アミューズメントメディア総合学院

20131107_anime_16 アニメーション学科

横山 和基さん、原田 ゆりえさん(株式会社プロダクション・アイジー)

more

横山 和基さん、原田 ゆりえさん(株式会社プロダクション・アイジー)

インタビュー中の原田さんと横山くん

映画・TVシリーズ・OVAとして映像化されてきた『攻殻機動隊』シリーズ、『翠星のガルガンティア』『黒子のバスケ』シリーズなど、数々のヒットアニメーションを生み出して来た、㈱プロダクション・アイジーに、アニメーション学科アニメ監督・演出コース2年横山和基(よこやま かずき)くんと原田ゆりえ(はらだ ゆりえ)さんの2名が制作進行職として内定しました!

学院生活や授業内容など、幅広い質問に答えてくれたインタビューをどうぞお楽しみください!

Q1.アニメーション業界を目指したきっかけは?

横山

大学3年の時に自分のやりたいことは何かと改めて思い返したことがキッカケですね。当時、他職種で就職活動を行っていたのですが、面接などを受けていく内に何か違うと思い始めたので、自分を見つめ直したところ、出た結論がアニメーション業界でした。当初からものづくりがやりたかったということもあり、演出やストーリー構成にも興味があったので、好きなことが行えるこの業界を目指しました。

原田

元々アニメやゲームなどが好きで、幼い頃から自然とクリエイター系の職業に就きたいと思っていました。
最終的にアニメーション業界に的を絞ったのは、親に専門学校を反対されて大学浪人をしていた際に、毎日朝から晩まで机に向かっていてふと「大好きなアニメを見ることさえ気負いする状況なんて嫌だ!自分がやりたいことはこれじゃない!」と思ったのが決定的でした(笑)

Q2.AMGに決めた理由は?

横山

一番は、講師陣が現在も第一線で働かれている方々ばかりだということです。より実践的に学んで行けたり、業界内のことも聞けたり、現在携わっている作品の話が聞けたりと色々身になると思い決めました。

他には、大学生、社会人経験者が多いということです。覚悟を持った人たちが集まることでお互いを切磋琢磨し合える、そのような環境になっていくと思いAMGに決めました。

原田

専門学校に進学を決めて資料を色々取り寄せた中で、就職実績と実際に現場で活躍されているプロの方々が講師をされている点に惹かれてAMGを選びました。
中でも大好きな「戦国BASARA」のプロデューサーの中武さん(※)がAMGから㈱プロダクション・アイジーに就職された事が決め手でした。
※中武哲也/株式会社ウィットスタジオ取締役(IGポートグループ)

Q3.クラスの雰囲気はどうですか。

横山

仲は良いですね。クラス全体もそうですが、アニメ監督・演出コースの面々は特にですね。卒業制作の企画を考える前に、映画の鑑賞会を行ったりもしました。
仲が良い割には、アニメ監督・演出コースの人たちの好きなアニメの分野が全員違うんです。自分はアクション系アニメが好きなんですけど、ある人はホラー、ある人は恋愛系、ある人はギャグ系といったように全員が全員バラバラだったので面白いなと思いました。

原田

みんなアニメが好きなことは勿論、アニメを「作る」ことにこだわりを持っている人ばかりです。
同級生たちとアニメについて話していると、演出、カメラワーク、脚本など「作り手」としての観点から見ていて、自分も頑張らないと!と触発されることが多々あります。

Q4.印象に残っている講義について教えてください。

横山

谷口悟朗監督の特別講義と江崎慎平さんの演出の講義です。
谷口さんの講義は、物の考え方であったり、業界で生き抜く術であったり、業界のことであったり、実例を踏まえて教えてくださったのでとても分かり易く為になりました。
江崎さんの講義では、自分の目指す方向性が決まりました。絵コンテの課題であったり様々な映像を見ることで、自分のやりたいことは演出、どういう演出がやりたいのか、目標とする演出家は江崎さんといったように、自分がこれから進んでいく道が定めることができた講義でした。

原田

やっぱり私は演出や脚本の授業が印象に残っているのですが、特に一年生の頃に谷口悟朗さんのゼミ講義で得られたものは多いです。
そのゼミでは最終的に自分で考えた20分尺の脚本・コンテを書いたのですが、コンテが中々書けず提出日前は家に缶詰でひたすら書いていたのが記憶に残っています。ただそれだけ大変だった分、完成した時の達成感も大きかったですし、一つのことをやり遂げたことは自分の中での自信にも繋がったと思います。

Q5.共同制作の思い出は?

横山

一年の共同制作は監督を務めたのですが、その時はアニメ制作自体初めてだったので、何も知らない、何も分からない状態でした。なので、完成させるということが第一目標で、よく知りもしない演出を語ってみたり、とにかくがむしゃらにやってました。今となっては反省点の多い作品ですが、完成した時は素直に嬉しかったです。

一年の後半では実写共同制作を行い、監督を務めました。
これも、始めてのことばかりで、キャストのオーディションを行ったり、カメラワークの難しさであったりとかなりバタバタしてしまいましたが、キャストの皆さんに助けられたこともあり、無事に終えることが出来ました。完成した時は、達成感の他にもカメラのレンズ効果の知識が少し分かったので良かったです。

原田

共同制作では自分の企画が通ったのですが、それまでは自分の想像上だけのキャラクター、ストーリーだったのが、他のメンバーの力によって実際に作品として出来上がってきた時はとても感動したことを今でもよく覚えています。その時の気持ちが今でも作品作りをする際の原動力になっていると思います。

横山くんが参加した「カンカラカン」

原田さんが参加した「ラブトレイン」

Q6.学院祭の思い出は?

横山

自分たちの作品を色々な方々に見て貰えたのは良かったです。さらに、アンケートなどで自分たちの作品が評価されていると嬉しくも思いましたし、励みにもなりました。喜びなどを味わえる場として、とても良かったです。

原田

一般の方に見てもらい、アンケートで感想を頂けるのはとてもいい機会でした。
自分で作っているとどうしても作品に愛着が湧いてしまうので、客観的に見ることの大事さを感じることができました。厳しい意見もありましたが、それも含めて勉強になりました。

Q7.就職指導や就職活動で印象に残っていることは?

横山

何度も就職指導の先生を訪ねたことを覚えています。履歴書の添削であったり、自己PRであったり、少しでも分からないことがあったら担当の先生を見つけ、聞きに行っていました。
親身になって答えて下さるので、とても助かりましたし、感謝しています。
また、先生方から自分を見つけた時は声を掛けて下さるので、とてもやり易かったです。

原田

企業の方が実際に来てくださる会社説明会やクリエイター面接、就職指導の先生が行ってくださった面接練習など、実践的な準備を色々することができたので、本番を落ち着いて迎えることができました。

Q8.内定をもらった時の気持ちをお聞かせ下さい。

横山

正直、今でも嘘なんじゃないかと思ってます(笑)。内定の電話を頂いた時は、嬉しいというよりも、夢か?とか、イタズラ電話か?とか考えてました。
実感が湧いたのは、先日に内定者懇親会のようなものがあり、会社に行った時ですね。実際に働いている方々をみて、「来年は自分もここで働いているんだ、頑張ろう」と思ったことを覚えています。

原田

連絡がくるまでは毎日ソワソワしていました。お電話を頂いた際はアルバイト中で出ることが出来なかったので、折り返し連絡をしたのですが、電話口でも喜んでいるのが伝わったのか、企業の方に笑われたのが記憶に残っています(笑)
アルバイト先もアニメーション制作会社が経営している店舗なので、上司や同僚のみんなが一緒に喜んでくれました。

Q9.これから業界を目指す皆さんへのメッセージをどうぞ!

横山

自分のこれがやりたいということを見つけることが大切だと思います。それが演出、脚本、作画、何でもいいです。自分がそれに向かって目指していくんだという強い心を持つことが重要だと思うので、色んなことに興味を持ってやりたいことを探して行って欲しいと思います。

原田

自分の武器になるものを増やしていくと、就職活動は勿論、作品作りにも生かせると思います。
また学院に入ってからの二年間は凄く短いです。学院に入る前から、アニメーションに限らず実写映画やドラマ、本、漫画など多くの作品を見ておくといいと思います。作品に関する「貯金」はあればあるほど後々自分の助けになりますよ!

GpHands内定インタビューA-1 Pictures内定インタビュープロダクション・アイジー内定インタビュージェー・シー・スタッフ内定インタビュー
2009-2012就職実績
20120910_voice_04 声優タレント学科

芹澤 優さん(声優 81プロデュース/エイベックス・ピクチャーズ 所属)「エイベックス×81プロデュース アニソン・ヴォーカルオーディション」合格

more

芹澤 優さん(声優 81プロデュース/エイベックス・ピクチャーズ 所属)「エイベックス×81プロデュース アニソン・ヴォーカルオーディション」合格

声優プロダクション大手の81プロデュースと、数多くのアニメソングを生み出してきたエイベックスが、手を組んで新たなアニソンスターの発掘を目指した「エイベックス×81プロデュース アニソン・ヴォーカルオーディション」。

2,280名もの応募があった1次エントリー。東京・福岡・北海道・大阪・愛知と全国の5拠点で実施された2次実技・面接審査。その難関を勝ち抜いた56名が最終審査へコマを進めていました。
この業界中が注目するオーディションにおいて、現役高校生で声優タレント専科マスターコース在校生の芹澤優さんが、5月30日(日)に実施された最終審査で、見事、合格!
アニソン・ヴォーカル・アイドルユニット「i☆Ris(アイリス)」に所属、エイベックスと81プロデュースに声優・アーティストとして全面バックアップされることが決定しています。

マスターコース生として最年少のオーディション合格を果し、
在校中に大きな一歩を踏み出した芹澤優さんの今後の活躍が楽しみです!

スペシャルコメント

オーディションに受かることができて、本当に嬉しいです!第一報を聞いたときは本当に嬉しくて、「受かったー!」って叫んじゃいました。家族中みんなでハグしあったりして(笑)。

AMGのレッスンで習ったことは、オーディションのいろんなところで生かせました。
セリフ審査では決まった台本が渡されるのですが、間の取り方や息継ぎのタイミングなど、AMGでのレッスンで教わったことを思い出しながら臨みました。歌を歌うときも、ただ歌うだけではなく、歌詞への感情を入れるレッスンを受けていたので自信をもって表現できました。

今はデビューに向けて毎日トレーニングを頑張っています。発声やボイストレーニングはもちろんのこと、歌って踊れる声優さんになるために、持久力を付けるトレーニングをしたり、ストレッチを毎日したりして、夢に向かって努力する毎日はとても充実しています!

しっかり実力を付けて、たくさんのファンの人を元気にさせるような声優さんになりたいです。
そして、私をこの道に導いてくれた先輩方のように、後の世代の人からも憧れられるような存在になりたいです。

学院生は在学中からプロの現場を経験することで、よりプロに近い存在として業界就職・デビューを果たすことができます。AMGが業界の最前線で活躍している卒業生を数多く生み出している理由は、ここにあります。
AMGのカリキュラムなど掲載されたパンフレットも無料で送付しております。ぜひお気軽にお申し込みください。

パンフレットでもっと詳しく!プロと一緒にアフレコ体験!
声優タレント学科 主な卒業生一覧
20140930_game_thub01 ゲームグラフィックデザイナー学科

森 利道さん(アークシステムワークス株式会社「ブレイブルー」シリーズ プロデューサー/イラストレーター)

more

森 利道さん(アークシステムワークス株式会社「ブレイブルー」シリーズ プロデューサー/イラストレーター)

アークシステムワークス(株)で「ブレイブルー」シリーズのプロデューサーとして活躍している、アミューズメントメディア総合学院 ゲームグラフィックデザイナー学科二期生・森利道さんにロングインタビューを行いました。

森さんにとって、アミューズメントメディア総合学院は、どんな場所ですか?

AMGは僕にとって、出会いと始まりの場所。同じ夢を持つ仲間と絆を深めた場所であり、プレイヤー・遊ぶ側からゲームクリエイターへと意識を変えた場所です。
AMGではゲーム制作のイロハ、自分にない知識を学びました。ゲームをともに創る先輩・後輩とも出会いました。

実は「ブレイブルー」シリーズの開発スタッフの35%は、学院の卒業生で占められています。特に、僕の直接の後輩にあたるゲームグラフィックデザイナー学科卒業生が多いです。この母校が無いと「ブレイブルー」は生まれなかったと言っても、言い過ぎじゃありません。

入学のきっかけは、どんなでしたか?

15年以上前、マンガ、映画などを含めて自分がやりたい事を表現するメディアはなんだろうと考えました。その中で、コンピューターゲームだったら実現できるんじゃないかと考えて、全てを学べる学校を探しました。それがアミューズメントメディア総合学院です。
実は、絵に関しては、そこそこ自信もありました。でも、ゲームを創るにはプログラムも企画も勉強したいと思って、何でもやる学院に飛び込んだのです。しかし、そこで“絵も、まだまだだ”と思うことになりました。

絵を描くことには自信があったのに、まだまだだと思った理由は?

(右)AMG卒業生で「ギルティギア」シリーズの
ゼネラルディレクター・石渡太輔さん

今でも、ゲームグラフィックデザイナー学科で教えている大恩師・内田順久先生と出会い、徹底的に教えられたことと、一期上の、とてつもなく旨い先輩との出会いです。 その人物は「ギルティギア」シリーズのゼネラルディレクター・石渡太輔さん。
アミューズメントメディア総合学院で、その後のゲームクリエイター人生における、終生のライバルであり仲間を得ることになりました。
その出会いがなければ、違った人生を歩み、今の自分は無いと思います。

「ギルティギア」シリーズにはゲームグラフィックデザイナーとして参加したのですね

最初のうちは、そうですね。実は、最初の「ギルティギア」のプログラマーで、現在も アークシステムワークスの盟友・安部さんも、同級生です。アミューズメントメディア総合学院で得た仲間たちと脇目もふらずに、初期の「ギルティギア」を石渡さんのこだわりに応えながら作って行きました。そのうちディレクターとしても関わるようになりました。

「ブレイブルー」は、どうして企画されたのですか?

