⇒1/8更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求

ニュース

キャラクターデザイン学科2020年内定者速報! 株式会社ウインズに内定した、福井さんロングインタビュー

株式会社ウインズに内定が決まった、キャラクターデザイン学科の福井さんに、AMGでの思い出や就職内定までの道のりをお聞きしました。

Q1.まず、内定の知らせを聞いたときの気持ちを聞かせてください。

とても嬉しかったです。
はじめての就職活動ということもあり、内定を頂けなかったらどうしようという不安が大きかったので、嬉しいと思ったのと同時にとても安心したのを覚えています。

Q2.アミューズメントメディア総合学院で、就職に役立った講義や先生、サポート制度はなんですか?

ポートフォリオについても、受ける企業様によって変えたり、面接についてもその都度相談しました。そういった相談に親身に乗ってくれたことです。

福井さんのポートフォリオ。何度も添削や修正を重ねブラッシュアップしていった。

一人で就活をしていたら、きっと途中で心が折れていたと思います。私はAMGに入るタイミングで上京だったので、2年生になってコロナ禍になった時も不安になることもたくさんありましたが、先生方がご自宅からオンラインでの面談や、みんなで作業通話する時間をつくってくださったりして、オンラインでのイラスト添削などもたくさん活用させて頂きました。

福井さんのイラスト作品 

入学したばかりの頃と、今の自分のイラストを比べると上達したと感じます。技術的なことやテクニックはもちろん、気持ちや考え方の面でも周りと比べないことの大切さ、1枚1枚仕上げて完成させて継続していく、枚数をたくさん描くということを講師の先生方から教わりました。

Q3.就職活動、指導でなにか思い出のエピソードを教えてください。

思い出といって良いのかわからないのですが、面接やポートフォリオを送る中で気が付いたことがあります。これまで、自分が描いている「趣味の絵」とこれから業界に身をおいていって描いていく「仕事の絵」の違いです。
就職活動を始めたばかりのころ、企業の採用担当の方にポートフォリオを見ていただきました。当時の自分は入学前から絵が上手いと褒めていただいたり、賞をいただく機会も多く今思えば少し自信過剰になっていたんだと思います…学校に入って、企業様にはストレートに「業界で仕事をするには画力が不足している」とハッキリ言われることが多かったので、就活中とても悔しい思いをしました。
まだうまく言葉にはできないのですが、自分のためだけに描く絵と、仕事で誰かに見てもらったりユーザーさんに刺さるような絵の、その違いがもっと早く理解出来ていたらとも思いますが、業界に就職して仕事をしたいとずっと思って入学した自分にとって、それに気づけた就活の過程はとても大きな経験になりました。

Q4.クラスの雰囲気や、教務の先生はどうですか?

クラスでは、わからないところがあれば友達が教えてくれたりと多くの面で助けてもらいっています。
教務の先生方をはじめとした先生方も、絵を描く方が多く、キャラクターや業界に詳しいので、イラストについての相談や、いろいろなアドバイスを聞くことができます。
私は特に、なにかあるたびに頻繁に引き留めて色々聞いていたのですが、その都度しっかりと時間を割いて聞いてくださいます。私が落ち込んでいたり、ネガティブな気持ちに陥っている時は先生方の方から声をかけてくださって本当に有難かったです。

Q5.アミューズメントメディア総合学院へ入学してよかったと思うことがあれば教えてください。

良かったと感じる瞬間は多々あるのですが、一番は入学時から思っていた、絵を描くことを仕事にするという目標を実現しスタートラインに立つことができたことです。
この学校に通っていて 技術力の面でもそうですが、取り組む姿勢に対しても自分の手本となる方が大勢いる環境は、自分がこの業界で生きていく準備をする上で、たくさん学べる本当にいい環境だと常に感じています。

Q6.これから、どんなクリエイターになっていきたいでしょうか。

さらに技術や経験を磨いて、「この人にこの絵を描いてもらいたい!」と思って頂けるような人になりたいです。
尊敬するクリエイターさん達の足元にはまだまだ及びませんが、いつかそんな憧れの方々と一緒にお仕事ができたらなと思っています。

Q7.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

私が実際にの学校に入って大変だったこと・そして学んだことは、なによりも自分のやりたいことや目標・夢に対してのモチベーションを保つ、ということでした。
皆さんが今抱いているこの業界に対しての「憧れ」や「思い」というものはとても大切なものだと思います。でも、なにか壁にぶつかったり苦しい時に、やめたり諦めてしまうことは簡単で、続けることの方が大変です。全然偉そうなことを言える立場ではないのですが、その自分の「思い」を見失わずに努力することでいつか、好きなことを続けてきて良かったと思える日が必ず来ると信じて
私も、皆さんと一緒に頑張っていきたいです。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

福井さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、キャラクターデザイン学科ではLINE@での入学前イラスト添削アドバイスや、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる