⇒2/15更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求

ニュース

株式会社A-1 Pictures会社説明会を実施しました

学院までお越しいただき、
会社説明をしていただきました。

4月23日(金)株式会社A-1 Picturesをお招きし、学内会社説明会を実施しました。A-1 Picturesと言えば「黒執事」「戦場のヴァルキュリア」など、人気アニメーション作品を数多く創り出してきたスタジオです。
今回は採用担当の方が直接学院まで足を運んでくださり、より近い距離でお話が聞ける機会とあって、学生たちの表情も真剣そのもの。業界の仕組みやアニメビジネスについての詳しいお話はもちろんのこと、完成したばかりの新作アニメの予告編まで見せていただき、学生たちもこれから始まる就職活動への良いスタートダッシュとなったようです。

■A-1 Picturesについて

まず、A-1 Picturesの由来についてお話をしていただきました。Aには3つの意味が込められており、1つは親会社であるAniplexのA。2つ目はAnimationのAで、「アニメーションで1番になりたい!」という願いから、「1」という数字が付けられたそうです。そして3つ目がAsagayaのA。AsagayaとはA-1 Picturesのある杉並区阿佐ヶ谷のことで、もともと杉並区や練馬区にはアニメのスタジオが数多くあるとでも有名。現にA-1 Picturesの最初の作品は、杉並区の公式キャラクター「なみすけ」のアニメーションだったそうです。

■A-1 Picturesの取り組み

続いてA-1 Picturesの取り組む企画についてお話いただきました。 親会社であるアニプレックスとテレビ東京がコラボレーションして実現した「アニメノチカラ」という企画があります。

スライドを使って丁寧に説明していただきました。

「アニメノチカラ」とは、テレビ東京の深夜枠を使って、新しいクリエイターやアニメを開発していく試みのことで、すでにあるノベルスや漫画をアニメ化するのではなく、オリジナルアニメ作品を制作し放送する企画のことです。
A-1 Picturesの社内にもオリジナルの企画会議である「A-1グランプリ」という会議があり、ここで優勝した作品が「アニメノチカラ」でアニメ化されました。このグランプリには所属部署など関係なく誰でも応募でき、A-1 Picturesに入社の際は早速4月からこのグランプリへ応募する権利があるそうです。

その後は、アニメビジネスにおけるお金の流れの仕組みや、各セクションの説明を詳しくしていただきました。普段はアニメを制作する技術を学ぶ学生たちも、アニメができるまでの全体像のお話にとても興味津々な様子でした。

■求める人材について

「アニメが何よりも大好きで、オリジナリティあふれるアニメ作品をともに創り上げていく意欲のある方」これがA-1 Picturesの求める人材像です。

正直、アニメの業界は大変です。「辞めたい」と思う時は誰にだってあります。しかし自分の仕事が人から評価された時や、苦労して携わった作品のテロップに自分の名前が載っているのを見た時にはやりがいを感じる。そんなお仕事。仕事を通してオリジナリティを磨き、発揮できる人を求めているそうです。

その後は学生からの質問タイムとなりました。

■学生からの質問タイム

Q.応募する際に提出する、志望動機のレポートは何枚くらい書けばいいですか?

A.特に決めておりません。1枚で収めるのがいいのか、2~3枚くらい書くのか、10枚くらい書くのか…どれを選ぶかも、その人のセンスですから。だけど私たちは毎年数百人の応募書類を見ています。全員が10枚以上もレポートを書いて来たら、当然目を通すことはできなくなりますよね。審査する側の立場に立って、読みやすいレポートを心がけましょう。

Q.どんな研修制度がありますか?

貴重な機会ということもあり、
学生たちは次々に質問をしました。

A.基本的に研修期間は設けていません。現場に入ってすぐに先輩についてもらい、仕事をしながら覚えていくというスタイルをとっています。アニメーターの場合はまずは動画からお任せし、1年に2回ほどチャンスのあるテストに合格すれば、原画にステップアップできます。テストなので実力のある人は早くステップアップできますし、実際、これまでの最短記録は1年で原画にステップアップした人がいました。

制作進行の場合もすぐに現場に入ってもらいますが、2月末に1泊2日の研修旅行があります。そこではチームで仕事をすることへの導入や心構えなどの研修を行います。 基本的には現場にすぐに入るので、いち早く作品のテロップに名前が載りますよ!

いよいよ就職活動が本格的に始まる2年生。馴染みあるアニメを作ってきた会社から貴重なお話を聞けて、良いスタートダッシュとなった1日でした。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる