⇒9/10更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求

ニュース

株式会社プロダクション・アイジー(新潟スタジオ)に内定した若槻さんロングインタビュー

株式会社プロダクション・アイジー(新潟スタジオ)に、在校生が内定をいただきました!
内定者であるアニメーション学科・若槻 茜さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたのは何故ですか?

『卒業生の離職率』のお話など、他校では聞けないリアルな情報をオープンキャンパスで聞けたことで、AMGは信用できると感じました。
さらにAMGへの入学を決定づけたのは、3年制の他校とで迷っていたときのことです。
高校2年生の夏頃、当時のクラスメイトに「しっかり3年かけるのか、みっちり2年学んでアニメーターになるか」という話をしているなかで「1年でも早くアニメーターになりたい」と思っている自分に気づき、AMGに決めました。

Q2.印象に残っている先生や講義はありますか?

印象に残っている先生はデッサンの山田先生です。芸術家とはこのような方を指すのだな、と思います。
講義では、特にデジタルの授業が学べることが豊富で楽しかったです。
また、クロッキーの授業でクラスメイトの描き方を取り入れようと励んだことで、1歩前進することができました。

Q3.共同制作や同じクラスの仲間との思い出は?

私たちの代の共同制作は、1年生の時の一度だけでしたが、とても刺激的でよい経験だったと思います。自分の力不足に直面し落ち込むこともありましたが、完成した映像をみんなで観たときは感無量でした。またあの気持ちを味わいたいです。
コロナの影響で登校型の授業を受けられない期間も長くありましたので、叶うのであれば、また今のクラスメイトで通常のカリキュラムを学ぶ1年を過ごしたいと思います。

Q4.就職活動・就職指導の思い出は?

今年の企業面接はオンラインで実施している所がほとんどでした。ただ、中には会社へ足を運べるところもあり、その時に「実際に訪問できるほうが会社の雰囲気を肌で感じられる。」と思いました。また、自分の熱意や会社への志望理由も伝えやすい感覚がありました。
その際に、私以外の受験者全員がスーツだった(!)ことも今となってはよい思い出です……。
就職指導では、メイクアップ講座、技術指導・平松先生主催の実技模擬試験、山田先生のポートフォリオ講座、内田先生のポートフォリオ添削が特に印象に残っています。

>> 山田先生、内田先生などアニメーション学科の講師紹介ページ

Q5.どんなクリエイターになりたいですか?

精進を止めないのはもちろん、たくさん雄叫びを上げていきたいです。

Q6.これからアニメ業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

私も大切にしていきたい目標のひとつですが『絵と動きを愛し、貪欲に励み楽しんでいける人』になりましょう。こちらは講師の内田先生から頂いたお言葉です。そして絵がうまい人から多くを吸収すると人は自ずと進化します。
挫折はつきものの世界で、実力がすべて。テレビに映る線一本一本に責任が伴いますし、生半可な気持ちでは厳しい業界です。アニメーターには“なること”よりも“なってから”が、すべてのはじまりです。高みを目指していきましょう。私も頑張ります。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

若槻さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

声優エンタメチャンネル放送中
声優エンタメチャンネル放送中