MENU

入学イベント
資料請求

ニュース

株式会社 D・A・Gに内定した佐藤さんロングインタビュー

株式会社 D・A・Gに、在校生が内定をいただきました!内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・佐藤千紗さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたのは何故ですか?

きっかけは、ホームページを見て業界就職率が高く、説明会に参加してみようと思いました。
その際に、些細なことでも丁寧に相談に乗ってもらえたので、この学院ならしっかり勉強していけると思い、入学を決めました。

Q2.印象に残っている先生や講義はありますか?

3DCGの柴崎先生とデジタル編集・合成の近藤先生です。柴崎先生とは、1年生の時から授業をしてもらっていて、幅広いソフトの使い方を教えて頂きました。とりあえず困った事があれば柴崎先生に相談!って感じでした。また、とてもフレンドリーに接してもらえて、1番話しやすい先生です。

近藤先生は2年生になってから授業をして頂いており、授業でカメラを持ってきている時がありました。ちょうどその時、私がカメラを買おうとしていて、色々と教えてもらった思い出があります。
またそれまでは、ゲームやアニメなどの知識しかなかったので、実写や現実などの新しい知識を教えてもらえたのが新鮮で楽しかったです。

Q3.クラスの雰囲気や担任の先生との思いではありますか?

ありきたりな言葉になってしまうのですが、とてもいいです!
1人1人得意な事があり、自分1人で悩んで解決出来ないことも周りに聞くと解決できた事が多くありました。
担任や教務の先生も質問したことに対して丁寧に教えて頂けたので、とても助かりました。

Q4.夏期・冬期共同制作の思い出は?

チームメンバーもほとんど知識がない状態でのスタートだったので、苦労する事も多かったです。
しかし、それと同時に自分に足りない物が見つかったり、周りと話し合ったり意見を言い合える環境だったので、とても成長できたと思っています。

Q5.就職活動・就職指導の思い出は?

1人1人に親身な対応をして頂きありがたかったです。
今年はオンラインでの面接がほとんどだったので、普段の面接と違い不安な事も多かったのですが、面接の前に時間を取ってもらい練習させていただきました。そのため、本番でもあまり緊張せずに臨むことができました。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

様々な人たちに楽しんでもらえるものを作れるクリエイターになりたいです。

Q7.これからゲーム業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

2年間と言う短い期間の中でプロになるというのはとても大変だと思います。
しかし、その期間の中で集中して学ぶ経験はこれからクリエイターとして仕事をしていく上で役に立つと思います。そして、意外な知識が役に立つことがあるので、興味のある物にはどんどん挑戦していくのがいいと思います。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

佐藤さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

声優エンタメチャンネル放送中
声優エンタメチャンネル放送中