小説家になるには難しいと感じたら、小説の専門学校に通うのも1つの手です。

    なぜあなたは小説家になりたいのか?

    「小説家になりたい」
    この記事を読んで下さった方の中には、この気持ちを持っている方もいるかもしれません。

    ではなぜあなたは小説家になりたいのでしょうか?

    物語を考えることが好き・文章を書くことが好き・小説家という響きに憧れている・家で仕事がしたい。

    目指す理由は人それぞれ。そして小説家を目指す理由はどのようなものでもいい、どれも目標と言えると思います。

    一番大切なのは「小説家になりたい」と言うだけでなく、実際に物語を書いてデビューするために行動すること。

    もし今物語を書かずに「小説家になりたい」と思っているなら、自分の抱えている目標が本当に「小説家でなければ達成できないことなのか?」を考えてみるといいかもしれません。

    小説家を目指す理由・きっかけについて

    本気で小説家になりたいなら、自分が小説家として仕事ができるようにスキルアップをしましょう。

    例えば、在学中からプロの小説家にアドバイスをもらいながら、大手出版社にデビュー確約のコンペを受けることが出来るアミューズメントメディア総合学院の小説・シナリオ学科への進学がおすすめです。

    少しでも気になった方は、オンラインでの学校説明会や無料の資料請求をしてみてくださいね。

    まとめ

    小説家になるには様々な方法があり、今活躍している方もデビューした経緯はそれぞれ違います。

    どうしても小説家として商業デビューしたい! と思っているのなら色々な方面からアタックしてみましょう。

    諦めずに小説を書き続けることが重要です。

    もし今、小説を書いていて「なかなか思うように書けない」「どうすれば上手く書けるようになるか知りたい」という人は、アミューズメントメディア総合学院のオープンキャンパスに参加するのがおすすめ!

    プロの小説家が小説の書き方のコツを教えたり、あなたが書いた作品を添削したりします。

    小説家デビューを目指すなら、まずはオープンキャンパスへ参加してみてはいかがでしょうか。

    >>オープンキャンパス・体験説明会 | アミューズメントメディア総合学院 東京

    >>資料請求|AMG/アミューズメントメディア総合学院 東京

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/novels/
    名前