⇒9/10更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

ニュース

株式会社インテリジェントシステムズに内定した古屋さんロングインタビュー

株式会社インテリジェントシステムズに、在校生が内定をいただきました!内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・古屋英里子さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたのは何故ですか?

夏冬にあるゲーム共同制作が魅力的だったためです。ゲーム開発の実践的なスキルをより早く身につけることができると思い、入学を決めました。

Q2.印象に残っている先生や講義はありますか?

3DCGの柴崎先生の講義です。私は3DCG完全未経験の状態で入学しましたが、基礎の基礎から学ぶことができ、3Dモデルはもちろん、時には2Dや映像作品へのアドバイスなど、グラフィックに関して幅広く対応して下さいました。

Q3.クラスの雰囲気や担任の先生との思い出はありますか?

クラスは壁がなくて仲が良いです。自分が知っているツールの使い方や自分の持っているスキルを教え合うなど、まさに切磋琢磨といった感じです。
担任の先生は堅苦しさがなく、気軽に話ができるので、相談するときも安心でした。

Q4.夏期・冬期共同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

忙しかったですが、そのぶん力が付いたなと思います。少人数で企画を回していたので、作業量が多くなり、専門外の仕事をすることもありました。ですが、数をこなすのは自分のスキルアップに直結しますし、専門外だと思っていた仕事が意外と楽しかったり、他の作業へ活かせる部分があったりなど、多くの物が自分の力になりました。
実務的なスキル以外にも、チームでのコミュニケーションやタスク管理といった、ゲーム開発に携わる上で必須となる能力を身につけることができたので、共同制作を経験できて良かったと思っています。

Q5.就職活動・就職指導の思い出はいかがですか?

キャリアセンターの早川先生には本当にお世話になりました。面接練習では、こまめにフィードバックやご指導をいただき、些細な質問にも丁寧に答えて下さいました。また、就職や将来の不安から、私がネガティブな言葉を洩らした時も励まして下さり、精神的な面でも大きな支えになりました。感謝してもしきれません!
余談になりますが、最終面接の当日が私の誕生日だったので、「ここが人生の分岐点なんだ」と思いながら面接に臨みました。翌日に内定のお電話をいただいた時は涙をこらえるのに必死でしたが、電話が終わった後は、嬉しさのあまり大泣きしました。努力してきて良かったと思いましたし、これからも努力を続けていこうと強く思いました。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

10年、20年経っても人の心に残るゲームを作りたいです。
私は1本のゲームソフトに人生を変えられてこの道を志しました。私の人生を変えてくれたそのゲームのように、「誰かの人生を変えるようなパワーを持つゲーム」「ずっと人の心に残り続けるゲーム」を作ることが目標です。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします

グラフィッカーを目指すなら、デッサンを欠かさないこと。これに尽きると思います。
私もまだスタートラインに立ったばかりなので言えることは少ないですが、常に目標を立て、それを達成するために何が必要なのかを分析して、必要なことへの努力を惜しまないことが1番かなと思っています。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

古屋さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

声優エンタメチャンネル放送中
声優エンタメチャンネル放送中