「ギルティギア」とは違う、今の若い世代にアプローチする格闘ゲームを作りたいと思うようになり企画を始めました。それが「ブレイブルー」です。
その時に、スタッフが足りないじゃないか…じゃ、母校に行こう!いい子ください!って感じで、「ぶるらじ」を始めた時も相談をしましたし、本当にお世話になりました。
キャスティングしてみたら、柿原くんが学院の後輩だったと言う面白い出会いもありましたし(笑)
サウンドとして石渡さんに参加してもらったのは、一緒にやりたかったのは勿論、理想のゲームには彼の音楽も又、絶対に必要なものだったからです。
結果が出て、日本だけでなく海外でも多くの人に支持されているのは、嬉しいですね。

そんな森さんが、ゲームクリエイターになって良かったと思うことは何ですか?

自分の作った作品が残る事ですね。自分が作った作品を遊んでくれる人がいる。自分の作品を好きになってくれる人がいる。これは本当に嬉しい事ですね。
そのほかには、ゲーム制作を通して様々なクリエイター、声優の方に会えることですね。自分が創る作品に参加していただいたり、ゲームクリエイター同士の紹介で凄い人に会えたり。そういった刺激的な出会いが生まれることも魅力ですね。

ゲームクリエイターとして、こだわっていることはありますか?

負けたくないって思うこと。世の中、全ての影響を受けたものを参考にすると同時に負けたくないって思います。
自分たちが掲げるコンセプトに近いものを意識し、研究することも重要です。そして、同じコンセプトの作品に負けたくない! 超えてやるぞ! という思いで、創っていくといいですね。
コンセプトを共有しなければ、チームでは動けませんしね。

絵を学ぶ上で、特にやっておくと良いことは何ですか?

人の受け売りなんですが、好きな作家の絵を模写しまくる。でも、どうしても似ないところが出てくる。本人が描いたんじゃないんで。その、似ないところが個性なんです。そうしたら、その個性の部分に合わせて絵を直していく。そうすると、その人の個性的な絵がうまくなっていく。一つのやり方だと思います。
もう一つ、こういった学院で学んでいる場合は、負けたくない存在を作ること。ま、僕の場合は石渡さんなんですが(笑)そいつに勝ちたい! って思って、様々な事をまねたり、聞いたり…。
この作業、凄く重要です。自分よりできる人間に近づこうとすること。重要です。

格好いいモーションは、どうやって発想すればいいんでしょうか?

キャラクターを頭の中で動かして戦わせてみます。それも戦いの始まりから終わりまで、アニメや映画のように映像を思い浮かべて。その通した流れを抽出してアクションに落とし込んでいます。頭からポイントやパーツで考えるのではなく、流れで考えてください。

失敗した時は、どうしていますか?

失敗したら、まず反省してください。失敗は失敗として残ります。
で、同じ失敗を繰り返さない事です。それが成長に繋がります。失敗を恐れて動かない事の方が問題です。
否定されたらどうしよう…と、動かない人がいますが、それでは成長はありません。
いっぱい失敗して、反省して、直していく事が重要なんです。若い人はアグレッシブでないといけません。

それがAMG×ASW産学共同プロジェクト発案につながるわけですね。

なかなか忙しくて、ちょくちょくは顔を出せませんが、それでも後輩の姿を見に学院に行きます。
そうすると、みんな、失敗を恐れずにゲームを制作している。そんな、やる気のある後輩に商品化のチャンスを与えたいと思って、思いつきで言いました(笑)
まあ、実際には大変で、この前も我々・アークシステムワークスの木戸岡社長が自ら指導に出かけていましたが(笑)でも、進んでいる話を聞くと嬉しいですね。
僕も石渡さんも後輩たちの作品を楽しみにしています。

後輩やゲームクリエイター志望者にメッセージをお願いします

自分の成功する姿を想像してください。
そして、その姿になるためには、何をしなければいけないかを考え、実行してください。

完成イメージを持つ、そこにモチベーションが生まれます。そのモチベーションを大切にしてください。
夢はでっかく、理想は高く!です!

20120404_news_122 ゲーム企画ディレクター学科

石渡 太輔さん(アークシステムワークス株式会社 『ギルティギア』シリーズ ゼネラルディレクター)

more

石渡 太輔さん(アークシステムワークス株式会社 『ギルティギア』シリーズ ゼネラルディレクター)

――― 一言にゲームデザイナーといっても、プランニングやグラッフィックなど、携わる業務は多岐にわたるかと思います。具体的な仕事内容を教えてください。
主に企画、ゲームデザイン、世界観設定、キャラクターデザイン、グラフィック作成、広報イラスト、作曲などを手がけています。キャラクターの声などを担当することもあります(笑)2007年発売の『ギルティギア2 オーバチュア』では、次世代3Dグラフィックを導入するに当たり、仕事内容が格段に増したので、ディレクションと実作業の密度は薄くなりましたが、基本的に同様の仕事を手がけています。近況では、アーケードで稼働中の『ブレイブルー』の作曲を担当しています。

――― ハードスケジュールな仕事のイメージがありますが、ワーキングスタイルは決まっていますか?
(多忙な時期などがあればその辺を教えてください)

以前は昼夜を問わず、寝る間を惜しんで作品を作っていました。仕事の内訳や専業の担当者の当ても無かったので、仕事をこなせる人間が「可能な限りやれることをやる」といったような、一種の根性論で作品が作られていました。近年になるほど業界も分業化が進み、スケジューリングがより円滑になりました。おかげで体調を崩すような無茶は減りましたが、それでも多忙(笑)ですね。ゲームソフトのマスターアップ時期は、僕だけじゃなくチーム全体が忙しくなります。又、立ち上げ時には、企画とキャラクターデザインを行いますから、これもまた忙しいというかプレッシャーのかかる時期です。でも忙しい中でも、好きな仕事ですから楽しんでいますね。

© ARC SYSTEM WORKS

――― ゲームデザイナーとしての仕事のやりがい、魅力を感じるときはどんなときですか? 具体的なエピソードがありましたら、それをまじえてお教えください。
ゲームソフトという人に影響を与える仕事をしている事、コンピューターゲーム業界の歴史に、創った作品を通して名を残せるところ。その二つが魅力であり誇りでもあります。
また、作品の規模にもよりますが、絵であり、音であり、演技であり、さまざまな表現と演出を一手に管理できるというのも、この業界ならではの面白みではないでしょうか。
キャラクターデザイナーとしては、自分の描いたキャラクターに、ユーザー様からの愛着が込められたお便りをいただいた時です。バレンタインデーにはキャラクター宛にお便りやチョコレートをいただくこともあります。
僕宛ではないのが残念ですが(笑)生みの苦労もありますから、とっても嬉しいですよね。

――― プロとしてこだわっていることはありますか?
本来の「プロ」という意味においては、企画された作品の完成度を極限まで追及することに、重きが置かれると思います。しかし僕個人としては作家性やオリジナリティという部分を重視しています。限りある開発資源の中で、どうやってユーザーの皆様に新鮮でインパクトのあるサプライズを提供できるか、そして当社らしい特色を表現できているか、それが僕の仕事に対するコンセプトになっています。
もちろん、ゲームの面白さの本質を忘れるという意味ではありませんが。また、今できることよりも、ちょっとだけ上を常に目指そうと考えています。常にチャレンジしていきたいですね。
キャラクターデザイナーとしては、シルエットで、どのキャラクターなのかを解らせることは重視しています。そしてそれが、ゲームの中の役割にどれだけ適しているか、蛇足な部分は無いかを模索していきます。

© ARC SYSTEM WORKS

――― お仕事で喜びを感じる瞬間はどんなときですか?
自分の創った作品を、大勢の人が楽しんでくれた時です。また、仕事をこなしている正にその瞬間も、非常に楽しいですね。「これが完成したら皆どんな顔をしてくれるだろう?」と想像すると、ニヤけてきます。あとは、マスターアップして、少しゆとりが生まれた時(笑)リフレッシュします。

――― ご自身のお仕事を「一言」で表現してください。
「ゲーム」としての本質とはなんなのか。それを自分なりに解釈し、そのメッセージを皆様に伝えるべく、作品をエンターテインメントに昇華することと考えています。

――― 後輩にメッセージをどうぞ
ゲームの制作現場でクリエイターが行う仕事は、物を創る事に対し、モチベーションをぶつけ合う事です。そのためには、自分のすべき事を理解して実現のために質問や提案を行うこと、そして仕事をやり遂げる意志が必要です。だから、その仕事に就くために、学院に入学する時点で必要なのは、モチベーションとコミュニケーションの二つ。その二つを持って、学院の設備を利用し、必要な技術を講義で学び、制作活動を行えば大丈夫です。
でも、あなたの中に、ベテランの先生たちの経験値を引き出すために質問するコミュニケーション、物を創るモチベーションが無ければ学院のサービスは無駄なものになります。
現在、共に働く学院卒業生は、学内クリエイター面接の場で、僕と出会い“やる気”を示した人たちです。皆さんの“やる気”を見せてもらう日を、楽しみにしています。

© ARC SYSTEM WORKS

20120404_news_356 ノベルス学科

雨木シュウスケさん(作家)

more

雨木シュウスケさん(作家)

「雨木シュウスケ スペシャルインタビュー」~ 鋼殻のレギオス大増刷記念! ~

message_amagi.jpg
©雨木シュウスケ/
富士見書房
(富士見ファンタジア文庫)
カバーイラスト/深遊

――― 富士見ファンタジア文庫から好評発売中の『鋼殻のレギオス』シリーズが絶好調の雨木シュウスケ先生。近々第5巻が発売予定。さらにコミックになったり、ラジオドラマで放送されるなど、様々なメディアで作品が登場。今後ますます目が離せません!! 雨木先生に近況から創作裏話、今後の抱負などを語ってもらいました。

Q1.日々、お忙しいと思いますが、まずは、最近のお仕事振りをお聞かせください。

一月の五巻刊行を皮切りに連続で作品が発表される予定です。いまはそのために書きまくってます。

Q2.雨木先生の創作スタイルとは?

こういうのが出したい(キャラクター・アイテム等)と思う→じゃあ、それはどういう関わりで、どういう因縁を持つことになるのか?→それを元にプロットを作成→執筆 が基本スタイルです。

Q3.デビュー前と後でそれ(創作スタイル)は変わりましたか?

基本的な部分はなにも変わっていません。ただ、「これを出したい」じゃあ、それを出すにはどういう時代、文明、キャラクター相関図がいいのかということを考える時の深さは増しました。

Q4.おもに創作(発想)のヒントは、どういうところから得ていますか?

日々の生活からポーンと出てきます。ただ、そうなるためにやはり色んなエンターテインメントに触れて面白がってないとだめなんだろうなとは思います。

Q5.「レギオス」を生み出すにあたって、一番書きたかった事(伝えたかったこと)は?また、その際の編集者の要望・要求は?

雨木=戦闘
編集さん=L・O・V・E
レギオスはこの二つが合体した結果です。

Q6.小説家になろうと最終的に決断したのはいつ? どの時点で? 何かきっかけが?

スタートはマテリアルナイト一巻あとがきに書いてます(宣伝)
その後、賞に送って小説家になるという方法を知ったのはソードワールド・ワールドガイド刊行記念かなにかの短編の賞で、さらにその後、スレイヤーズ!の巻末にあった富士見ファンタジア長編小説大賞を知り、小説家になろうと思いました。つまり、すりこみでここまで来たと……

Q7.学院では、どんな学生でしたか?(自分を客観的に)また、一番学んだことは?

あまりまじめな生徒ではなかったかと……(笑)。ただ、在学中に書いた原稿の数では同期の連中に負けた気はしないです。

Q8.デビューできたのは、何が原因(要因)だと、自分でお思いですか?

正直な話、当時の自分のレベルはデビューできるかどうかぎりぎりのラインだったと思います。それを後押ししてくれたのは講師の方々であり、学院のシステムであったと思います。

Q9.今の学生たち、あるいは作家志望者に向けて何か一言!(アドバイスを)。

他人の創作論は自分が納得した部分、使えると思ったところだけをゲット。後は身近に読んでくれ人がいるのならその人は大切にしましょう。特に辛口なことを言ってくれる人は貴重です。ただ、けなすのと辛口なのは別物なのでそこは注意。

Q10.今後、「レギオス」をどんな作品にしていきたいですか?また、将来やってみたいことは?

ここは大きくハリウッド映画化でいきましょう。……なればいいなぁ(遠い目)

『鋼殻のレギオス』が映画化・アニメ化になる日が待ち遠しいですね! 今後ますますの活躍に期待したいと思います。
皆さんもぜひ、書店で一度手にとってみてください!


[PROFILE] 第15回富士見ファンタジア長編小説大賞<佳作>受賞
『マテリアルナイト 少女は巨人と踊る』(富士見ファンタジア文庫)でデビュー
『鋼殻のレギオス』シリーズが大好評発売中
2003年3月卒業














20120404_news_310 マンガ学科

久世みずきさん(マンガ家)

more

久世みずきさん(マンガ家)

kuse.jpg

チャンスは逃さない・・・・!

「担当さんが、編集部で「今度、デビューした人です」みたいに紹介してくださったんです。そのとき、はじめて「あ、デビューしたのかぁ!」って実感しました」
久世みずきさんは、2002年12月発売の「ちゃお」2003年1月号で、「ちゃおまんがスクール」ベスト賞を受賞した。「ちゃお」の新人賞システムでは、ベスト賞以上がデビュー決定である。彼女のデビュー作は2003年2月に発売される「ちゃおDX 春の増刊号」に掲載される。

彼女が描きたかったのは、小学生の女の子が読む少女マンガ。掲載誌にはとくにこだわりはなかった。久世さんは「ちゃお」編集部に「原稿を見てほしい」と電話をかけた。
完成原稿を持ち込んだのは、2002年6月13日。編集者に目の前で原稿を見られるのは、やはり相当に緊張したという。なにぶん、10年選手のプロ作家でも緊張する瞬間である。

原稿を見終わった担当編集者は、彼女に「これ、置いていくよね?」と言った。
「その場で、「これ、賞に出すよね?」みたいなことを言われて……。あ、ああ、あああ。って。ホントは、そのときまで「ちゃお」の賞に出すつもりはなかったんですけど(笑)。もう、藁をもつかむフィーリングでした」
それが、彼女がマンガ家としてのスタートラインを切る、最初のタイミングだった。

dennoukoiru.jpg
©Mizuki Kuze 2007
©磯 光雄/徳間書店・電脳コイル製作委員会

久世さんが持ち込んだ原稿は、「ちゃお」の新人マンガ賞である「ちゃおまんがスクール」にエントリーされることとなった。「ちゃおまんがスクール」のシステムでは、「ナイス賞」以上は担当編集者がつく。

「(担当編集者と)はじめて会ったとき、あ、若いなーって。そのときの服装のせいだったかもしれないですけど(笑)。でも、ほめてくれるから、カッコよく見えました。なるほどと思えるようなアドバイスもしてくれますし」

彼女の担当者となったのは、最初に電話を取った編集者。持ち込みの場合、最初に対応した編集者がそのまま担当になるのが一般的だ。
彼は「(これから描くマンガの)プロットを見せてほしいから、5本くらい作ってFAXして」と言った。プロットとは、作品の骨組みとなる、キャラの設定やストーリーの展開を、箇条書きなど簡単な文章にまとめたものだ。

久世さんは、プロットを6本、提出した。
「やる気をみせねば! ここだ! って思って(笑)」
出したプロットのうちの一本をもとに、久世さんは、次の原稿にとりかかった。 8月20日締め切りの「ちゃおまんがスクール」に向けた原稿だ。この作品がデビューを決める「ベスト賞」を獲得した。

マンガ作品を作るには、まずプロットを立て、次にネーム(ページ構成、コマ割り、セリフ、簡単な構図などを全ページ分描き起こしたもの)を作る。
一般に、編集者はネームをもとにマンガ家と打ち合わせを行う。編集者がOKを出すまで、ネームは何度となく直される。とくに新人の場合はそうだ。
久世さんはネームを3回くらい直し、原稿の下描きに入った。
プロットが通ったのが7月5日。学校はそろそろ夏休みだったが、アルバイトもある。時間に余裕があるわけではない。

「ネームには、あんまり時間がかからなかったんですけど、下描きにすっごい時間がかかってしまったんですよ。「『ちゃお』の読者には、もっと目が大きいほうがアピールするよ」とか、アドバイスをもらったりして」
久世さんにとって、雑誌掲載を前提に、担当編集者とのやりとりを経てマンガを描くのは、はじめての経験だった。
「なんか……力の入れ方が違いますよね。具体的には、ペン入れが丁寧になりました(笑)」

久世さんは、現在「ちゃおDX 春の増刊号」に掲載予定の次回作を執筆中だ。

「いま、楽しいですか?」との問いに、久世さんは「はい。楽しいです」と答えた。
マンガ家・久世みずきのキャリアが、ここからはじまる――


[PROFILE]
「ちゃお」まんがスクール〈ベスト賞〉受賞 「ちゃおDX春の増刊号」でデビュー!
単行本「電脳コイル」(徳間書店)、「7月7日のラプソディー」が小学館ちゃおコミックスから発売中!
2003年3月卒業

20120404_news_187 キャラクターデザイン学科

加藤 アカツキさん(イラストレーター)

more

加藤 アカツキさん(イラストレーター)

加藤アカツキ CGイラスト メイキング
2006年3月に卒業した加藤アカツキ氏。在学中に、文芸社から学院の方へ文庫本のカバーイラストを描ける人を探しているという話があり、学内コンペでチャンスをつかみました。テレビドラマ化もされた神永学の人気小説『心霊探偵八雲』シリーズ(文芸社)で表紙イラストを手がけるなど、フリーのイラストレーターとして活躍中です。

今回は、三国志がテーマのメイキングをご紹介します。ターゲットを考えて今回はアニメ系のライトタッチではなく、少しリアル目のタッチで迫力のある絵になっています。それでは、加藤アカツキさんによるイラストメイキング解説を見てみましょう。

menu1.gif
131.gif
完成作品
その1 構図~ラフ作業(手書き、ペインター)
1.gif(1)まずは構図を考えます。馬に乗っている雄大な主人公、合戦のシーンが良いとのディレクションがありましたので、コピー用紙に0.9mmのシャーペンでかなり大雑把にそれっぽい構図のラフを描いていきます。
2.gif(2)ここでペインターを開き、図1の画像を200dpiでPCに取り込みます。取り込んだ画像をレイヤー化し、不透明度を20%ほどに下げたらこの上に新規レイヤーを作って、[グワッシュ・スムーズブラシ]でもう少し細かいラフを描きます。
その2 色の方向性決定(フォトショップ)
3-1.gif(3)ここまで描いたらフォトショップに写し別名で保存します。 新規レイヤーをつくり乗算にしたら、何パターンか大雑把に着色して色の方向性を決めます。
3-2.gif このとき、解像度を小さくすると作業が早くなります。今回は背景を寒色系にしてキャラクターを引き立てようと思ったので左図で行くことにします。
4.gif(4)不透明度50~100%のブラシでさらにパーツごとの色を置き、この画像をカラーパレットとします。
その3 修正(ペインター、フォトショップ)
5.gif(5)再びペインターに戻ります。最初の画像を400dpiに拡大し、新規レイヤーを作成して不透明度40%の[ペン・スクラッチボード]でクリンナップします。 今回はリアル目のタッチということで、主線はあまり目立たないようにするつもりです。後々描きながら細かい修正もしていくつもりなので、割と大雑把に線を引いています。図5の画像は分かりやすく主線を濃くしていますが、実際の作業ではもっと細く、薄い線です。
6.gif(6)次に、先ほど作ったカラーパレットから色を拾いながら不透明度20~50%の[ペン・スクラッチボード]で少し細かく描きこんでいきます。
7.gif(7)ペインターはレイヤーが増えると動作が重くなるので、主線のレイヤー以外にはレイヤーは使わず、直に背景に描きます。 最初に描いたラフのレイヤーは捨ててしまってかまいません。この時点で背景と主線レイヤー1枚のみで作業しています。
8.gif(8)ここで、なんだか馬に色気がないなぁと思って馬を描き直すことにしました。
9.gif(9)ある程度まで描きあがったらブラシを変えて、タッチをつけながら描きこんでいきます。一番見せたいのは主人公なので[グワッシュ・スムーズブラシ]で細かく、背景や馬は[油彩・キャメルヘアー丸筆]で大雑把に描いていきます。作業をしながら主人公の顔や、細かい部分にも修正を加えます。左にいた兵士も右に移しました。 左図まで描いたらひとまずペインターでの描き込み作業は終わりです、保存してフォトショップに移ります。
その4 色調補正~完成(フォトショップ)
10.gif(10)この時点で主人公のコントラストが他の部分に比べて高いので、選択範囲を作成して[色調補正・明るさ、コントラスト]でコントラストを下げます。
11.gif(11)選択範囲を解除したら[色調補正・レベル補正]で全体のコントラストを引き締めます。
12.gif(12)CGだけだと画面がのっぺりしてしまうので、アナログで作成した素材や写真などのテクスチャを自由変形で絵と同じ大きさに引き伸ばしてオーバーレイで重ねます。 重ねた素材レイヤーにレイヤーマスクを追加し、絵となじませるようにテクスチャを部分的に消していきます。
13-s.gif(13)最後にもう一度[色調補正・レベル補正]でコントラストを整えて完成です。

メイキングは参考になりましたか?
「これからも色々なジャンルの仕事にチャレンジしていきたいですが、そのためにはチャンスが多く存在する環境に常に自分を置いておくことが大切だと感じます。学院(ココ)にはそれがあると思います。」と語る加藤アカツキさん。
今後の彼の活動がこれからも楽しみです。

[PROFILE] kato_prof.jpg

加藤アカツキ
2006年アミューズメントメディア総合学院キャラクターデザイン学科を卒業。在学中よりフリーランスのイラストレーターとして活動を始める。代表作は「心霊探偵八雲シリーズ(文芸社)」、同じく文芸社の雑誌「B-Quest」では表紙を手がけている。音楽と高円寺を愛し、現在は料理に夢中。
加藤アカツキぷらちなイラストメイキング!
cont3_img111.gif

20140325_novels_03 キャラクターデザイン学科,ノベルス学科

麻日珱さん(作家)/冬雅 和紗さん(イラストレーター)、紙吹 みつ葉さん(作家)/さきしまえのきさん(イラストレーター)2冊同時刊行

more

麻日珱さん(作家)/冬雅 和紗さん(イラストレーター)、紙吹 みつ葉さん(作家)/さきしまえのきさん(イラストレーター)2冊同時刊行

竹書房さんとの産学共同カリキュラムからスタートした「ホラーミステリー小説化企画」。
在校生・卒業生の作品から数作が、書籍化作品として選ばれました!
書籍化第1弾として、なんと2冊が竹書房文庫より3月に同時刊行されます。
どちらの作品も小説本文をノベルス学科卒業生、イラストをキャラクターデザイン学科卒業生が手がけています。
オリジナルホラーミステリーのジャンルにもAMGが進出です!!

『萬屋探偵・鬼薙 ~道楽お嬢と貧乏学者の怪奇事件簿~』

萬屋探偵・鬼薙 ~道楽お嬢と貧乏学者の怪奇事件簿~

© 麻日珱/AMG出版

『萬屋探偵・鬼薙 ~道楽お嬢と貧乏学者の怪奇事件簿~』が竹書房文庫より発売です!
猫が棺桶をまたぐと死体が生き返る……。
ドSなお嬢様・鬼薙と、彼女に振り回される青年・維浪が、民間伝承に隠された真実に挑む!
内容はもちろん、カバーの美麗イラストにも大注目の一冊です! これからどんどん暑くなっていくであろう今日この頃、一足早く怪奇ミステリー小説は如何ですか?

麻日珱さん、冬雅和紗さんよりコメントをもらいました!

著者・麻日珱さんコメント
「やっと完全オリジナル作品を出せた!」今の私は、そんな気持ちでいっぱいです。
と言うのも、私は在学中ドラマのノベライズでデビューしてから、縁あって原作ありの作品に携わらせていただいていましたが、何もかも完全に自分で作った商業作品はこれが初めてだからです。
今までは、ここに至るための助走。ここがきっと、本当のスタートライン。
ゴールのない世界ですが、これまで以上に気を引き締め、もっともっとがんばっていきたいと思います!

イラスト・冬雅和紗さんコメント
私自身が小説が好きで、プロになったらいつか小説の表紙とキャラクター設定をしたいと思っておりました。
本当にいつかと思っていたので、この仕事のお話を頂いたとき、驚きましたが思っていたよりもずっと早いチャンスが巡って来たことにすごく感謝しました。
なにぶん小説のお仕事は初めてだったので、わからないことも多くありましたが、新たな分野でのお仕事は、やはりとてもいい刺激になりました。
自分のイラストが書店に並ぶのが、楽しみのような怖いような…やはり楽しみのような気持ちです。作品に携わっていただいた多くの方に感謝を、私自身はこれを機に今後も一層の精進を重ねたいと思います。

『萬屋探偵・鬼薙 ~道楽お嬢と貧乏学者の怪奇事件簿~』あらすじ
安アパートで貧乏生活を送る青年・維浪のもとに、高校時代のクラスメイト・森山から恩師の訃報がもたらされる。葬儀の参列を促しながら”鬼薙玲のお守りをしろ”と維浪に頼み込む森山。日本屈指の大企業「鬼薙グループ」の令嬢、高校時代の維浪の無二の友人、そして森山の手には負えない変わり者……鬼薙玲。とはいえ維浪も上京以来地元には帰っておらず、鬼薙とも音信不通。
なぜ自分がと疑問を感じながらも地元へ戻った維浪を、玲は昔と変わらぬ強引さで振り回す。恩師の家にてなんとか焼香を済ませ辞そうとしたそのとき、遺体が棺から忽然と消えてしまう。家族が騒然とする中、好奇心を隠さない玲は「萬屋」の名刺を取り出し探偵めいたことを始めるのだった。当然のように維浪を助手代わりにして……。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

『占い師・お蓮の館 ~幽霊でも占います~』

占い師・お蓮の館 ~幽霊でも占います~

© 紙吹みつ葉/AMG出版

『占い師・お蓮の館 ~幽霊でも占います~』が竹書房文庫より発売です!
抜群の的中率を誇る可憐な占い師・お蓮の正体は……内気な男の子!?
女装じゃないと本音が言えない弱気な大学生・明日波蓮弥と、ガサツな大男・豪徳寺清純の凸凹コンビが、無念に泣く幽霊たちの未練を晴らし、成仏へと導いていく…。
読み応えたっぷりのボリュームと幻想的なイラストが、あなたを非日常の世界へと誘います。

紙吹みつ葉さん、さきしまえのきさんよりコメントをもらいました!

著者・紙吹みつ葉さんコメント
私は昔、怖い話やホラー作品が苦手でした。ですが恐怖心よりも好奇心が勝るようになったのは、大人になったこと以上に、作り手になったからだと思います。
そして今回、作り手として育ててくれた学院でもらったチャンスを掴み、幽霊にまつわるお話を書かせていただきました。
無事完成することができたのは、心強いサポートのおかげです。本当にありがとうございました。
これからも、多くの人の手を借りて現在があることを忘ずに、頑張っていきたいと思います。

イラスト・さきしまえのきさんコメント
当初の締め切り日程に多少厳しいところがありましたが、柔軟なご対応を頂き関係者各位には感謝ばかりです。
ラフも最初は思ったようにはいきませんでしたが、一生懸命仕上げました。
どうかたくさんの方にお楽しみ頂ければ幸いです。

『占い師・お蓮の館 ~幽霊でも占います~』あらすじ
悩みを抱えた人が集う「要石の森」。幾多の占い師が店を構えるその中、抜群の的中率を誇る「お蓮の館」。猫柄のタロットカードとミステリアスな美しさで迷いを断ち切るお蓮の正体は、他人とまともに会話もできないほどに弱気で内気な大学生、明日波蓮弥であった。ある日、常連の宮瀬が知らない男と共にお蓮の元へやってきて……。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

AMGの産学共同カリキュラムから数多くの在校生、卒業生がデビューを果たしています。
産学共同カリキュラムは、AMGだけのデビューチャンスです。
この後の企画も続々進行中!在校生・卒業生の手による作品を是非チェックしてください!

20140929_novels_02 ノベルス学科

森川秀樹さん(作家)小説版『救いたい』発売

more

森川秀樹さん(作家)小説版『救いたい』発売

小説版『救いたい』

©Hideki Morikawa/Takae Kawamura/Amusement Media Academy AMG Publishing 2014 Printed in Japan

2014年11月22日(土)に公開される映画『救いたい』の小説版が全国の書店にて発売中です。
執筆を担当したのはノベルス学科卒業生の森川秀樹さん。今年の2月に発売された劇場版『猫侍』に引き続き、本年2冊目の産学共同プロジェクトによる小説刊行となりました!

麻酔科医の女性を主人公とし、震災後の東北の地で復興に向けて強く生きていく人々の姿を、丁寧な筆致で綴って頂きました。

森川秀樹さんよりコメントをもらいました!

著者・森川秀樹さんコメント
今回、私は、東日本大震災から二年半後の被災地を舞台とした映画の、ノベライズを担当させて頂きました。
巻末のあとがきにも書いたことなのですが、関西に住む私は、被災者ではありません。執筆の依頼を受けたとき、真っ先に、自分でいいのだろうかと悩みました。何の被害も被ってはいない私に、被災地と、そこで生きる人々を描くことができるのかと。

しかし同時に、不安を感じる以上に、私の唯一の取り柄である、文章を書く力で、できることもあるかもしれないと思いました。
書き上がった小説は、とても温かみに満ちたものになりました。この物語が、ほんの僅かでも、人々の心を動かすことができれば、幸いです。

AMGの産学共同カリキュラムから数多くの在校生、卒業生がデビューを果たしています。
産学共同カリキュラムは、AMGだけのデビューチャンスです。
この後の企画も続々進行中!在校生・卒業生の手による作品を是非チェックしてください!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

小説版『救いたい』あらすじ
東日本大震災の二年半後、仙台医療センターで麻酔科医長を務める川島隆子は、日々の麻酔科医としての仕事に励んでいた。夫の貞一はこれまで経営していた「川島医院」を無期限休診とし、地域の人々に尽力するため南三陸で診療所を開いているが、夫婦離れた職場でも思いは同じ。隆子は週に一回しか会いに行けない貞一の世話をしつつ、忙しい毎日を過ごしていた。
特に隆子の部下の純子は震災で父を亡くしたことがトラウマになっており、隆子も気にかけている。そんなある日、隆子の前に一人の青年が現れる。彼は純子の父の遺体捜索に尽力した自衛隊員で……。
震災を乗り越え、悲しみや厳しい現実を受け入れて前向きに生きようとする人々の思いが交錯していく。

20141121_voice_01 声優タレント学科

柿原 徹也さん(声優 Zynchro所属)

more

柿原 徹也さん(声優 Zynchro所属)

kakihara.jpg「声優になりたい」「役者になりたい」「芝居をやりたい」という気持ちを常に大事にしてください。
壁にぶつかっても、その気持ちがあれば、自分を大切にできるし、人の事も思いやって行動できる。それで壁も乗り越えていけると思います。
[PROFILE]
Zynchro(2003年卒業)。第1回声優アワード新人男優賞受賞。
【アニメ】「天元突破グレンラガン」(シモン)< 主役 >、「鉄のラインバレル」(早瀬浩一)< 主役 >、「ミュータント タートルズ」(レオナルド)< 主役 >、「みなみけ、おかえり」(藤岡)、「かんなぎ」(秋葉巡)、「花さける青少年」(寅之助・V・芳賀)、「鋼の錬金術師 FULLMETAL LCHEMIST」(ケイン・フュリー)
【ゲーム】「BLAZBLUE」(ジン・キサラギ)、「聖剣伝説4」(エルディ)、「幻想水滸伝ティアクライス」(リウ・シエン)

声優タレント学科 主な卒業生一覧

⇒AMGインターンシップで柿原さんと共演!「KKHRラジオ×AMG」特設サイトはこちら
20140724_novels_02 キャラクターデザイン学科,ノベルス学科

安道 やすみちさん(作家)/犬倉 すみさん(イラストレーター)『婚活刑事 花田米子の絶叫』発売!

more

安道 やすみちさん(作家)/犬倉 すみさん(イラストレーター)『婚活刑事 花田米子の絶叫』発売!

婚活刑事 花田米子の絶叫

©2014 安道やすみち/
アミューズメントメディア総合学院 AMG出版

惚れた男は全員犯人!?
ドラマ化の人気作を生んだ安道やすみち先生にインタビュー!

産学共同プロジェクトのひとつとして、オリジナル小説『婚活刑事 花田米子の絶叫』が2014年8月1日(金)にTO文庫より発売!
2015年7月2日(木)より日本テレビ系列でドラマ化されました。

執筆はノベルス学科卒業生の安道やすみちさん。現在は大阪校で講師として勤務し、執筆活動をつづけながら、後進の育成にもあたっていただいています。
イラストはキャラクターデザイン学科卒業生・犬倉すみさんが担当しています。

このようにAMGの産学共同カリキュラムからは、数多くの在校生、卒業生がデビューを果たしています。
産学共同カリキュラムは、AMGだけのデビューチャンスです。
在校生・卒業生の手による作品を是非チェックしてください!

イラスト・犬倉すみさんコメント

コンペを通してカバーイラストを描かせていただきました。
コンペに参加する機会をいただき、また、毎回サポートをいただきまして学院と先生方に感謝いたします。
今回はとても苦戦しご迷惑をおかけしてしまいましたが、とても勉強になり良い経験になりました。
主人公の米子を含め、キャラクターもお話も明るくてコミカルで魅力的なので、ぜひお手に取ってみてください。

著者・安道やすみちさんインタビュー

30歳を目前にして、婚活に奮闘する刑事、花田米子。
しかし彼女は、「惚れた相手が100%犯人」という特異体質の持ち主だった!

こんなキャッチーな設定で人気の小説『婚活刑事』シリーズ。
今回は安道先生に、このシリーズが生まれたキッカケや、見どころについてうかがいました。

―まず、米子のキャラクターをどのように思いつかれたかを教えてください。

いろんな人、とくに30歳前後の女性たちから話を聞いていくうちに、キャラクターを固めていきました。結婚を考える女性を主人公にして、同じような人たちに元気を与えられる作品を描けないかと。米子は、「惚れた相手が100%犯人」という特異な体質ですが、それにもめげず、自分の幸せと、そして刑事としての正義を貫くべく奮闘します。
自分で生み出しておいてなんですが(笑)、そんなかわいそうな米子を応援してください。

―作品制作のきっかけは?

アミューズメントメディア総合学院が実施する産学共同カリキュラムで生まれました。出版社と学院が提携して、学生や卒業生から出版企画を募集するというもので、そこに自分のいままでの方法論や技術を総動員して考えた今回のアイディアを提案し、出版されることになりました。

―原作小説は大阪を舞台にした作品なんですね。

大阪は、地元の鳥取から移り住み10年以上も暮らした、まさに第二の故郷ともいうべき場所で、ぜひ作品に登場させたいと考えました。
あと大阪は、この作品のコメディさに似合っています。しかも義理と人情の街で、いろんなことを笑って許す包容力にあふれています。コメディタッチでありながら芯が強い。まさに米子にぴったりの街でした。
おかげさまで、大阪の書店員さんにも好評でうれしい限りです。大きな棚を作って宣伝していただいたり、あたたかいコメントを寄せてくれたりと、熱烈に応援していただきました。

―作品の見どころは?

米子が数々の恋に破れながらも、ポジティブに恋と仕事を頑張るところを見てほしいです。
第1巻は、1話完結型で米子や周りの人物が良くわかるような構成になっています。第2巻では、気になる相手がなんと警視庁からやってきたイケメン刑事、という話。そして第3巻は、米子の過去に触れながら、同僚の藤岡躑躅との関係性にもスポットライトが当てられます。
恋と自分の特異体質のはざまで悩みながら、刑事としての正義を貫く米子の姿に、ぜひ注目してほしいと思います。
そしていつかは米子を結婚させてあげたい! そのためにも、応援よろしくお願いします!

安道先生、ありがとうございました。
ドラマで興味を持った人も、原作をチェックしてもらえると楽しさ倍増!
米子のいじらしく健気な姿に、グッと来ること間違いなしです!
『婚活刑事』シリーズは、全国書店で好評発売中です。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

『婚活刑事 花田米子の絶叫』あらすじ
大阪府警本部第一課に所属する花田米子は、仕事に誇りを持ちつつも、そろそろ結婚もしたい28歳だ。日々仕事と婚活に大忙しの米子だったが、何故か米子が惚れる男性は全員、よくよく調べてみると犯罪者なのだ。はたして正義を愛する米子は、犯罪者ではなく無事に旦那を捕まえることが出来るのか!? ちょっぴり切なくて人情味あふれる婚活ミステリー!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

ノベルス学科ではプロの講師が指導する体験説明会を随時開催しています。
⇒体験説明会詳細はこちらから

AMG独自の「産学共同プロジェクト」の全てが解るパンフレットを全国無料で発送中!
⇒学院パンフレットを取り寄せる

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

お知らせ
ドラマ版「婚活刑事」ポスター内および、小説「婚活刑事」シリーズ書籍ドラマ仕様オビ内の表記に
誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

(誤) → 原作協力:アミューズメントメディア総合学院
【正】 → 出版協力:アミューズメントメディア総合学院

今後とも「婚活刑事」シリーズをよろしくお願いいたします。

アミューズメントメディア総合学院 AMG出版

20150417_novels_00001h

卒業生・愛澤魅魂さんデビュー作発売!

more

卒業生・愛澤魅魂さんデビュー作発売!

ぼっちがハーレムギルドを創るまで

©愛澤魅魂/イラスト・やすも
モンスター文庫

卒業生作家著作の実績が500冊を突破し、毎年新人賞でのデビュー者を輩出しているAMGから新たな作家デビュー者が生まれました。

卒業生、愛澤魅魂(あいざわみたま)さんのデビュー作『ぼっちがハーレムギルドを創るまで』がモンスター文庫より4月30日に発売。また一人、プロとして活躍する卒業生が誕生しました。

プロ作家としてスタート地点に立った愛澤さんよりコメントをいただきました。

著者・愛澤魅魂さんコメント
小説を書く上で重要なのは「経験」だと、私は思います。いくらストーリーの作り方や文章作法を学んだところで、実際に自分で見て触れて感じなければ、情景をリアルに描写することはできません。
それはキャラクターに関しても同じことが言えると思います。色んな人と触れ合い、100人いれば100通りの考え方を知って、それを自分の作品に活かしていく。
この世に全く同じ人間などいないように、キャラクターだって唯一無二の存在です。彼らをどれだけ生きた「人間」として描けるかが、鍵だと思います。
私は以前は、声優を目指しておりました。その時に得た経験が、この作品には物凄く活かされています。こういう時自分はこうするけど、このキャラクターならどうだろう。生い立ちや性格などを踏まえ、最もリアルな行動を魅力的に描く。それが一人一人の個性になります。
是非皆さんも、色々な経験をして下さい。そして諦めなければ、夢はいつかきっと叶います。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆

「質の高い講義」と「少人数ゼミ」「個別指導」が卒業生を小説家デビューへ導きました!
詳しいカリキュラムを紹介したパンフレットを無料で送付しています。
また、学校見学・体験説明会も随時行なっておりますので、お気軽にお越しください。

20140905_novels_04 キャラクターデザイン学科,ノベルス学科

浅田 翔太さん(作家)/拓平さん(イラストレーター)『石燕妖怪戯画』発売

more

浅田 翔太さん(作家)/拓平さん(イラストレーター)『石燕妖怪戯画』発売

石燕妖怪戯画

©浅田翔太/
アミューズメントメディア総合学院 AMG出版

妖(あやかし)はいずこか!?
若き日の鳥山石燕の活躍を描いた大江戸怪奇譚『石燕妖怪戯画』が、2014年8月28日(木)に竹書房より発売です!

この作品は産学共同プロジェクトのひとつとして、ノベルス学科卒業生の浅田翔太さんが執筆したオリジナル小説です。

数多くの学生プロットの中でも出版社の編集さんからダントツの評価を頂いた作品です。カバーイラスト・挿絵もコンペの結果、キャラクターデザイン学科卒業生の拓平さんが担当!そしてAMGにて作成したオリジナルPVのボーカルはAMG MUSIC生の幡野智宏さんが担当しています!
PVも是非ご覧ください!

浅田翔太さん、拓平さん、幡野智宏さんよりコメントをもらいました!

著者・浅田翔太さんコメント
本作は若かりし頃の鳥山石燕を中心とした妖怪もの時代ミステリーです。
主人公である少年はハチャメチャな石燕と出会い、事件に巻き込まれていくうちにどう成長して行くのか……是非ご覧下さい。

『石燕」とは、鳥山石燕という江戸中期に活躍していた浮世絵師のことです。
彼には有名な作品があったり、著名な浮世絵師を弟子に持つにも関わらず、詳しい資料が殆ど残されておりません。鳥山石燕と言う名をご存じの方も、聞いたことがない方も、新たな石燕のキャラクターを楽しんで下さいませ!
本作が、皆さまにとってお気に入りの一冊になることを願って……。

イラスト・拓平さんコメント
初めまして。カバー絵と挿絵を担当させていただきました、拓平と申します。
お恥ずかしながら、お仕事を頂いた当初は元ネタである鳥山石燕氏のとの字も知りません でしたが、魅力なキャラクター達や読みやすく惹き込まれるお話に、こんな私でも楽しんで 拝見させていただきました。今回は本編中に挿絵を沢山描かせて頂いたのですが、生き生きと走り回るキャラクター達に、次から次へと溢れる情景に、どこを切り取ろうか楽しい 悲鳴を上げたのを覚えています。
皆さまもぜひぜひ、そんな彼らの活躍をご覧ください 。読後は、彼らにまた会いたくなることうけあいです。

PVボーカル・幡野智宏さんコメント

この度は、坂本英三さんプロデュースによる楽曲を歌わせていただくことが出来て、本当に嬉しいです。
最初に歌を聞いた時「なんじゃこのカッチョイイ曲は!」と叫びました(笑)

もともとアニメソングが好きで、特にJAM Projectさんが好きだったので、ロックでメロディアスなこの楽曲は最っ高にシビレました!高い、速い、カッコイイ!歌から溢れるパワーと想いが少しでも届けば、幸せです!
いつかこの曲でライブができることを夢見て……。

<<幡野智宏プロフィール>>
1988年11/23 25歳
AMG MUSIC生。株式会社メディアゲート養成所所屬。

【出演作品等】
・声優
TVアニメ『これはゾンビですか? OF THE DEAD』 外画『ヒトラー最終兵器』他
・俳優
舞台『ハマトラ THE STAGE-CROSSING TIME-』アンサンブル。挿入歌など歌唱も担当。
・歌手
TVドラマ『猫侍』OPテーマ「我が道よ」

AMGの産学共同カリキュラムから数多くの在校生、卒業生がデビューを果たしています。
産学共同カリキュラムは、AMGだけのデビューチャンスです。
この後の企画も続々進行中!在校生・卒業生の手による作品を是非チェックしてください!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

『石燕妖怪戯画』あらすじ
時は享保、年の瀬の頃。江戸に書道をもって名を馳せる石川家があった。その嫡男で17歳の石川硯は、書道ではなく書物を書き記す道に進みたいと考えていた。
その胸の内を父に伝えるも、にべもなく却下され、硯は怒りに任せて家を飛び出してしまう。宵闇が迫って飯屋に入った硯は、そこで饒舌に怪談を話す男と居合わせた。なんでもこの近くの寺で三味線が勝手に歩いて消え、それは妖怪の仕業に違いないと言う。くだらないと思う硯とは対照的に、興味津々で話に聞き入る大柄な侍がいた。
彼の名は佐野豊房。家に帰るに帰れない硯は、佐野から一緒に妖怪を探そうと誘われ、嫌々ながらも三味線が消えた寺の中へと忍び込むことになるのだが……。
性格も生き方も正反対な二人連れが怪事件の真相を暴く、大江戸妖怪奇譚!

20141127_novels_02 ノベルス学科

叢原あきふみさん(作家)『マッドファーザー』発売

more

叢原あきふみさん(作家)『マッドファーザー』発売

マッドファーザー

©sen&akifumi murahara 2014 Printed in Japan

2014年11月27日(木)にPHP研究所より、人気フリーゲーム『マッドファーザー』のノベライズ本が発売されます!
執筆を担当したのはノベルス学科卒業生の叢原あきふみさんです。

叢原あきふみさんよりコメントをもらいました!

著者・叢原あきふみさんコメント
文章を書くのは好きなのに、書きたい物語がない生徒。
それが、AMG在学中に、自分自身に抱いた印象でした。
在学中に投稿したのは長編1本だけ。拙く穴だらけで、辛うじて完結している作品でした。そんな自分が、今この場にコメントを載せているのは、なんとも不思議な気分です。
自分は作家には向いていないと自覚しながらも、諦め悪く続けてきてよかったとしみじみ思います。
これもひとえに、『マッドファーザー』の原作者であるせん様やイラストレーターの和音様、AMGの関係者各位の皆様などのおかげです。
今回の仕事で学び得たことを、余すことなく次に活かすことができればいいな、と。
いずれはオリジナルの物語を書ききることができればいいな、という思いです。

AMGの産学共同カリキュラムから数多くの在校生、卒業生がデビューを果たしています。
産学共同カリキュラムは、AMGだけのデビューチャンスです。
この後の企画も続々進行中!在校生・卒業生の手による作品を是非チェックしてください!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

『マッドファーザー』あらすじ
とある時代、ドイツ北部の郊外にたたずむ巨大な屋敷。
そこに住む少女・アヤは、1年前に母親を亡くし、研究者である父親とその助手の3人で暮らしていた。
夜な夜な怪しげな研究に没頭する父と助手のマリア。
父を心から愛し、尊敬するアヤは、その研究が「禁忌」と 言われるものと知りながらも目をそむけて過ごしていた。
母の一周忌を迎えた日の夜、寝つけないでいたアヤの耳に、男の悲鳴が低く響いた。 父だ。アヤは悲鳴が聞こえた地下――父から侵入を固く禁止されていた研究室――へと向かう。
そこで彼女が見たものは――。

20140723_novels_thub ノベルス学科

田代裕彦×天埜冬景 プロ作家 同級生対談

more

田代裕彦×天埜冬景 プロ作家 同級生対談





――受賞した新人賞とデビューについて教えてください

田代:2002年の年末締切だった「第三回富士見ヤングミステリー大賞」で大賞を受賞させてもらいました。
学院を卒業した2003年の秋に受賞が決まって、本が出たのは翌年2004年1月です。
デビューについては卒業してすぐでしたからこれ以上望むべくもない時期でした。

天埜:2012年の第8回MF文庫ライトノベル文庫新人賞で最優秀賞として選んでいただいて、本はその年の年末に発売されました。卒業してから時間は経ってしまいましたが、その間ずっと作品は書いていました。
在学中から目標は一個ずつ立てていて、在学中には選考に名前が載るようにしようと思っていた。そうしたら一次通過して、じゃあ卒業まで続けてみようと書いて二次に残るようになって、じゃあもうちょっとだけ頑張ろうって続けていたら結果が出ました。

――学院に入学する前からプロの小説家になるんだ!という気持ちはありましたか?

田代:もともと僕は一旦就職したのを辞めてAMGに入っています。どこまで本気だったかと言われると、モラトリアム的な気持ちもあったのかもしれないですけど、それなりの強い気持ちはありました。

天埜:自分もその時行っていた大学をやめて入学したので、もちろんなりたいという気持ちはありました。
入学前に長編を書いて新人賞に送ったこともあるんですけど一次も通らなくて、これじゃあ全然ダメなんだって。それで、何か道はないんだろうかといろんな小説系の専門学校を探してAMGに入りました。

田代:僕も就職前の学生時代に書いて出しました。でも、やっぱり全然ダメというか、そもそも選考結果を調べるということをしていなかったですね。
僕は入学する前、書店員をしていて、職場でAMGの広告を見てこういう学校あるんだなと思って……それがAMGを知ったきっかけです。

――学院に通っていたときのこと、教えてください

田代:学校来るのが楽しくて仕方がなかったです。講義も楽しかったけれど、講義が終わったあと恵比寿駅前のファーストフード店で天埜さんも含めて他の友達と店が閉まるまで良く話をしてましたね。

天埜:自分たちがいる席の周りで椅子がどんどんかたされていくんです。楽しかったですね。














20140414_novels_05 ノベルス学科

小山愛美さん(兼松グランクス株式会社 シナリオライター)『キラカレ~キラめくカレと恋する学園~』

more

小山愛美さん(兼松グランクス株式会社 シナリオライター)『キラカレ~キラめくカレと恋する学園~』

ノベルス学科では小説家だけでなく、ゲームのシナリオライターとして活躍する卒業生もいます。
現在、兼松グランクス株式会社でシナリオライターとして活躍している小山愛美さんもそのひとり。
小山さんが参加している新作ゲーム「キラカレ~キラめくカレと恋する学園~」iOS版がリリースされましたのでご紹介します。

「キラカレ~キラめくカレと恋する学園~」は、スペシャルなイケメン高校生と過ごす、明るく楽しい学園生活が舞台。明るく楽しく、時に甘く切ない青春ラブストーリーが楽しめます。豪華声優陣による収録ボイス数は、なんと2,000以上!ぜひプレイしてみてください!

公式サイト:http://2reality.jp/kirakare/

また、小山さんより、小説家やシナリオライターを目指す皆さんへむけてコメントをいただきました。

小山愛美さんコメント
卒業後、私はシナリオライターとして働いています。授業の中で勉強したことが日々生かされていることや、先生方に教わったことが実感出来る毎日を送っています。

シナリオライターとして物語を書き、商品になるのはとても嬉しいことだと感じます。

プロを目指して勉強し、シナリオライターとして活躍している小山さん、毎日生き生きと働いています。
ノベルス学科ではシナリオライターとして必要なことを学ぶこともできます。
小説以外にも増え続けていく、ノベルス学科の実績。
プロを目指す皆さん、ノベルス学科で小説家、シナリオライターになるためのアイデアとスキル、そしてプロの心構えを学びませんか?

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

「質の高い講義」と「少人数ゼミ」「個別指導」が卒業生をシナリオライターとしても育てます。
詳しいカリキュラムを紹介したパンフレットを無料で送付しています。
また、学校見学・体験説明会も随時行なっておりますので、お気軽にお越しください。

20141202_game_03 ゲーム企画ディレクター学科

福崎恵介さん、小柳宗大さん(株式会社バンダイナムコスタジオ ディレクター)

more

福崎恵介さん、小柳宗大さん(株式会社バンダイナムコスタジオ ディレクター)

株式会社バンダイナムコスタジオで、PS3用ソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST(エクストリームバーサス フルブースト)』のディレクターとして活躍する福崎恵介さん(2002年卒業)と、PS3用ソフト『アイドルマスター ワンフォーオール』のディレクターとして活躍する小柳宗大さん(2007年卒業)から、ゲームクリエイターを目指す後輩にメッセージをいただきました!

福崎恵介さん  (ゲーム企画ディレクター学科 2002年卒業)
PS3用ソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』ディレクター

勢いだけで何の知識もない高校卒業直後の入学でした。今振り返ってみると在学中は迷いに迷い、悩みに悩み、考えに考え抜いた2年間だったように感じます。
ですが、そのおかげで苦しい状況でも前に向かっていく「意志」と、迷ったときや悩んだとき、考え込んだときに自分自身が立ち返れる「原点」を見つけ出すことができたかな、と思います。
自分の夢・将来を信じてがんばってください。

小柳宗大さん (ゲーム企画ディレクター学科 2007年卒業)
PS3用ソフト『アイドルマスター ワンフォーオール』ディレクター

ただでさえ厳しい学院生活を、大学とのWスクールでも過ごせたのは、支えてくれた恩師・友人たちのおかげです。
月日は流れ、その友人たちも様々な作品でディレクター・メインプランナーとして活躍しています。かけがえのない一生の友人・ライバルを手に入れた事は、学んだ知識・経験とともに大きな財産だと思っています。
学院生活の中での様々な出会いを楽しみ、成長して欲しいと思います。

株式会社バンダイナムコスタジオでは、その他にも多くの卒業生が活躍しています。
みなさんも、先輩のようにゲームクリエイターとして活躍する日を楽しみに成長を続けてください。
また、その他の卒業生実績につきましては学院パンフレットに多数掲載しております。
お気軽にお申込みください。

20140904_novels_thub ノベルス学科

大月小夜さん(作家)『幼獣マメシバ 望郷篇』ノベライズ発売

more

大月小夜さん(作家)『幼獣マメシバ 望郷篇』ノベライズ発売

幼獣マメシバ

© 大月小夜/
アミューズメントメディア総合学院 AMG出版

2014年9月20日(土)より新宿シネマートほかにて劇場公開予定の映画『幼獣マメシバ 望郷篇』のノベライズが、2014年9月4日(木)に竹書房より発売です!

『幼獣マメシバ 望郷篇』は、『幼獣マメシバ』から続く、中年ニートの二郎と犬の一郎が織りなす人気シリーズの最新作です。
かつて『猫侍(上)』の執筆も担当したノベルス学科卒業生の大月小夜さんが、犬への愛情をたっぷり詰め込んで執筆いたしました!

大月小夜さんよりコメントをもらいました!

著者・大月小夜さんコメント
今回執筆するにあたり「マメシバ」のこれまでのドラマと映画すべて、そして今回の「望郷篇」のドラマと映画の脚本に目を通しました。

「猫侍」でもノベライズを書かせてもらいましたが、その時はまだすべてが進行中で「一緒に作っているんだ」という感覚でしたが、今回はすでにこのシリーズを楽しみにしている人がいる、長く愛されているシリーズに自分が関わるのだと、少し怖くなりました。
一郎の写真と自分が飼っている犬に励まされながらその怖さを乗り越えました。

ノベライズの場合、脚本そのままを書き起こすわけではなく、小説オリジナルの要素を加えたりもするのですが、私が自信を持っているのは犬への愛(とおじさんたちへの愛)なので、ならばそこは全力を出そう! と心に決め、執筆をしました。

それがうまく発揮できているかどうか、読んで面白くなっているかどうかは読者の方へ委ねるしかありませんが、読んでもらえるところまで辿りたけたのは、支えて下さった先生方や友人たちのおかげです。本当に感謝してもし足りません。この気持ちを忘れないようにしつつ、また次に繋げられるよう頑張りたいです。

AMGの産学共同カリキュラムから数多くの在校生、卒業生がデビューを果たしています。
産学共同カリキュラムは、AMGだけのデビューチャンスです。
この後の企画も続々進行中!在校生・卒業生の手による作品を是非チェックしてください!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

『幼獣マメシバ 望郷篇』あらすじ
芝二郎・四十歳の「ニート魂」は今も健在。ペットショップでのアルバイトも続けていたが、思うところあって一人暮らしの家から二郎は「家出」を試みる。一郎を連れた二郎が行き先として選んだのは、親戚で友人でもある陽介が住む島。なんだか元気のない手紙を送ってきた陽介を驚かせてやろうと、自分たちが向かうのを知らせることなく島へと降り立ったのだった。

しかし目当ての陽介も彼の飼い犬の三郎も行方不明。圏外表示のスマホを握り締めて途方にくれる二郎が出会ったのは妙な地蔵を売り歩く老婆に、一郎を「三郎様」と崇める村長候補。
そして元占有屋の治郎丸との意外な再会。一郎と二郎は島の村長選挙に巻き込まれながら陽介探しを続けるが……。

20140724_comic_02 マンガ学科

小独活さん(マンガ家)『人狼ゲーム』コミックス1巻発売

more

小独活さん(マンガ家)『人狼ゲーム』コミックス1巻発売

人狼ゲーム

©小独活・川上亮/
アミューズメントメディア総合学院 AMG出版

マンガ学科卒業生・小独活さんが筆を取る疑心暗鬼のデスゲーム、「人狼ゲーム」のコミックス1巻が全国の書店で発売中です!
「人狼ゲーム」は2014年1月から竹書房の月刊誌「キスカ」にて連載開始し、細かい描き込みと衝撃の展開によって瞬く間に話題沸騰の人気作になりました!
現在もコミックス1巻の続きが「キスカ」で連載中です。
果たして人狼は誰なのか。まだまだ今後の展開から目が離せません!

◆「人狼ゲーム」とは…◆
高校2年生の仁科愛梨は、ある晩に何者かによって拉致されてしまう。
目を覚ますと、見慣れぬ部屋の中に自分と同じ高校の生徒たちが10人集められていた。
突然の事態に困惑する愛梨たちに、部屋のスピーカーが告げる。
「これから皆さんにはあるゲームをプレイしてもらいます」
そのゲームの名は「人狼ゲーム」。プレイヤーたちが「村人役」と「人狼役」に分かれ、どちらかが死に絶えるまで続く戦慄のデスゲームだった…!

小独活さんよりコメントを頂きました!

小独活さんコメント
本当に沢山の人に迷惑をかけたり助けて頂きました。単行本発売に際し、沢山のお祝いの言葉を各所から頂きました。
「ありがとうございます」と笑顔で返してはいたものの、内心はもう不安でいっぱいでした。それと同時に、ここまで来たらやりきるしかない。とにかく面白く描く。今の私に出来るのはそれだけだ、と思うようにもなりました。
まだまだ毎日勉強中です。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

AMGの産学共同カリキュラムから数多くの在学生、卒業生がデビューを果たしています。
産学共同カリキュラムは、AMGだけのデビューチャンスです。
この後の企画も続々進行中!在学生・卒業生の手による作品を是非チェックしてください!

20150402_novels_02h キャラクターデザイン学科,ノベルス学科

安道 やすみちさん(作家)/犬倉 すみさん(イラストレーター)『婚活刑事 花田米子に激震』発売!

more

安道 やすみちさん(作家)/犬倉 すみさん(イラストレーター)『婚活刑事 花田米子に激震』発売!

『婚活刑事 花田米子に激震』

©2015 安道やすみち/アミューズメントメディア総合学院 AMG出版

2015年4月1日(水)にTO文庫より、オリジナル小説『婚活刑事 花田米子に激震』が発売されました!

執筆を担当したのはノベルス学科卒業生の安道やすみちさん、カバーイラストを手掛けたのはキャラクターデザイン学科卒業生の犬倉すみさんです。

本作は2014年8月に刊行された『婚活刑事 花田米子の絶叫』の続編です。

惚れた男が全員犯罪者という米子の特殊(?)能力は本作でも健在! 果たして米子は意中の相手を捕まえる(逮捕という意味ではなく)ことができるのか!?
シリーズ化してますます勢いに乗る、刑事・米子の義理と人情の婚活物語をよろしくお願いします!


安道やすみちさん、犬倉すみさんよりコメントをもらいました!

著者・安道やすみちさんコメント
みなさまが応援してくださったおかげで無事、二巻が発売となりました! どうもおひさしぶりです安道やすみちです。
今回も一巻と変わらず惚れた相手が100%犯人という出落ち感満載の物語が始まりました。けれどもそのお相手は警視庁からやってきたイケメン刑事。米子は苦悩しながらも恋と事件解決に邁進します。さらには島根県出身のライバル女刑事もあらわれ、米子はたじたじ。
それでも負けずに、ただひたすらポジティブにがんばり続けます。
そんな米子が結婚するためには続刊を出すしかありません!
どうぞみなさま、健気な米子を結婚させるため、引き続き応援よろしくお願いいたします!

イラスト・犬倉すみさんコメント
2巻発売おめでとうございます!
前回に引き続きまた婚活刑事に携わることができとても嬉しいです。
一読者として8か月ぶり?の米子の活躍が見られるのをとても楽しみにしております。
カバーも頑張って描きましたので、お手に取っていただけたら幸いです。

AMGの産学共同カリキュラムから数多くの在校生、卒業生がデビューを果たしています。産学共同カリキュラムは、AMGだけのデビューチャンスです。
この後の企画も続々進行中!在校生・卒業生の手による作品を是非チェックしてください!


◆   ◆   ◆   ◆   ◆

『婚活刑事 花田米子に激震』あらすじ
大阪で多発する冤罪事件。その捜査のため、大阪府警本部に送り込まれた二人の刑事を見て、花田米子に激震が走る。一人は悪友のイケジョ。もう一人は好みのイケメン。米子は自身の「惚れた男は全員犯人」という特異体質を恐れて恋心を封じ、三角関係に揺れながら捜査に奔走するが……事件は「離縁請負人」と呼ばれる容疑者の浮上で急転していく。厚い人情と切ない真相に笑いと涙が止まらない婚活ミステリー長編!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

ノベルス学科ではプロの講師が指導する体験説明会を随時開催しています。
⇒体験説明会詳細はこちらから

AMG独自の「産学共同プロジェクト」の全てが解るパンフレットを全国無料で発送中!
⇒学院パンフレットを取り寄せる

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

お知らせ
ドラマ版「婚活刑事」ポスター内および、小説「婚活刑事」シリーズ書籍ドラマ仕様オビ内の表記に
誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

(誤) → 原作協力:アミューズメントメディア総合学院
【正】 → 出版協力:アミューズメントメディア総合学院

今後とも「婚活刑事」シリーズをよろしくお願いいたします。

アミューズメントメディア総合学院 AMG出版

20141125_sotsu05 キャラクターデザイン学科

犬倉 すみさん(イラストレーター)『人狼ゲーム BEAST SIDE』発売!

more

犬倉 すみさん(イラストレーター)『人狼ゲーム BEAST SIDE』発売!

人狼ゲーム BEAST SIDE

© 川上 亮/AMG出版

汝は人狼なりや? 話題の「人狼ゲーム」をテーマにしたソリッド・シチュエーション・サバイバル・ミステリー! ベストセラー小説『人狼ゲーム』の続編『人狼ゲーム BEAST SIDE』が2014年4月17日に竹書房より発売されました。

前作に引き続き、執筆はノベルス学科講師の川上亮先生、そして、カバーイラストと挿絵をキャラクターデザイン学科2014年卒業生の犬倉すみさんが担当しています。

人狼側の視点で描いた今作は、新たな役割“用心棒”“共有者”を増やし、駆け引きがさらにパワーアップ! 本作は2014年秋公開予定で映画化も決定しています!

プロとして着実に実績を増やしている犬倉すみさんよりコメントをもらいました!

犬倉すみさん コメント
前作の「人狼ゲーム」に引き続きカバーと挿絵を担当させていただきました。
前回は初めての書籍の仕事で緊張や失敗もあり、次回があったら今度こそはと思っていたのでまた描ける機会をいただけて嬉しいです。
あまり時間のない中ではありましたがその中で精一杯描かせていただきました。
今回は少し作業にも慣れてきて前回よりいいものが描けたのではないかと思います。
今回も先生方にはサポートいただき感謝しています。
私も一読者として実際に本になったものを見るのが楽しみです。

AMGの産学共同カリキュラムから数多くの在校生、卒業生がデビューを果たしています。
産学共同カリキュラムは、AMGだけのデビューチャンスです。
この後の企画も続々進行中!在校生・卒業生の手による作品を是非チェックしてください!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

『人狼ゲーム BEAST SIDE』あらすじ
樺山由佳は、2度目の殺戮ゲームの席に着いていた。参加者は13名。全員、2年4組のクラスメイトである。前回は村人側として人狼を駆逐し、勝利を収めた由佳だが、今回は逆に村人たちをあざむき、ひとりずつ殺していく立場になった。普通の女子高生であれば絶望するのかもしれないが…由佳はむしろ興奮し、驚喜していた。ずっと待ち望んでいた「非日常」を存分に楽しめる!と。複数の「自称予言者」が現れ、追いつめられた人狼が道連れを欲し、共有者がほかの村人たちを扇動する。場が混迷を深める中、由佳はひとりほくそ笑み、さらなる血の味を求める…!

20140707_voice_13 声優タレント学科

プロダクション合格実績(2014年卒業生)

more

プロダクション合格実績(2014年卒業生)

2014年1月~3月に行われた、「プロダクション所属学内オーディション」結果のご報告です。
今年は67社のプロダクションが学院内に来て、オーディションを行いました!

<学内オーディション合格プロダクション一覧>
青二プロダクション 81プロデュース ムーブマン 賢プロダクション
尾木プロ THE NEXT メディアフォース ホーリーピーク AIR AGENCY
プロダクション・エース 同人舎 オフィス薫 リマックス
TABプロダクション アトミックモンキー ガジェット・リンク アプトプロ
シグマ・セブン ケッケコーポレーション トリアス ゆーりんプロ
ホーリーピーク トリトリオフィス ぷろだくしょんバオバブ JTBエンタテインメント
ぐるーぷインパクト サンミュージック B-Box ミツヤプロジェクト
アクトゥリス オフィスもり トルバドール音楽事務所 E-sprinG
ケンユウオフィス オフィス・ティービー オフィスCHK C&Oプロダクション
えりオフィス スリートゥリー メディアゲート アズリードカンパニー
イエローテイル カレイドスコープ AS企画 ぷろだくしょん★A組
スペルバウンド キラエンタテインメント アップアンドアップス ワイスプロダクション
EARLY WING Ability Soul Pro WITH LINE 他多数

※順不同

この「プロダクション所属学内オーディション」にて、合格を勝ち取った卒業生からコメントを貰いました!


デビュー・実績速報

佐賀 大将(81プロデュース 研究生合格) 2014年 本科卒業

今まで悔しい思いも嬉しい思いもたくさんありました。数々のオーディションを受験し、失敗の中から経験を積み重ねてきたことが強く印象に残っており、自分をより高めるきっかけでもありました。今の僕を支えているものは経験から培ってきた諦めない心です。そして、新しい道を踏みしめる第一歩を作って下さったことは人生の中でこれ以上に嬉しいことはないと思います!この道を踏み外すことなく、前進全力で駆け抜けていきたいと思います!

[在学中の出演作]
【外画】「殺しのナンバー」


デビュー・実績速報

田所 陽向(81プロデュース 研究生合格) 2014年 本科卒業

合格を頂いた時、嬉しい気持ちはもちろんありました。ですが同時に81プロデュースの役者としてその名に恥じない程の存在になろう。と、新たな決意を胸にしていました。
学院での二年間、どのレッスンもプラスになる物ばかり。ライバルとの競い合いや教務の方々の激励、全てに感謝です。
これから次のステップに進むために精進し、自分らしく、楽しんでいきます!

[在学中の出演作]
【外画】「新アリゲーター」 【ゲーム】「フェアリーフェンサーF」


デビュー・実績速報

蒔村 拓哉(81プロデュース 研究生合格) 2014年 専科卒業

驚きのあまり少しのあいだ呆然としてしまいました。教務の方と今後のお話をしていくにつれ徐々に「合格したんだ!」という喜びがあふれてきました!凄く嬉しかったです!
礼儀や基礎技術、感情表現や個性など、講師の方々から学ぶ「声優に大事な事」も様々ですが、そのどれもが自分に必要なものであることで、学院では本当に色々な事を教えていただきました。今後も人として、声優として成長し、作品を通じて誰かの「夢」になれる。そんな声優になりたいと思っています。


デビュー・実績速報

朝日奈 丸佳(81プロデュース 研究生合格) 2014年 本科卒業

声優を志した時からずっと入りたかった81プロデュースに合格して、嬉しい気持ちと同時に「私はここで声優になりたいんだ!」と改めて思いました。
私に夢に向かっていく力をくれたのがこの学院です。夢を叶えるまでしんどいかもしれない・・・でも、夢が叶うって最高に気持ちいいんだと、教えてくれました。
81プロデュースという大きな看板を背負っても恥ずかしくない役者になり、1日でも早く、1日でも長く声優として多くの人の耳に私の声を届けられるよう、がんばります!

[在学中の出演作]
【外画】「スパイダーシティ」


デビュー・実績速報

朝野 とうふ(81プロデュース 研究生合格) 2014年 本科卒業

オーディションではあくまでも自然体を心掛けて臨みました。
今の自分に自信を持ち、合格の桜を咲かせる事が出来たのは、AMGでの2年間があったからこそだと思います。
これからも全ての事に真摯に取り組んで、皆様にとって身近な声優になれるように日々を積み重ねて行きます。

[在学中の出演作]
【外画】「グラビティ」 【ナレーション】「東日本大震災ナレーション」 【ゲーム】「KRITIKA」


デビュー・実績速報

中村 美咲(81プロデュース 研究生合格) 2014年 本科卒業

AMGに入るまでは何も知らなかった私が、AMGでの二年間でたくさんのことを学び、成長することが出来ました!AMGに入っていなければ今の私はなかったとおもいます。
81プロデュースジュニア研究生として合格を頂いた時、正直、私に出来るかな、という思いもありましたが、今はただただもっと上手くなりたい、声優として活躍したいという気持ちでいっぱいです!!頑張ります!!

[在学中の出演作]
【外画】「殺しのナンバー」 【ナレーション】「アニメイトTVCM」


デビュー・実績速報

英 えみり(81プロデュース 研究生合格) 2014年 専科卒業

私は高校と両立しながらレッスンを受けていました。高校も進路を決める時期だったため不安な気持ちで進路オーディションを迎えました。合格の結果を見たときはホッとした気持ちとやっとスタートラインに立ったのだ、と気持ちが引き締まりました。
私はAMGで先生方に助けられてここまで来られたといつも感じています。私が声優になり有名になることが私の目標であり恩返しだと思っています。チャンスを掴んで必ず夢を実現させます!


デビュー・実績速報

森 亮平(81プロデュース 研究生合格) 2014年 本科卒業

今まで悔しい思いも嬉しい思いもたくさんありました。数々のオーディションを受験し、失敗の中から経験を積み重ねてきたことが強く印象に残っており、自分をより高めるきっかけでもありました。今の僕を支えているものは経験から培ってきた諦めない心です。そして、新しい道を踏みしめる第一歩を作って下さったことは人生の中でこれ以上に嬉しいことはないと思います!この道を踏み外すことなく、前進全力で駆け抜けていきたいと思います!

[在学中の出演作]
【ナレーション】「学院CM」「学院インフォマーシャル」 【ラジオ】「スウィートイグニッション」アシスタントパーソナリティー


デビュー・実績速報

佐藤 真美(81プロデュース 研究生合格) 2014年 本科卒業

合格をいただいた時は、本当にびっくりしました。わくわくして、ドキドキして、そしてなにより嬉しかったです。合格をいただけたのは、支えてくださった皆様のおかげです。ありがとうございます。
AMGで学んだことはたくさんありますが、無駄なことはありませんでした。この2年間は私の誇りです。今の私の目標は、この環境で自分らしく成長するということです。一歩ずつ大切に進んでいきたいです!

[在学中の出演作]
【ナレーション】「学院インフォマーシャル」 【ラジオ】「ブリッジナビゲーター」「Vステーションジングル」


デビュー・実績速報

村田 葉月(81プロデュース 研究生合格) 2014年 本科卒業

AMGでは素晴らしい講師や教務の方々から礼儀作法や演技について教えていただくだけでなく、在学中から外画の吹き替えやラジオのアシスタントパーソナリティーなど他にも様々なプロの現場でお仕事をさせていただくという大変貴重な経験からも沢山学びました。
進路オーディションの結果を聞いたときは、喜びと共に講師や教務の方々、オーディションを見てくださった81プロデュースの方々など様々な人達への感謝の気持ちが溢れました。私は夢にまで見た81プロデュースで時代を引っ張っていける事務所の看板声優になります。

[在学中の出演作]
【外画】「ハリケーンアワー」 【ナレーション】「学院インフォマーシャル」
【ラジオ】「スウィートイグニッション」アシスタントパーソナリティー


デビュー・実績速報

虎島 貴明(ムーブマン 預かり合格) 2014年 専科卒業

素晴らしい講師陣から何か学ばせてもらうのではなくどう学び取るかを心掛け、かねてより掲げていた、一つの目標が達成できたことは非常に嬉しかったです。
しかし、ここからがまたスタートであり、完璧なゴールなんてないのだと思います。良い表現をするために、楽しみ、もがき、足掻いていきます。そしてチャンスは自分でもぎとっていくつもりです。
アニメの主役だって、ハリウッドスターを吹き替えることだって、虎視眈々と狙っていきます。


デビュー・実績速報

文山 勝友(ムーブマン 預かり合格) 2014年 本科卒業

オーディション期間は本当に大変でした。AMGで2年間学んだ経験や知識を全力で出し切る。頭ではわかっていても、実際にはなかなか出来る事ではありませんでした。
自信があっても結果が伴わず、その結果に引きずられて力を発揮し切れなかった事もありました。ですが、どんなに辛い事が続いても諦めない限りチャンスは必ず訪れます。これからも自分を信じ、チャンスを必ず掴めるように毎日を確り過ごしていきます!

[在学中の出演作]
【外画】「アウトロー」 【ナレーション】「学院CM」 
【ラジオ】「ブリッジナビゲーター」「Vステーションジングル」


デビュー・実績速報

蟹江 俊介(青二プロダクション ジュニア所属合格) 2014年 専科卒業

続けてきて良かったなぁとひとまず思いました。とは言えまだまだ通過点に過ぎないので、気を緩めずにやっていきたいです。
在学中は講師の方や友人から色々な言葉を頂戴してきました。自分を形作る様々な出会いに感謝を忘れず、認めて褒めていただいた言葉には仕事という結果で恩返しをしていけたらと思います。
これから先は長いですが、還暦になっても舞台の上に立っていられるような人生を歩んでいきたいですね。

[在学中の出演作]
【外画】「ウォールストリート・ダウン」 【ゲーム】「KRITIKA」


デビュー・実績速報

森瀬 惇平(青二プロダクション ジュニア所属合格) 2014年 専科卒業

合格発表で自分の名前が呼ばれた瞬間「夢が・・・叶った!!」その言葉が心の底から自然と出てくるような、初めての感覚。最高でした。
どんなことがあっても「「絶対に声優になる!」」この気持ちだけは忘れずに、演技未経験で入学してきた自分としっかり向き合ってきた、そんな自分へのご褒美だと思っています。専科は年齢層も幅広く、色々な方々がいたので、とても刺激になってよかったです。
夢が叶ったといっても、まだまだスタートラインに立てただけ、その先の夢へ向かってこれからもっともっと頑張ります!!!

[在学中の出演作]
【テレビ】「ヴォイス・アカデミア」


デビュー・実績速報

平山 文也(プロダクション・エース 預かり合格) 2014年 本科卒業

合格の知らせを聞いたときにまず思った事は、「よかった!これで路頭に迷わなくてすむ!」なんていうよこしまな気持ちでした(笑) そのあとに改めて思い返すと、2年間培ってきた事が結果として出たんだと思います。自分一人ではここまでたどり着けなかった。共に競い合ってきた仲間たち、親身に指導して下さった先生方、そして教務の皆様がいてくれたからだと感じています。
いまの僕は果てしなく長い道のりのスタートラインに立ったばかりです。
これからも平山文也は止まることなく走り続けます!夢はみんなが憧れるヒーローになることです!

[在学中の出演作]
【外画】「ベン・ハー 前篇」


デビュー・実績速報

雨澤 祐貴(プロダクション・エース 預かり合格) 2014年 専科卒業

私はAMGで「縁」の大切さを実感しました。
声優を目指し始めてからも、進路オーディション中も、なかなか上手くいかなくて苦しい思いを何度もしました。
そんなときあたたかい言葉をかけてくれたのは、教務の先生方や同期の仲間でした。
以前から敬愛していた方の多いプロダクション・エースに入れたのも一つの縁。自分を必要としてくれたこの事務所で、すべての仕事、すべての人との縁を大切にする、そんな声優を目指していきます。


デビュー・実績速報

鈴木 杏佳(プロダクション・エース 預かり合格) 2014年 本科卒業

学院での授業を悔しくて泣きながら受けた事、今でも鮮明に覚えています。
先生の期待に応えられなかったのが悔しくて涙が堪えきれなかったのですが、先生に指摘して頂いたからこそ「他人は他人、自分は自分」「100%以上を発揮しないと勿体無い」と思うことが出来ました。
思い返せば沢山のライバルがいる中で悔しさばかりの2年間でした。だからこそ夢を叶えたい気持ちは大きく育ち、事務所の合格を頂くことができました。
夢を後押しして下さった全ての人に感謝でいっぱいです。
小さな一歩を積み重ねて大きく前へ!私らしく真っすぐ!頑張ります!

[在学中の出演作]
【映画】「ジョーカーゲーム2」 【ゲーム】「KRITIKA」


デビュー・実績速報

熊倉 安理紗(プロダクション・エース 預かり合格) 2014年 本科卒業

声優になると決め、ただ目標に向け全力で走ってきた2年間。
「熊倉には何ができるのだろうか」日々、自分との戦い。色々な感情が渦巻き、悩み、表現の難しさ、面白さを知りました。この学院生活で得たものは大きかったです。
そして、こうして一歩でも前へ進めたこと、自分と関わった全ての方に本当に感謝です。
この感謝の思いを胸に、もっともっと努力して、恩返ししていきます!己の声で未来を切り開きます。

[在学中の出演作]
【外画】「ヴァイキングダム」 【ゲーム】「インフィニタ・ストラーダ」 【MC】「ハル」


デビュー・実績速報

木曽 寛子(プロダクション・エース 預かり合格) 2014年 専科卒業

数分で、未来が決まる。
オーディションの恐さと言いようのない高揚感は、この先も忘れられないと思います。
私にとってAMGは、養成所というよりも事務所のような感覚でした。お仕事の場だけでなく、オーディションのような授業・HR・イベントにも、「芸能の世界」を教えて頂きました。やっとスタート地点に立てた今、改めて支えて下さった人々の大きさを実感します。
学院で得た経験、ご縁を大切にしながら、ひとを楽しませられる役者になれるよう精進したいと思います。

[在学中の出演作]
【外画】「ブラインドマン」 【ナレーション】「学院インフォマーシャル」


◆   ◆   ◆   ◆   ◆

卒業生の皆さん、コメントありがとうございました!
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、「プロダクション所属学内オーディション」「AMGインターンシップ」など、学生たちの声優デビューに向け手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや卒業生情報について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

20140905_novels_02 ノベルス学科

亜夷舞モコさん(作家)『アポカリプス・ゲーム』発売!

more

亜夷舞モコさん(作家)『アポカリプス・ゲーム』発売!

アポカリプス・ゲーム

©亜夷舞モコ/
アミューズメントメディア総合学院 AMG出版

『ジョーカーゲーム』『ジョーカーゲーム脱出(エスケープ)』のその後の世界を描く、ジョーカーゲームシリーズ第三弾『アポカリプス・ゲーム』が8月28日(木)に竹書房より発売となりました!

執筆はノベルス学科卒業生であり、『ジョーカーゲーム脱出(エスケープ)』刊行時に執筆協力をした亜夷舞モコさん! 
ジョーカーゲームの世界観・キャラクターへのこだわりが随所に活かされており、まさに『ジョーカーゲーム脱出(エスケープ)』で執筆協力を経験したモコさんしか書けない内容となっています。カバーイラストはキャラクターデザイン学科2年生の日和こんさん! 今回が初のカバーイラストのお仕事となりました。

亜夷舞モコさん、日和こんさんよりコメントをもらいました!

著者・亜夷舞モコさんコメント
マスターコースの冬に最初の自分の本が出ました。そしてこの夏、二冊目の本が出ます。
新人賞で受賞せずに、これだけ仕事ができるのは学院で学んだからということに他なりません。

今立っているこの場所は昔の自分には想像しえないものです。作文が嫌いだった自分が、なぜ小説家になっているんだろうか。人生は選択の連続です。何を選び、何を捨て、どんな思考で生きるか。それは様々なものに影響されて、変わっていきます。たとえば、一冊の本。たとえば、一滴の涙。たとえば、友人の言葉。
そうして選んだものは、以前は想像できなかったものだとしても、今はこれで良かったと言えます。
この場所に立たせてくれたすべてのモノに、心からの感謝を。これからも面白い物語を書き続けたい、作家でありつづけたいと願います。

イラスト・日和こんさんコメント
コンペを通して、カバーイラストと挿絵を描かせて頂きました。
書籍のカバーイラストを描く事は入学当初から目標としていたので、本当に嬉しく思っています。
制作では、少しでも目を惹くカバーイラストになる様に、背景や効果のパターンを多めに制作しました。その後、先生にアドバイスを頂きつつ修正や微調整を繰り返して、完成へと持っていくことが出来ました。細かな部分まで相談に乗っていただき、丁寧にご指導いただいた先生方に、とても感謝しています。

本作は、5人の個性ある女の子達が知恵を出し合い協力しながら、過酷なゲームに挑んでいく物語です。脱出ゲームや謎解きが好きな方は特に、楽しんで頂けると思います。
どうぞ、よろしくお願いします。

PVボーカル・幡野智宏さんコメント

この度は、坂本英三さんプロデュースによる楽曲を歌わせていただくことが出来て、本当に嬉しいです。
最初に歌を聞いた時「なんじゃこのカッチョイイ曲は!」と叫びました(笑)

ロックでメロディアス、そして色っぽい!(笑)歌から溢れるパワーと想いが少しでも届けば、幸せです!
いつかこの曲でライブができることを夢見て……。

<<幡野智宏プロフィール>>
1988年11/23 25歳
AMG MUSIC生。株式会社メディアゲート養成所所屬。

【出演作品等】
・声優
TVアニメ『これはゾンビですか? OF THE DEAD』 外画『ヒトラー最終兵器』他
・俳優
舞台『ハマトラ THE STAGE-CROSSING TIME-』アンサンブル。挿入歌など歌唱も担当。
・歌手
TVドラマ『猫侍』OPテーマ「我が道よ」

AMGの産学共同カリキュラムから数多くの在校生、卒業生がデビューを果たしています。
産学共同カリキュラムは、AMGだけのデビューチャンスです。
この後の企画も続々進行中!在校生・卒業生の手による作品を是非チェックしてください!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

『アポカリプス・ゲーム』あらすじ
「義務教育延長法」――その一環で行われた命を賭けた「ババヌキ」――それによって、多くの高校生が『矯正施設』に送り込まれていた。赤沢千夏もその一人。かつてババヌキで勝利したにもかかわらず、敗北した友人と逃亡を図ったため、矯正施設に入れられた。地下9階からなる『特別矯正施設』に収容された千夏は、黒崎レナたちと共に強制労働を強いられていた。秩序を乱したと殴られ、教官らの慰み者にされ、「敗者たち」は徹底的に暴力で支配されている。
その地獄に突如、地上で新政府が樹立したという知らせと共に白い制服の武装集団が現れた。政府の命で矯正施設を解放するという彼らは、圧倒的な武力で施設を制圧してゆく。しかし、敗者たちが脱出を図ろうとする中、強力な殺人ウイルスによって武力集団のリーダーが倒れてしまう。
彼らがもたらしたのは希望の福音ではなかった。
「感染から一時間で死に至る」。死の恐怖が蔓延する中で自由を掴むためには、奇しくも施設で予定されていた殺人ゲームをクリアするしかない。千夏はレナと共にゲームに挑み脱出を試みるが……。
鮮血と混乱が入り混じる地下施設で、今再びサバイバル・ゲームの火蓋が切って落とされる!

20141016_novels_02 ノベルス学科

ロウさん(作家)小説家になろう大賞2014 佳作受賞

more

ロウさん(作家)小説家になろう大賞2014 佳作受賞

卒業生作家著作の実績も500冊突破目前、毎年新人賞でのデビュー者を輩出しているノベルス学科。新たな受賞デビュー者が在校生から生まれました!

小説家になろう大賞2014 MFブックス部門にて、ノベルス学科卒業生ロウさんの『ダンジョンを造ろう』が佳作を受賞しました!

ネット小説という分野でも多くの在校生卒業生が作品を投稿し、その中には高い評価を得ている作品も増えてきています。
ネット発表から書籍化、という形で作家という夢をかなえたロウさんよりコメントをいただきました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

ロウさんコメント
未だ受賞したという感覚が薄い私がコメントを書いてよいのかどうか。ただスタート地点に立ったことだけは自覚しています。

今このスタート地点に立てているのは先生方にご指導を頂き、多彩な友人を作れたおかげです。
その指導の中で最も記憶に残っているのが、ある投稿作を先生に見せたときに「文章が固い」と言われたこと。その時は私は言葉の意味が分かりませんでした。ですが、友人の作品を見て理解しました。 おそらくそれがなければ私は今の小説、文章を書けなかったでしょう。
本当にありがとうございます。

今はスタート地点に立ったばかり、これからのことを考えれば不安なことばかりですがAMGで学んだことを胸に頑張りたいと思います。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

「質の高い講義」と「少人数ゼミ」「個別指導」が小説家への道を開きます!
詳しいカリキュラムを紹介したパンフレットを無料で送付しています。
また、学校見学・体験説明会も随時行なっておりますので、ぜひお気軽にお越しください。

20141125_sotsu07 マンガ学科

土星フジコさん(マンガ家)『週刊少年サンデー』に 『戦争劇場』が連載

more

土星フジコさん(マンガ家)『週刊少年サンデー』に 『戦争劇場』が連載

週刊少年サンデー 36.37合併号 『戦争劇場』

2014年8月6日発売の「週刊少年サンデー 36.37合併号」より、
マンガ学科卒業生の土星フジコさん『戦争劇場』が連載スタートします!
しかも! なんと初回は巻頭カラーで掲載されますので、ぜひこの記事をご覧のみなさんも週刊少年サンデーをチェックしてみて下さいね!

土星さんは学生時代から非常に真面目で、課題や作品制作にもいつも真摯に取り組んでいました。卒業後はアシスタントという形で各方面での活躍をしていましたが、その傍ら自分の作品を仕上げるだけでなく、AMG出版工房が紹介するイラスト系のお仕事にも、精力的に取り組んでいました。
その真面目な姿勢が認められたことによって、今回こうして連載を勝ち取ることができたのだと思います。
本人はもちろんのこと、AMG教務としても本当に嬉しい限りです!

週刊少年誌での連載を志す学生にも非常に良い刺激になりました。
先を行く先輩の姿を見て、学生達もどんどん受賞・デビュー・連載に繋がっていって欲しいと思います。

土星フジコさんの更なる活躍を、ぜひご期待ください!
そして、みなさん応援よろしくお願いします!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

マンガ学科からは次々と在校生・卒業生がマンガ家としてデビューを果たしています!
マンガ家デビューへの秘訣は!?
詳しいカリキュラムを紹介したパンフレットを無料で送付しています。
また、学校見学・体験説明会も随時行なっておりますので、ぜひお気軽にお越しください。

20140704_novels_02 ノベルス学科

扇風気周さん(作家)『視ル視ルうちに好きになる』発売

more

扇風気周さん(作家)『視ル視ルうちに好きになる』発売

視ル視ルうちに好きになる

©扇風気周 イラスト/フカヒレ(電撃文庫)

ノベルス学科には2年間のノベルス本科のほかに、働きながら学べる「ノベルス専科」(夜間週1回・半年制)があります。
多くのデビュー者を輩出しているノベルス本科ですが、このノベルス専科からも新たなデビュー者が生まれています!

ノベルス専科受講生(2013年11月生)、扇風気周(せんぷうき・まわる)さんのデビュー作『視ル視ルうちに好きになる』が6月10日に電撃文庫から発売されました。

働きながら小説が学べるノベルス専科は、基本的な小説の書き方を学ぶ「本コース」の受講後、個別指導を中心とした「継続コース」の受講で新人賞への投稿をサポートします。
ノベルス学科本科本科同様、現役プロの指導が受けられるノベルス専科でデビューを目指してみませんか?

夢をあきらめずに学び、プロとしてのスタート地点に立った扇風気さんよりコメントをいただきました。

扇風気さんコメント
中学・高校時代は月並みにゲームや漫画、小説にのめりこんでいました。やがて「自分も何かを表現してみたい」と強く思うようになり、小説を書き始めてからおよそ十五年――困ったことにさっぱり芽が出ませんでした。
三十歳になる日が近づくにつれて「どうせ諦めるならその前に悔いなく、思いつく限りのことをとことんやってみよう」と、がむしゃらに動き始めました。学院に見学へ伺ったのも、その行動の一つでした。
すてきな出会いに恵まれ、講師やスタッフの方のお話を聞くたび、心に風が吹いたのを鮮明に覚えています。
多くの方々に支えられていることへの感謝を忘れず、頂いた追い風を途絶えさせないように、何より読者の皆様に良い風をお届けできるように、これからも頑張っていきたいと思います。
デビュー作となりました『視ル視ルうちに好きになる』と扇風気周(せんぷうき・まわる)をどうぞ、よろしくお願いいたします。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

「質の高い講義」と「少人数ゼミ」「個別指導」が小説家への道を開きます!
詳しいカリキュラムを紹介したパンフレットを無料で送付しています。
また、学校見学・体験説明会も随時行なっておりますので、ぜひお気軽にお越しください。

20141021_novels_02 キャラクターデザイン学科,ノベルス学科,声優タレント学科

浅田 翔太さん(作家)/ヤグチミナトさん(イラストレーター)/西岡千絵さん(PVボーカル)『パンデミック・ゲーム』発売

more

浅田 翔太さん(作家)/ヤグチミナトさん(イラストレーター)/西岡千絵さん(PVボーカル)『パンデミック・ゲーム』発売

パンデミック・ゲーム

©山口洋一/
アミューズメントメディア総合学院 AMG出版

2014年10月30日(木)に竹書房文庫より、ウイルス感染×脱出ゲームをコンセプトとした『パンデミック・ゲーム』が発売されます!

本作はAMG最大の特長である産学共同カリキュラムとしてプロットを募集し、執筆して刊行されることになったオリジナル小説です。

執筆はノベルス学科卒業生の山口洋一さん、イラストを担当したのはキャラクターデザイン学科卒業生のヤグチミナトさんです。さらにPVも制作され、ボーカルは声優専科在校生の西岡千絵さんが担当しました。

世界の命運を背負って命懸けのゲームに挑む少年少女たちの戦いの行方を、是非お手に取ってお確かめください!伏線やどんでん返しの連続に興奮すること間違いなしです!

山口洋一さん、ヤグチミナトさん、西岡千絵さんよりコメントをもらいました!

著者・山口洋一さんコメント
チャンスの扉は自分の力では開けない。でも、扉の向こう側からなら簡単に開けられる。だから、扉の向こう側から開けてくれる人と出会う事。そして、開かれた扉には恐れず飛び込む事。

この「パンデミックゲーム」という作品は所謂「デスゲーム」ものと呼ばれるジャンルの作品です。が、正直わたしはこのジャンルが大の苦手です。自分で同ジャンルの作品を書き終えた今でも苦手です。きっと、これから先もずっと苦手でしょう。だって怖いんですもの。

そんな私がこの作品を書けたのは、産共プロジェクトという開かれた扉に「苦手なジャンルだから」と臆する事なくチャレンジした結果です。これをご覧のみなさんにも、きっと開かれた扉があるはず。恐れずチャレンジあるのみですよ! そして是非、私にとっては「パンデミックゲームの表紙を開く人」になって頂ければと……。もちろん、楽しんでもらえたら何よりの喜びです。

イラスト・ヤグチミナトさんコメント
カバー絵と挿絵を担当させていただきました、ヤグチと申します。
主人公が受ける忠告、「騙されてはいけない」―――この「ゲーム」を仕切る本当の黒幕に私は「騙された!」となりました。
極限状態の中で剥き出しになっていく登場人物たちの本性が本作品の鍵であり、読み所だと思います。

また、そのポイントが挿絵でどう表現しようか試行錯誤した部分でもありました。
カバー絵は、登場人物たちがカードの中から出ようとしている感じに…というオーダーでした。キャラの性格から、脱出しようともがく時にどんな行動を取るか、それぞれのアクションや表情を考えているときが楽しかったです。
本作はキャラクターたちの思惑のぶつかり合いがとても迫力のある作品です。そんなエネルギッシュな彼らの魅力を少しでも多く伝えることができれば幸いです。

PVボーカル・西岡千絵さんコメント
大好きなお歌のお仕事。全てが初めての事でしたので、とにかく一生懸命臨みました。
レコーディング当日に完成した歌詞を頂き、音をはめて、すぐに本番。
主旋律を録ったらコーラスを重ねて重ねて…真っ白だった曲がその場で出来上がっていく事に感動しました。
プロデューサーの坂本さん、エンジニアの酒井さんのお二人の力で、ロックで熱い楽曲になりましたので、小説と一緒に、沢山の方に楽しんで頂けると嬉しいです!

AMGの産学共同カリキュラムから数多くの在校生、卒業生がデビューを果たしています。
産学共同カリキュラムは、AMGだけのデビューチャンスです。
この後の企画も続々進行中!在校生・卒業生の手による作品を是非チェックしてください!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

『パンデミック・ゲーム』あらすじ
幼なじみの真希に連れられて勇人が向かった先は≪グローバルユース討論会≫。
文科省が日本に縁のある各方面で才能を有した青年たちを招いた討論会だ。世界的女優の真希は日本代表として招待されており、勇人はひそかに想いを寄せる幼なじみに付き添ってきたのだった。

招待者しか入れない会場へ、荷物を置くついでに見学してきなよと真希のIDカードを渡されて勇人が入った矢先、警告音が響きわたり施設は封鎖されてしまう。会場周辺に毒ガスが散布され、モニターに映しだされるのは人々が死んでゆく様子、その中には真希の姿も……。

閉じ込められた各国の代表に続けて投げられたアナウンス「皆さんにはそれぞれの地域を代表した≪人類絶滅感染ゲーム≫に参加してもらいます」――負けた地域には殺人ウイルスが散布されるという非情なルール。
有名探偵のような装いに身を包んだアメリカ代表・シルヴィアをはじめ、各国の存亡がかかったカードを手にした代表者たちがゲームマスターは誰かと疑心暗鬼に陥る中、ただひとり一般人である勇人は真希の死への悲しみと日本の命運を背負ってゲームに挑戦する――。

資料請求はこちら 参加無料!体験説明会