⇒9/24更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

ニュース

アソビモ株式会社に内定した田井中くんロングインタビュー

アソビモ株式会社に、在校生が内定をいただきました!内定者であるゲームプログラマー学科・田井中秀太くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたのは何故ですか?

私は高校で勉強していた分野から進路を変更し、ゲーム業界を目指し始めました。自分としては、なるべく早く業界へ入りたいと思っており、 AMGの1年目から3本のゲーム制作を行う実践的なカリキュラムや、多くの企業への就職実績があるところから、最短でゲーム業界を目指せると感じ入学しました。

Q2.印象に残っている先生や講義はありますか?

加藤先生のゲーム数学です。
もともと数学は好きで、その数学が実際に
どう使われているのかをいろいろと知ることが
できたのは楽しかったです。
また、応用の課題では実際の製品で使われているような
技術などを知り、プロの人たちのこだわりを感じました。

Q3.クラスの雰囲気や担任の先生との思い出はありますか?

とても仲のいい雰囲気です。みんなゲームが好きなので仲良くなるのに時間はかからなかったです。 平日には授業や制作などで分からないことを聞いていたり、休日には一緒にゲームをして遊んでいます。最近ではコロナの影響でオンライン授業がも行われていますが、授業後に複数人で通話をつないで話したりしています。
ゲーム業界を目指す仲間として勉強やゲーム業界に関しての知識を共有できるのはとても助かっています。

Q4.作品制作の思い出を教えてください。

夏期制作ではわからないことが多く、質より量を重視してプログラムを書きました。対戦ゲームだったので、ゲームバランスについては良く話し合いをしていました。
冬期制作では夏期制作の発表会で企業の方から受けた指摘や自分で感じたダメだった部分を意識してプログラムをしました。3Dゲームになって考えることが多くなりチームでの会議も増え、システムをどう実現していくかという部分を特に話していました。 夏期の反省を冬期に活かせたところを企業の方から評価され、とても嬉しかったです。

Q5.就活指導や就職活動の思い出を教えてください。

学内での説明会や面接があり、就活でのAMGの強みを感じました。
コロナの影響で冬期制作の発表会はなくなってしまいましたが、学院で作品発表サイトを作り、そのサイトで自分の作品を見て頂いた企業の方に声をかけていただき、内定につながりました。とても感謝しています。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

たくさんの人と楽しめるゲームを作りたいです。
人とゲームをする楽しさを自分が作ったゲームで
感じてほしいと思っています。
そのためには、まずは多くの表現を身に着け、操作しても、
見ても楽しいと思ってもらえるゲームを作りたいです。

Q7.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

勉強だけでなく、実際に何か作ってみるといいと思います。すごく簡単なゲームでも作ってみると勉強では得られない反省点や必要な知識が見えてきます。自分のやりたいことも見えてきて、それを目指して成長できるのでモチベーションも保ちやすいと思います。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

田井中くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる