eスポーツ(イースポーツ)で賞金額が高いゲームとは?

  • by
    賞金

    近年注目されるようになった「eスポーツ」。
    ゲームが好きな方にとって、ゲームをプレイして賞金を稼ぐというのはとても夢のある話ですよね。

    ただし日本でeスポーツの賞金をもらうには、注意すべき点もあります。

    今回は、eスポーツでどれくらい賞金がもらえるのかをランキング形式で確認していくとともに、日本における賞金問題についても触れていきます。

    eスポーツの賞金は国内と国外で異なる

    日本と海外のお金海外では競技人口が多く、定着が進んでいるeスポーツですが、日本ではまだまだマイナーな文化にとどまっています。
    その理由の一つとして、賞金問題が挙げられます。

    海外では過去に、eスポーツ世界大会の優勝者が300万ドル(約3億2,600万円)を獲得したという事例があります。

    それに対して日本はまだ、賞金に関する規定が整備段階にあり、条件によっては最高額で10万円という場合もあります。

    厳密に言えば日本国内でもっと高額の賞金がもらえることもあるのですが、これについては記事の後半で詳しくご説明します。

    eスポーツの賞金ランキングトップ3

    ここからはeスポーツの賞金を、特徴とともにランキング形式でご紹介していきます。

    Data2

    賞金額
    173,271,037.22ドル(約188億円)
    特徴
    5人対5人の2チームに分かれ、敵チームの陣地を破壊するゲームです。
    「MOBA」という、チームに分かれて敵陣を破壊することを目的とするジャンルのゲームの元祖と言われます。

    100種類以上のキャラクターをゲームスタート時から選択でき、さまざまな戦術を考えられるのがData2の魅力です。

    MOBAってどんなゲーム?eスポーツで採用されているゲームとは

    CS:GO

    賞金額
    69,217,405.65ドル(約75億円)
    特徴
    正式名称は「Counter-Strike:Global Offensive」。
    テロリスト(T)と カウンターテロリスト(CT)に分かれ、5人対5人で爆弾設置と解除を競うゲームです。

    こちらは「FPS」という、主人公視点で行うシューティングアクションのジャンルに分類されます。

    CS:GOはFPSジャンルのゲームの中でも特に難易度が高いですが、他のeスポーツに比べてプレイヤー数や大会数は非常に多く、人気の高いゲームです。

    FPSってどんなゲーム?eスポーツとして扱われているゲーム紹介

    Fortnite

    賞金額
    20,080,503.95ドル(約22億円)
    特徴
    ソロプレイ・チームプレイを選択し、最後の1人になるまで生き残ることを目的としたゲームです。

    「TPS」と呼ばれる、第三者視点で武器などを用いて戦うアクションゲームのジャンルに属します。

    このゲームには、資材を集めながら建築して陣地を作るクラフト要素があるのが特徴です。
    日本では家庭用ゲーム機用のソフトとしても発売しているので、なじみのある方もいるのではないでしょうか。

    TPSってどんなゲーム?eスポーツ対象になっている作品とは

    日本で発生しているeスポーツの賞金問題

    頭を抱える男性さてここからは冒頭で少しご紹介した、日本でのeスポーツの賞金問題について見ていきましょう。

    プロライセンスがないと賞金を満額もらえない

    少なくとも今の日本では、日本eスポーツ連合(JeSU)が発行したプロライセンスを持っていない場合、賞金を満額もらえない可能性があります。

    なぜなら、プロライセンスの保有者でなければ、賞金が「仕事の報酬」という扱いにならず、景品表示法が課されて10万円の上限がついてしまうからです。

    ただしこれはあくまで現段階での話であり、プロライセンスの有無が賞金額に影響するかは、未だに議論が続いています。

    参考URL:
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1909/19/news114.html

    年齢制限によって賞金を満額もらえない

    上でも触れたJeSUはeスポーツの振興を目的とし、さまざまなプロライセンスを発行しています。

    JeSUが発行するプロライセンスには、13歳以上15歳未満を対象としたジュニアライセンスもあり、これには賞金を受け取る権利を放棄するという規約があります。

    持っていると損をするようにも見えるライセンスですが、持っていないとプロとして認められず出場できない大会もあるため、保有するメリットもあるのです。

    これには「子供が賞金を受け取ることが、労働基準法の中で禁止されている児童労働に当たるかどうか」といった議論の余地もあり、今後変わっていく可能性もあります。

    参考URL:
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1909/19/news114.html

    eスポーツ業界で確実にお金をもらいたいなら

    ガッツポーズするプレイヤー日本でプレイヤーとして活躍するにはまだ課題が多いeスポーツですが、市場はだんだん拡大し、つくり手の需要は増えてきています。

    そのためeスポーツに関わる仕事に就きたいなら、プレイヤーではなく制作者になるという選択肢もあります。

    またプレイヤーは大会の成績に収入が大きく左右されますが、制作側であれば一定の収入が得られるというメリットも。

    eスポーツ業界で確実にお金をもらいたいなら、制作者として活躍することを検討してみてはいかがでしょうか。

    まとめ

    日本で「eスポーツに関わる仕事に就き、お金を稼ぎたい」と思ったとき、プレイヤーにはまだ賞金問題の課題がありますが、つくり手としてなら安定した収入が得られます。

    eスポーツ市場の拡大とともに、つくり手の需要もどんどん増えてきています。
    また制作側になれば、毎月の給料が約束されるというメリットもあります。

    eスポーツのつくり手をめざすには、ゲーム制作の基礎的な知識が必要です。

    またシューティングやアクションの要素が多いeスポーツは、VRやARといった最新の映像技術と相性が良いため、そうした技術もあるとeスポーツ制作で活躍の場が広がります。

    アミューズメントメディア総合学院のゲーム制作に関わる学科では、ゲーム制作の基礎的な知識はもちろん、VR・ARコンテンツに特化したカリキュラムもあります。

    eスポーツをつくりたい方にぴったりの授業が受けられる、アミューズメントメディア総合学院。

    eスポーツ制作に興味を持った方はまず、資料請求や体験説明会に申し込んでみてくださいね。

    eスポーツとは?注目される理由と魅力について

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 ゲームプログラマー学科・ゲームクリエイター学科・
    ゲーム・アニメ3DCG学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/game/(ゲームプログラマー学科)
    https://www.amgakuin.co.jp/contents/game-director(ゲームクリエイター学科)
    https://www.amgakuin.co.jp/contents/cg-design(ゲーム・アニメ3DCG学科)