小説の上達方法について

  • by
  • デフォルトのアイキャッチ画像

    小説を読んでいると、上手い小説と下手な小説の違いがなんとなくわかってくると思います。
    それは文章力しかり、小説のテクニックしかり、様々な部分で露わになってきます。
    でももし自分が書くのであれば、上手な小説に仕上げたいですよね。
    そこでこの記事では小説文章を上達させるための様々な方法をお教えしたいと思います。

     

    • アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科
    • アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科では、文章力はもちろん、発想や構成、キャラクター設定など、魅力的な文章を書くのに必要なスキルを一通り学べます。
    • 電撃文庫や角川文庫など卒業生の実績も多数あり、在学中からデビューする人も。
    • アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科
    • アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科では、文章力はもちろん、発想や構成、キャラクター設定など、魅力的な文章を書くのに必要なスキルを一通り学べます。
    • 電撃文庫や角川文庫など卒業生の実績も多数あり、在学中からデビューする人も。

    「書く」について

    書く習慣をつける

    小説を書く上でまず前提的に必要なのが基本的な文章力ですよね。
    語彙力や言葉での表現力、文章構成力など、文章を上達させるためにはそういった文章の基本は初めに押さえておきたいところです。
    そのために日頃から簡単にできる心がけとして、文章を書く習慣をつけるということがあります。
    これは小説に限ったことではなく、例えば毎日日記を書いてみたり、ブログをやってみたりなどといったことでもOKです。一つ文章を書く習慣を身につけることで文章力が鍛えられるだけでなく、自分の文章に個性が出てきたり、気づいていなかった言葉の間違いに気づいたりすることもできます。

    写経をする

    この場合の写経というのは、実際の小説家の文章を書き写すことを言います。これは、プロの小説を書き写すことで言い回しやテンポを身体で覚えるための方法です。この方法はプロの小説家も推奨していたり小説の参考書でも書かれていることが多いです。
    しかしただ何も考えずに写経するだけでは意味がありません。構成や言い回し、使っている言葉などを意識しながら書くことで初めて効果が得られます。何も考えないでひたすら書き写すのではなく、時間をかけてゆっくり書き写しながら自分のものにしていきましょう。

    小説・シナリオ学科の詳細

    「読む」について

    小説を読む

    小説の表現方法というのは作家によって様々なものがあります。
    出版社や作品ジャンルを問わず多くの小説を読むことで、知らなかった表現方法や綺麗な言い回し、また上手な構成など、参考となるテクニックを盗むことができます。どんどん盗んで自分の小説に落とし込みましょう

    ニュースや新聞を読む

    ニュースや新聞は、今現実世界で起こっている事実のみを伝えてくれますよね。こういった情報を取り入れることも有効です。
    ニュースや新聞に載る出来事はつまり客観的な事実です。また、そこに載せられる世間の声もまた客観的な意見ですね。小説という極めて主観的な世界にいると、一般人としての客観的な感覚が麻痺してしまいます。一般的な考えや感情、行動などにも触れておくことで、読者という現実の人々の感覚からかけ離れすぎないようになります。

    辞書を読んでみる

    言葉の意味を調べる時に使う辞書ですが、それは小説で使える言葉のリストと考えることもできますよね。
    全ページじっくり読むというのはほぼ不可能な量ですが適当にめくったページで気に入った言葉をメモしてストックしておくなどすると、いざ小説を書く時に役に立つこともあるかもしれません。
    また、辞書も出版社によって言葉の説明が違ったりします。その違いを探したりしていると、言葉の新しい発見なんかもあってなかなか面白いです よ。

    小説・シナリオ学科の詳細

    「調べる・勉強する」について

    専門分野の勉強をする

    専門分野を突き詰めていくと、意外な新発見や驚きがあったりします。そういった驚きから着想して小説を書いてみると、面白い作品になったりします。
    専門分野に関しての物語を書くには、まず作者自身がその分野の知識をできる限り蓄える必要があります。読者に違和感なく、また理解しやすく伝えるためには、専門分野をまず自分のものにすることが重要なのです。
    出版社によっては一つの分野に特化しているところもあルため、そういったところの書籍を片っ端から読んでみるというのも一つの手ですね。
    他にない自分だけのジャンルを確立してみたいという人にはぜひ専門分野の勉強をお勧めします。

    テーマの取材をする

    特殊なテーマの小説において、現実感のある物語や言葉というのはとても魅力的なものです。しかしそういったリアリティーは実際にその場面を味わっている人やその時代を生きていた人などの経験からでなければなかなか出てこなかったりします。
    リアルな状況や感情を知るために、テーマに関する取材を行うのは一つの手です。実際に経験している人の生の声には、書籍などからでは得ることのできないリアリティーが詰まっています。

    自ら体験する

    リアリティーを出すという点において、テーマの取材をする以外にもさらに効果的な方法があります。それは実際に自ら体験してみるという方法です。
    これが可能なテーマというのは取材するよりも限られてきますし、知ることのできる範囲も狭まってくるかもしれません。しかし体験することができた場合、取材して情報を得るよりもより深いところまで見聞を得ることができる可能性があります。
    「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、自ら経験するということはとても収穫の多いものなのです。

    小説・シナリオ学科の詳細

    まとめ

    書くこと、読むこと、調べることと小説の文章上達のためにはやるべきことが沢山ありますね。
    しかし小説家を志す人にとっては苦でないものの方が多いのではないかと思います。
    できる限りのことを実践して、これからもどんどん上手な文章を書いていきましょう。

    小説家(作家)になるにはこんな方法があります

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/novels/
    名前