⇒9/10更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求

ニュース

ソレイユ株式会社に内定した中野さんロングインタビュー


ソレイユ株式会社に、在校生が内定をいただきました!内定者であるゲームクリエイター学科・中野航さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたのは何故ですか?

いち早く確実にゲームクリエイターとして活躍したいという思いがあったので、共同制作をはじめ2年制という短い期間のなかでも実戦的で濃密なカリキュラムが受けられるAMGに惹かれ、入学を決めました。あとは、何度も観たWEBラジオ「ぶるらじ」で紹介されていたから、というのも理由のひとつです。

Q2.印象に残っている先生や講義はありますか?

どの先生もプロのクリエイターですから、皆さんとても個性的で講義ひとつひとつが印象深いです。なかでも「ゲーム企画書作成」を担当されている桑原先生の講義は、実際に自分で企画書を作成し提出、先生からのフィードバックを反映して再度提出……というなかなかハードな講義だったので、特に印象に残っています。桑原先生とのやりとりを通して自身の能力が高まっていく感覚を味わえたことと、「この企画は面白いね」とお褒めの言葉をいただいた時の嬉しさはとてもよく覚えています。

Q3.クラスの雰囲気や担任の先生との思い出はありますか?

クラスメイトみんなゲームが好きでAMGに入学しているので、ゲームの話でよく盛り上がっていました!講義がはじまるギリギリまで、「あのゲームのPV見た?」といった話で盛り上がっていました。また、クラスメイトとゲームセンターで遊んだこと、担任の渡辺先生と格闘ゲームで対戦したこともよい思い出です。(コテンパンにされましたが……)

Q4.夏期・冬期共同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

夏期と冬期、二度の共同制作を通じてゲームを作り上げることの難しさを思い知りました。チーム内でのコミュニケーションが上手く取れず苦い思いをしたり、上手くゲームシステムを作り上げることが出来ず、方向性が見えなくなったり……しかし、その中で培った技術や考え方は、自分の武器に出来たと思うので、大変ながらも有意義な時間だったと感じています。

Q5.就職活動・就職指導の思い出はいかがですか?

就職活動では必須の自己分析や面接対策が足りず、失敗を繰り返してしまったのですが、担任の渡辺先生、キャリアセンターの宮川先生に何度もご指導いただき、自分のよさを見つめなおすことが出来ました。さらに企業面談の機会を何度も設けてくださったおかげで内定に繋がったので、感謝しかありません。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

お客様に楽しんでもらうことを第一に考えるクリエイターになりたいです。
ゲームをはじめとするエンターテインメントは、遊んでもらう人、観てくれる人がいてはじめて完成すると自分は考えています。自分の作っているゲームはどんな人がプレイしてくれるのかを想像し、システムやストーリーを作り出し、お客様に「面白い!」と感じてもらえるよう、努力を続けていきたいです。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします

ゲーム業界で求められる条件のひとつは、ゲームへの愛と情熱です!あなたは持っていますか?「ゲームが好きだ!自分の方が面白いゲームを作れる!」という熱意がありますか?
それがあれば、ゲームクリエイターになれる素質を持っているはず。どんなゲームを作りたいかマジメに考えてみることこそが、クリエイターとして大地に立った瞬間だと思います。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

中野さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

声優エンタメチャンネル放送中
声優エンタメチャンネル放送中