⇒9/10更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

ニュース

株式会社サイバーコネクトツーに内定した藤澤さんロングインタビュー

株式会社サイバーコネクトツーに、在校生が内定をいただきました!内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・藤澤宏樹さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたのは何故ですか?

以前はエンジニアとして仕事をしていましたが、幼い頃から憧れていたゲーム業界に進みたいと思い、AMGに入学しました。数ある専門学校の中からAMGに入学を決めたのは、共同制作を実施しているところに魅力を感じたからです。

Q2.印象に残っている先生や講義はありますか?

どの講義も楽しいですし、どの先生も丁寧に教えてくださいます。私は、授業時間だけでなく、放課後も作品について先生方にたくさん質問をしました。

Q3.クラスの雰囲気や担任の先生との思い出はありますか?

年齢がバラバラなメンバーとうまくやっていけるか不安もありましたが、放課後あそびに行ったりゲームをしたり、作品についてアドバイスしあったりと、お互いを高められるメンバーに出会えたと感じています。

Q4.夏期・冬期共同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

デザインの変更や度重なる修正など、思い通りに進まないこともあり、非常に苦労しました。しかし、実際の製作現場でもそのようなことはあると思いますし、他学科と協力して一つの作品をつくることは、就職活動でも非常に高く評価されるところだと思い、最後まで一生懸命に取り組みました。

Q5.就職活動・就職指導の思い出はいかがですか?

ポートフォリオは、他のクラスメイトに比べて、早い段階から作成していました。就職活動シーズン直前に慌てることがなく良かったと思います。
また、以前は企業に直接伺って説明会や面接を受けていましたが、昨今はオンラインでのやり取りが多くなりました。こうした状況下でも、往復時間や交通費が要らないことを活かして、たくさんの企業の説明会を見て、その中から本当に受けたい企業を探すことができました。
就職指導については、キャリアセンターの早川先生からたくさんアドバイスを頂きました。面接対策や過去のデータから質問の傾向などを教えていただいたので、面接当日も言葉に詰まることなく、スラスラと受け答えができました。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

自分が製作した作品にファンが出来たらいいなと思います。SNSで評価されたり、ファンアートが生まれたりと、継続して愛されるキャラクターを作成したいと思います。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします

2年という短い期間のため、時間は出来る限り学習に使いましょう。また、つくった作品は色んな人に見てもらうようにしましょう。自分の作品を他人に見せることは、初めは恥ずかしいと感じることもありますが、先生、先輩、同期にどんどん見せて、アドバイスを沢山もらうと成長につながると思います。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

藤澤さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

声優エンタメチャンネル放送中
声優エンタメチャンネル放送中