小説家(作家)の生活について

  • by
  • デフォルトのアイキャッチ画像

    小説家の1日の過ごし方を知らない方は多いと思います。
    1日中家にこもりっぱなしというイメージを持っている方がほとんどではないでしょうか。
    意外にも小説家の1日は、アクティブだったりするのです。もちろん、小説家としてどのくらい活躍しているのかによりますが、1日中こもって執筆活動している方は、少ないのかもしれません。

     

    • アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科
    • アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科では、文章力はもちろん、発想や構成、キャラクター設定など、魅力的な文章を書くのに必要なスキルを一通り学べます。
    • 電撃文庫や角川文庫など卒業生の実績も多数あり、在学中からデビューする人も。
    • アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科
    • アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科では、文章力はもちろん、発想や構成、キャラクター設定など、魅力的な文章を書くのに必要なスキルを一通り学べます。
    • 電撃文庫や角川文庫など卒業生の実績も多数あり、在学中からデビューする人も。

    小説家の1日:Aさんの場合

    6:00 起床
    8:00 朝食を済ませ、執筆を始める
    13:00 散歩しに外出
    18:00 担当編集者と打ち合わせ
    20:00 執筆終了
    24:00 就寝
    小説・シナリオ学科の詳細

    小説家の1日②:Bさんの場合

    8:00 起床
    9:00 ノートパソコンで、執筆活動
    12:00 昼食
    13:00 気分転換に喫茶店で執筆
    17:00 買い物をして帰宅
    18:00 夕食
    20:00 執筆
    23:00 就寝
    小説・シナリオ学科の詳細

    小説家の1日③:Cさんの場合

    8:00 起床
    9:00 執筆開始
    13:00 出版社の個室で執筆
    15:00 コラム執筆
    16:30 完成したコラムを担当に送信
    17:00 担当者と打ち合わせ
    18:00 執筆終了
    小説・シナリオ学科の詳細

    執筆時と構想時の生活の違い

    構想を練っている時の生活は、非常にアクティブになる人が多いです。メモとペンを持ち歩き、ヒントを探しに外出する方がいらっしゃいます。何気ない風景や日常の中に、小説のネタになることが多く潜んでいるのです。パソコンや紙とにらめっこして悩むより、外出をして、刺激を受けにいきましょう。構想時は、自分が今までしたことのなかった世界に、足を踏み入れてみる良い機会です。アンテナを張り続け、何気無い生活に敏感になって生活しましょう。
    一方で、構想を練り上げ執筆に取り掛かると、プロットを作成しているときよりも、少し生活が変わってきます。構想を練り上げている時は、積極的にネタ集めをするために外出などをしていた時間を執筆に回すようなイメージです。しかし、一日中家にこもりっぱなしという人はあまり見られず、行き詰まったらすぐに気分転換しに散歩や喫茶店へ行くという小説家が多いのです。
    そのため、根を詰めてがむしゃらに机に向かうというよりも、自分のリズムを作って執筆する方が、効率よく小説を書くことができるようです。

    小説・シナリオ学科の詳細

    デビュー前とプロの生活の違い

    専業で小説を書いている人は少なく、執筆活動のみで生計を立てているのは、ヒット作家のみと考えた方が良いかもしれません。デビュー前の方は、仕事の傍に小説を書いている方がほとんどです。そのため、仕事後や仕事の合間を縫って書くといったスケジュールになります。仕事をしながらなので、疲れてしまい小説に手がつかないというケースもあります。そのため、考えることが非常に多くなってくるので、身体的にも精神的にも辛いタイミングがあるかもしれませんが、小説家を志した目的や理由を明確にしておくことで、折れそうな自分を支えましょう。一方で、プロの小説家になると、生活の全てを執筆に充てることができます。自由な時間が多いため、その分スケジュール管理をしないと執筆作業の質が低下してしまいます。また、そこそこ有名になると、新人賞の審査員や雑誌のコラム記事、メディアのインタビューという仕事も入ってくるので、小説に充てる時間が減ってしまいます。そこも含めて、自分の時間をコントロールできる力を身につけるようにしておきましょう。

    小説・シナリオ学科の詳細

    作家生活で注意したいこと

    基本的に一人での作業となるので、新しく交友関係などを築くのが難しいかもしれません。そのため、ふとした瞬間の孤独感を感じることがあります。しかし、孤独感を感じると人間関係により敏感になるので、小説に活かせることがあるかもしれません。
    また、ヒット作を継続していかないと小説家として生計を立てることが難しいのです。
    そのため、小説の書き始めの頃は副業の一つとして小説をかくようなイメージでいて、ヒット作をかけるようになってから、本格的にプロの小説家として、独立していくようなキャリアプランが良いでそしょう。

    小説・シナリオ学科の詳細

    まとめ

    小説家の1日のスケジュールはプロとアマによって、大きく異なりますが、一番大事なのが執筆に集中できる環境や時間を作り出せるかです。一日中紙やパソコンとにらめっこしても、作業の質が下がってしまうので、切り替えが非常に重要な職業ともいえるでしょう。

    小説家の仕事についての概要はこちらへ

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/novels/
    名前